「ハロー・グッドバイ」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: サイズの大幅な増減
{{出典の明記|date=2016年8月}}
{{otheruses|ビートルズの曲|その他|ハロー・グッバイ}}
{{Infobox Single |
 
== 解説 ==
[[レノン=マッカートニー]]の作品だが、実質的には[[ポール・マッカートニー]]の作った楽曲である<ref>{{cite book| last=Womack| first=Kenneth| year=2014| authorlink=:en:Kenneth Womack| title=The Beatles Encyclopedia: Everything Fab Four| publisher=ABC-CLIO |location=Santa Barbara, CA| isbn=978-0-313-39171-2| page=370}}</ref>で、[[リードボーカル|リードヴォ・ボーカル]]ポールが担当。[[コーラス (ポピュラー音楽)|コーラス]]は[[ジョン・レノン]]と[[ジョージ・ハリスン]]が担当した。中期のビートルズ作品としては、とてもシンプルで、歌詞、メロディとも覚え易い。メンバー4人以外に[[ヴィオラ]]が加わっている。曲のエンディングでは遊び心あふれるアドリブ演奏が聴ける。
 
作詞には、[[ブライアン・エプスタイン]]のアシスタントであった<ref name="turner139">{{cite book| last=Turner| first=Steve| year=1999| authorlink=:en:Steve Turner (writer)| title=A Hard Day's Write: The Stories Behind Every Beatles Song'' (2nd edn)''| publisher=Carlton/HarperCollins|location=New York, NY| isbn=0-06-273698-1| page=139}}</ref>アリステア・テイラーが関係している<ref name="everett142">{{cite book| last=Everett| first=Walter| authorlink=:en:Walter Everett (musicologist)| title=The Beatles as Musicians: Revolver through the Anthology| publisher=Oxford University Press| location=New York, NY| year=1999| isbn=978-0-19-512941-0| page=142}}</ref>。テイラーは、マカートニーの自宅を訪問し、ビートルズの楽曲の歌詞の書き方を尋ねた。すると、マッカートニーは[[ハーモニウム]]を演奏しながら、テイラーに対し「この世に存在する相対するものを叫んでみて」と要求。テイラーが「black and white, yes and no, stop and go, hello and goodbye」と答えたことから本作が生まれた<ref name="turner139" />。このことについてマッカートニーは、「相対する事柄について書いたもので、[[ジミニャーノ]]の影響かな。深遠なテーマさ。男と女、黒と白、漆黒と象牙色、高いと低い、正確さと不正確、上と下、こんにちはとさようなら…曲にするのは簡単だった。」「物事の二面性について書いた曲で、いつだって僕は前向きな方面に立ってる。それは今でも変わらないよ。」とコメントしている<ref>{{cite book| last=Guesdon| first=Jean-Michel| last2=Margotin| first2=Philippe| year=2013| title=All the Songs: The Story Behind Every Beatles Release| publisher=Black Dog & Leventhal|location=New York, NY| isbn=978-1-57912-952-1| page=440}}</ref>。ちなみに本作は、[[6月25日]]に世界同時中継された番組『[[われらの世界|アワ・ワールド]]』のために書かれた曲の一つされている<ref>{{cite book|last= Womack|first=Kenneth|year= 2014|title=The Beatles Encyclopedia: Everything Fab Four|publisher=ABC-CLIO|location=Santa Barbara, CA|isbn= 978-0-313-39171-2|page=31}}</ref>{{Refnest|group="注釈"|他には、番組内でレコーディングが行なわれた[[ジョン・レノン]]作の「[[愛こそはすべて]]」<ref>{{cite book|first=Ian|last=MacDonald|authorlink=:en:Ian MacDonald|year=1998|title=Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties'' (1st rev. edn)''|publisher=Pimlico|location=London|isbn=0-7126-6697-4|page=229}}</ref>、同じくマッカートニー作の「[[ユア・マザー・シュッド・ノウ]]」がある<ref>{{cite book|last=Hertsgaard|first=Mark|title=A Day in the Life: The Music and Artistry of the Beatles|publisher= Pan Books|location=London|year=1996|isbn=0-330-33891-9|page=224}}</ref>。}}。
ジョンは、「[[アイ・アム・ザ・ウォルラス]]」がこの曲によってシングルB面に追いやられたせいもあり、この曲を評価していない<ref>{{cite book|last=Schaffner|first=Nicholas|authorlink=:en:Nicholas Schaffner|title=The Beatles Forever|publisher=McGraw-Hill|location=New York, NY|year=1978|isbn=0-07-055087-5|page=144}}</ref>。
 
