「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」の版間の差分

誤字とrefタグのミスを修正
(誤字とrefタグのミスを修正)
 
== レコーディング ==
この曲のレコーディングは、アルバム『[[サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド (アルバム)|サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド]]』のレコーディング・セッションの初日となる1966年[[11月24日]]に開始された。ちなみに、このレコーディングは、[[6月]]にアルバム『[[リボルバー (アルバム)|リボルバー]]』を完成させて以来初のレコーディング・セッションであり、[[8月29日]]に最後の米国ツアー終了後バンドとしては初の指kごと仕事ともなっている<ref>{{cite book|first=Walter|last=Everett|authorlink=:en:Walter Everett|title=The Beatles as Musicians: Revolver Through the Anthology|publisher=Oxford University Press|location=New York, NY|year=1999|isbn=0-19-512941-5|page=74}}</ref><ref>{{cite book| last=Winn| first=John C.| year=2009| title=That Magic Feeling: The Beatles' Recorded Legacy, Volume Two, 1966–1970| publisher=Three Rivers Press|location=New York, NY| isbn=978-0-307-45239-9|page=3}}</ref>。レコーディングはEMIスタジオ(現[[アビー・ロード・スタジオ]])で、4トラック・レコーダーを使用して行なわれた<ref name="PuttingTogetherThePieces">{{cite web|first=Joseph|last=Brennan|url=http://www.columbia.edu/~brennan/beatles/strawberry-fields.html |title=Strawberry Fields Forever: Putting Together the Pieces|date=1996|publisher=[[コロンビア大学|columbia.edu]]|accessdate=2019-05-11}}</ref>。製作当初のタイトルは「It's Not Too Bad」<ref name="Fontenot/About">{{cite web|first=Robert|last=Fontenot |url=http://oldies.about.com/od/thebeatlessongs/a/strawberryfield.htm |archiveurl=https://web.archive.org/web/20150404183220/http://oldies.about.com/od/thebeatlessongs/a/strawberryfield.htm |title=The Beatles Songs: 'Strawberry Fields Forever' – The history of this classic Beatles song|publisher=[[:en:About.com|oldies.about.com]]|archivedate=2015-04-04|accessdate=2019-05-11}}</ref>。
 
本作のレコーディングは5週間に渡って行なわれ、制作時間は45時間を要した。本作は3つの異なるバージョンが作成されており<ref>{{cite book|first=Mark|last=Lewisohn|authorlink=:en:Mark Lewisohn|title=The Complete Beatles Recording Sessions: The Official Story of the Abbey Road Years 1962–1970|publisher=Bounty Books|location=London|year=2005|origyear=1988|isbn=978-0-7537-2545-0|page=87}}</ref><ref>{{cite book|last=Rodriguez|first=Robert|title=Revolver: How the Beatles Reimagined Rock 'n' Roll|year=2012|publisher=Backbeat Books|location=Milwaukee, WI|page=192}}</ref>、リリース版ではキーとテンポが異なる2つのバーションを組み合わせて完成させている<ref>{{cite book|first=Walter|last=Everett|title=The Beatles as Musicians: Revolver Through the Anthology|publisher=Oxford University Press|location=New York, NY|year=1999|isbn=0-19-512941-5|page=76, 78-79}}</ref>。ちなみに、本作と「[[ペニー・レイン]]」と「[[ホエン・アイム・シックスティー・フォー]]」は、『サージェント・ペパーズ』の初期のテーマである「幼年時代」をモチーフとしてる作品である<ref>{{cite book|last=MacDonald|first=Ian|year=2005|title=Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties ''(2nd rev. edn)''|publisher=Chicago Review Press|location=Chicago, IL|isbn=978-1-55652-733-3|page=215}}</ref><ref>{{cite book |first=Jonathan |last=Gould |title=Can't Buy Me Love: The Beatles, Britain, and America |publisher=Harmony Books |location=New York |year=2007 |isbn=0-307-35337-0|ref=371, 377}}</ref>。
第2バージョンのレコーディング後、レノンはプロデューサーの[[ジョージ・マーティン]]に対し、「[[ストリングス]]を加えた違うラインナップで録音し直したい」と要求<ref name="underberger157" />され、マーティンは4本の[[トランペット]]と3本の[[チェロ]]のスコアを書いた<ref name="PuttingTogetherThePieces" />。
 
[[12月8日]]と[[12月9日]]に第2バージョンのベーシック・トラックが録音された。なお、この第2バージョンでは従来のテイクよりも速いテンポで演奏されている<ref name="winn73">{{cite book| last=Winn| first=John C.| year=2009| title=That Magic Feeling: The Beatles' Recorded Legacy, Volume Two, 1966–1970| publisher=Three Rivers Press|location=New York, NY| isbn=978-0-307-45239-9|page=73}}</ref>。リズムトラックはパーカッションを多く多用しており、マッカートニーとハリスンによるボンゴのほか、[[マル・エヴァンズ]]、[[ニール・アスピノール]]、[[:en:Terry Doran|テリー・ドラン]]によって多数のパーカッションが加えられている<ref name="lewisohn89">{{cite book|first=Mark|last=Lewisohn|title=The Complete Beatles Recording Sessions: The Official Story of the Abbey Road Years 1962–1970|publisher=Bounty Books|location=London|year=2005|origyear=1988|isbn=978-0-7537-2545-0|page=89}}</ref>。また、スターは「[[アイム・オンリー・スリーピング]]」でハリスンが逆回転ギターソロを加えたように<ref name="lewisohn89" />、逆回転[[ハイハット]]を加えた<ref name="ian219">{{cite book|last=MacDonald|first=Ian|year=2005|title=Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties ''(2nd rev. edn)''|publisher=Chicago Review Press|location=Chicago, IL|isbn=978-1-55652-733-3|page=219}}</ref>。
 
12月9日のセッション開始時に15テイク録音されたうちの2つのパートを組み合わせたものをミックスダウン<ref name="lewisohn90">{{cite book|first=Mark|last=Lewisohn|title=The Complete Beatles Recording Sessions: The Official Story of the Abbey Road Years 1962–1970|publisher=Bounty Books|location=London|year=2005|origyear=1988|isbn=978-0-7537-2545-0|page=90}}</ref><ref name="rodriguez194">{{cite book|last=Rodriguez|first=Robert|title=Revolver: How the Beatles Reimagined Rock 'n' Roll|year=2012|publisher=Backbeat Books|location=Milwaukee, WI|page=194}}</ref>。第24テイクでは、エンディング部分でドラムとパーカッションが激しく演奏されている中で、レノンが「Calm down, Ringo」「Cranberry sauce」としゃべっている。なお、このエンディング部分には逆回転させたピアノとフルートにセッティングされたメロトロンの音、ジョージによる[[スワルマンダル]]もオーバー・ダビングされている<ref name="rodriguez194" />。