[[2002年]]にマッカートニが来日公演した時の1曲目にこの曲が演奏された。
この曲はテレビ映画『[[マジカル・ミステリー・ツアー (映画)|マジカル・ミステリー・ツアー]]』の先行シングル曲として発表されたが、実際テレビ映画ではエンディングの部分(ヘラ・ヘヴァ・アロハ)が使用されたのみだった。
 
== レコーディング ==
[[2002年]]にポールが来日公演した時の1曲目にこの曲が演奏された。
「ハロー・グッドバイ」のレコーディングは、[[1967年]][[10月]]にEMIスタジオ(現[[アビー・ロード・スタジオ]])で開始された<ref>{{cite book|last=Miles|first=Barry|authorlink=:en:Barry Miles|title=The Beatles Diary Volume 1: The Beatles Years|year=2001|publisher=Omnibus Press|location=London|isbn=0-7119-8308-9| page=280}}</ref>。この当時のビートルズは、マッカートニー主導で制作された<ref>{{cite book|last=Hertsgaard|first=Mark|title=A Day in the Life: The Music and Artistry of the Beatles|publisher= Pan Books|location=London|year=1996|isbn=0-330-33891-9|page=233}}</ref>テレビ映画『[[マジカル・ミステリー・ツアー (映画)|マジカル・ミステリー・ツアー]]』の撮影が終盤に差しかかった時期だった<ref name="ian238">{{cite book|first=Ian|last=MacDonald|authorlink=:en:Ian MacDonald|year=1998|title=Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties'' (1st rev. edn)''|publisher=Pimlico|location=London|isbn=0-7126-6697-4|page=238}}</ref>。
 
[[10月2日]]にプロデューサーの[[ジョージ・マーティン]]とレコーディング・エンジニアの[[ジェフ・エメリック]]と[[ケン・スコット]]と共に<ref name="womack371">{{cite book| last=Womack| first=Kenneth| year=2014| authorlink=:en:Kenneth Womack| title=The Beatles Encyclopedia: Everything Fab Four| publisher=ABC-CLIO |location=Santa Barbara, CA| isbn=978-0-313-39171-2| page=371}}</ref>、当時「Hello Hello」と題されていた本作のベーシック・トラックの録音に着手<ref>{{cite book|first=Mark|last=Lewisohn| authorlink=:en:Mark Lewisohn|title=The Complete Beatles Recording Sessions: The Official Story of the Abbey Road Years 1962–1970|publisher=Bounty Books|location=London|year=2005|isbn=978-0-7537-2545-0|page=128}}</ref>。マッカートニーが[[ピアノ]]、レノンが[[ハモンドオルガン]]、[[ジョージ・ハリスン]]が[[マラカス]]、[[リンゴ・スター]]が[[ドラムセット|ドラムス]]という編成で<ref name="everett142143">{{cite book| last=Everett| first=Walter| title=The Beatles as Musicians: Revolver through the Anthology| publisher=Oxford University Press| location=New York, NY| year=1999| isbn=978-0-19-512941-0| page=142-43}}</ref>、14テイク録音された<ref name="winn129">{{cite book| last=Winn| first=John C.| year=2009| authorlink=| title=That Magic Feeling: The Beatles' Recorded Legacy, Volume Two, 1966–1970| publisher=Three Rivers Press|location=New York, NY| isbn=978-0-307-45239-9| page=129}}</ref>。後にリダクションし、コーダ部分に[[タンブリン]]、[[コンガ]]、[[ボンゴ]]をオーバー・ダビング<ref name="everett143">{{cite book| last=Everett| first=Walter| title=The Beatles as Musicians: Revolver through the Anthology| publisher=Oxford University Press| location=New York, NY| year=1999| isbn=978-0-19-512941-0| page=143}}</ref>。
[[日本]]では[[T-SQUARE|THE SQUARE]]が[[1983年]]にカヴァーし、スクェアの7枚目のアルバム『[[うち水にRainbow]]』に収録された。また、[[イエロー・マジック・オーケストラ|Yellow Magic Orchestra]]も2009年のライブイベント、[[ワールド・ハピネス]]でカヴァーしている(こちらは[[BSジャパン]]「[[NIKKEI×BS LIVE 7PM]]」オープニングテーマ)。また、[[フジテレビジョン|フジテレビ]]「[[ボクらの時代]]」のオープニングテーマとして使用されている。さらに、教材にも使われており、[[TOTAL ENGLISH]]の1年生では、英語の歌として使われている。
 
[[10月19日]]に、マッカートニーはリード・ボーカルを、ハリスンは[[レスリースピーカー]]を通した[[リードギター]]が第16テイク<ref name="winn129" />にオーバー・ダビングした。他には[[コーラス (ポピュラー音楽)|バッキング・ボーカル]]と[[拍手|ハンドクラップ]]もオーバー・ダビングされている<ref name="everett143" />。なお、マッカートニーのボーカルは、テープの回転速度を遅くして録音された<ref>{{cite book| last=Womack| first=Kenneth (ed.)| year=2009| title=The Cambridge Companion to the Beatles| publisher=Cambridge University ress|location=Cambridge, UK| isbn=978-0-521-86965-2| page=99}}</ref>。この第16テイクは、[[1996年]]に発売された『[[ザ・ビートルズ・アンソロジー2]]』に収録されている<ref>Lewisohn, Mark (1996). Liner notes. ''[[ザ・ビートルズ・アンソロジー2|Anthology 2]]'' CD booklet. [[アップル・コア|Apple Corps]]/[[EMI]]. p. 43.</ref><ref>{{cite book|last=Badman|first=Keith|title=The Beatles Diary Volume 2: After the Break-Up 1970–2001|publisher= Omnibus Press|location=London|year=2001|isbn=978-0-7119-8307-6|page=553-54}}</ref>。この第16テイクではポールのボーカルに対しての[[オブリガード (ポピュラー音楽)|オブリガード]]をはじめ、ギター・パートが多く含まれているが、完成形ではそのほとんどがポールの[[スキャット]]に置き換えられた<ref>{{cite book| last=Unterberger| first=Richie| year=2006| authorlink=:en:Richie Unterberger| title=The Unreleased Beatles: Music & Film| publisher=Backbeat Books|location=San Francisco, CA| isbn=978-0-87930-892-6| page=183}}</ref>。このギター・パートの削除が、後に「[[ヘイ・ジュード]]」のセッション時や[[ゲット・バック・セッション]]で見られたマッカートニーとハリスンの不和の一端とされている<ref>{{cite book| last=Unterberger| first=Richie| year=2006| title=The Unreleased Beatles: Music & Film| publisher=Backbeat Books|location=San Francisco, CA| isbn=978-0-87930-892-6| page=183, 244}}</ref>。
== ステレオ・ヴァージョン ==
「ハロー・グッドバイ」のリアル・ステレオ・ヴァージョンはビートルズの活動中にはリリースされなかった。ただしアメリカでは1967年11月にリリースされたアルバム『[[マジカル・ミステリー・ツアー]]』ステレオ盤に収録された。英国では1973年4月リリースの『[[ザ・ビートルズ1967年〜1970年]]』が最初となる。[[コンパクトディスク|CD]]では1987年8月にリリースされたアルバム『[[マジカル・ミステリー・ツアー]]』に収録された。
 
[[10月20日]]に第16テイクにリダクションされた後に、2本の[[ヴィオラ]]が追加された<ref>{{cite book|first=Mark|last=Lewisohn|title=The Complete Beatles Recording Sessions: The Official Story of the Abbey Road Years 1962–1970|publisher=Bounty Books|location=London|year=2005|isbn=978-0-7537-2545-0|page=129}}</ref><ref name="miles282">{{cite book|last=Miles|first=Barry|title=The Beatles Diary Volume 1: The Beatles Years|year=2001|publisher=Omnibus Press|location=London|isbn=0-7119-8308-9| page=282}}</ref>。ヴィオラは、ケネス・エセックスとレオ・バーンバウムによって演奏された<ref name="ian238" />。[[10月25日]]<ref name="miles282" />と[[11月2日]]に[[エレクトリックベース|ベース]]がオーバー・ダビングされた<ref name="lewisohn130">{{cite book|first=Mark|last=Lewisohn|title=The Complete Beatles Recording Sessions: The Official Story of the Abbey Road Years 1962–1970|publisher=Bounty Books|location=London|year=2005|isbn=978-0-7537-2545-0|page=130}}</ref><ref name="everett142143" />。
== シングル盤 ==
 
全英・全米1位を獲得。[[ビルボード]](Billboard)誌では、[[1967年]]12月30日に週間ランキング第1位を獲得。1967年ビルボード誌年間ランキングでは第17位。『キャッシュボックス』誌では2週連続第1位を獲得。B面は「[[アイ・アム・ザ・ウォルラス]]」『ビルボード』誌では最高位56位、『キャッシュボックス』誌では最高位46位を記録している。アメリカでは100万枚以上のセールスを記録し、イギリスでは80万枚以上のセールスを記録している。
== ミキシングル盤 ==
「ハロー・グッドバイ」のリアモノラル・ミックスは[[11月2日]]に、ステレオ・ヴァージョンミックスビートルズの活動中[[11月6日]]はリリース作成されなかっ<ref name="lewisohn130" />ただしアメリカでステレオ・ミックス、[[1967年]]11月にアメリカでリリースされたアルバム『[[マジカル・ミステリー・ツアー]]』ステレオ盤に収録されたが、英国ではビートルズ活動期に発売されることはなかった。イギリスでは解散後の[[1973年]]4月リリースの『[[ザ・ビートルズ1967年〜1970年]]』が最収録となる。[[コンパクトディスク|CD]]では1987年8月にリリースされたアルバム『[[マジカル・ミステリー・ツアー]]』に収録された。
 
[[コンパクトディスク|CD]]では、1987年8月にリリースされたアルバム『[[マジカル・ミステリー・ツアー]]』で初収録となった。
 
== リリース ==
「ハロー・グッドバイ」は、1967年のクリスマスシーズンにリリースされるためのシングルとして選ばれた<ref name="everett142" />。B面にはレノン作の「[[アイ・アム・ザ・ウォルラス]]」が収録された。なお、このシングル盤は、マネージャーの[[ブライアン・エプスタイン]]逝去後初のシングル盤となった<ref>{{cite book| last=Ingham| first=Chris| year=2006| title=The Rough Guide to the Beatles'' (2nd edn)''| publisher=Rough Guides|location=London| isbn=978-1-84353-720-5| page=44, 48}}</ref>。レノンは、自身が書いた「アイ・アム・ザ・ウォルラス」がB面に追いやられたこともあってか、「シングルのために書かれた曲だけど、別に名曲というわけじゃない。この曲でいいところと言えば、「[[涙の乗車券]]」みたいなエンディングに使用と、僕が[[ピアノ]]を弾いた最後のアドリブっぽい部分くらいだ。<ref name="sheff198">{{cite book| last=Sheff| first=David| year=2010| authorlink=:en:David Sheff| title=All We Are Saying: The Last Major Interview with John Lennon and Yoko Ono| publisher=Macmillan|location=New York, NY| isbn=978-1-4299-5808-0| page=198}}</ref>」「“ハロー・グッドバイ”が“アイ・アム・ザ・ウォルラス”をB面に追いやった。こんなの信じられるか?<ref>{{cite book|last=Stark|first=Steven D.|authorlink=|title=Meet the Beatles: A Cultural History of the Band That Shook Youth, Gender, and the World|publisher=HarperCollins|location=New York, NY|year=2005|isbn=0-06-000892-X|page=220}}</ref>」。
 
イギリスでは1967年[[11月24日]]に[[パーロフォン]]から発売され<ref>{{cite book|last=Miles|first=Barry|title=The Beatles Diary Volume 1: The Beatles Years|year=2001|publisher=Omnibus Press|location=London|isbn=0-7119-8308-9| page=283-84}}</ref>、1967年[[12月27日]]付の[[全英シングルチャート]]で1位を記録し、2位にランクインしたEP『[[マジカル・ミステリー・ツアー]]』と共に3週に渡ってトップ2を保っていた<ref>{{cite book|first=Ian|last=MacDonald|year=1998|title=Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties'' (1st rev. edn)''|publisher=Pimlico|location=London|isbn=0-7126-6697-4|page=236}}</ref>。後に[[1968年]][[1月23日]]より[[1963年]]に発売された「[[シー・ラヴズ・ユー]]」以来となる<ref>{{cite book|first=Ian|last=MacDonald|year=1998|title=Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties'' (1st rev. edn)''|publisher=Pimlico|location=London|isbn=0-7126-6697-4|page=239}}</ref>7週連続1位を記録<ref name="OfficialChartsHistory">{{cite web|title=Key Dates in the History of the Official UK Charts|url=http://www.theofficialcharts.com/company_history.php |publisher=[[:en:Official Charts Company|Official Charts Company]]|accessdate=2019-05-18|archiveurl=https://web.archive.org/web/20080110032725/http://www.theofficialcharts.com/company_history.php|archivedate=2008-01-10}}</ref><ref>{{cite web|url=http://www.officialcharts.com/charts/singles-chart/19680117/7501/|title=Official Singles Chart Top 50: 17 January 1968&nbsp;– 23 January 1968|publisher=Official Charts Company|accessdate=2019-05-18}}</ref>。
 
アメリカでは1967年[[11月27日]]に[[キャピトル・レコード]]から発売(LP『マジカル・ミステリー・ツアー』と同時発売)された<ref>{{cite book|last1=Castleman|first1=Harry|last2=Podrazik|first2=Walter J.|title=All Together Now: The First Complete Beatles Discography 1961–1975|publisher=Ballantine Books|location=New York, NY|year=1976|isbn=0-345-25680-8|page=63}}</ref>。1967年[[12月30日]]付の[[Billboard Hot 100]]より3週連続で第1位を獲得<ref>{{cite book|last1=Castleman|first1=Harry|last2=Podrazik|first2=Walter J.|title=All Together Now: The First Complete Beatles Discography 1961–1975|publisher=Ballantine Books|location=New York, NY|year=1976|isbn=0-345-25680-8|page=350}}</ref>。1967年ビルボード誌年間ランキングでは第17位。『キャッシュボックス』誌では2週連続第1位を獲得<ref>{{cite web|url=http://cashboxmagazine.com/archives/60s_files/19671230.html |title=CASH BOX Top 100 Singles – Week ending DECEMBER 30, 1967|publisher=cashboxmagazine.com|accessdate=2019-05-18 |deadurl=bot: unknown |archiveurl=https://web.archive.org/web/20120930234604/http://cashboxmagazine.com/archives/60s_files/19671230.html |archivedate=2012-09-30 |df=dmy-all }}</ref>。アメリカでは100万枚以上のセールスを記録し、イギリスでは80万枚以上のセールスを記録している。
 
== プロモーション・フィルム ==
この曲の[[ミュージック・ビデオ|プロモーション・フィルム]]は、3種類制作されている<ref name="miles283">{{cite book|last=Miles|first=Barry|title=The Beatles Diary Volume 1: The Beatles Years|year=2001|publisher=Omnibus Press|location=London|isbn=0-7119-8308-9| page=283}}</ref>。いずれのクリップもマッカートニーが監督の下で<ref name="miles283" /><ref>{{cite book| last=Unterberger| first=Richie| year=2006| title=The Unreleased Beatles: Music & Film| publisher=Backbeat Books|location=San Francisco, CA| isbn=978-0-87930-892-6| page=183, 324}}</ref>、1967年[[11月10日]]にオデオン コヴェントガーデン<ref>{{cite book| last=Hill| first=Tim| year=2007| title=John, Paul, George, and Ringo: The Definitive Illustrated Chronicle of the Beatles, 1960–1970| publisher=Sterling Publishing |location=New York, NY| isbn=978-1-4027-4223-1| page=302-3}}</ref>で撮影が行なわれた。
この曲の[[ミュージック・ビデオ|プロモーション・ビデオ]]がポール自身の監督によって製作されており、いくつかのバージョンが存在する。
* 『[[サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド (アルバム)|サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド]]』のジャケットの衣装を着たメンバーがサイケデリックな雰囲気でバンド演奏しているもの。[[リンゴ・スター]]の[[ドラムセット]]が場面によって大きくなったり、小さくなったりする。なお、映像の途中ではメンバーが[[1963年]]に着用していた襟なしのスーツを着用している<ref>{{cite book|last=Sounes|first=Howard|authorlink=:en:Howard Sounes|title=Fab: An Intimate Life of Paul McCartney|publisher=HarperCollins|location=London|year=2010|isbn=978-0-00-723705-0|page=199}}</ref>。[[リンゴ・スター]]の[[ドラムセット]]が場面によって大きくなったり、小さくなったりする
* 普段着で通常のドラムがセットされたもの<ref name="winn135">{{cite book| last=Winn| first=John C.| year=2009| authorlink=| title=That Magic Feeling: The Beatles' Recorded Legacy, Volume Two, 1966–1970| publisher=Three Rivers Press|location=New York, NY| isbn=978-0-307-45239-9| page=135}}</ref>。1993年の『[[ザ・ビートルズ1967年〜1970年]]』CD化の際、新たにステレオ・ミックスの音声に差し替えたものがプロモーション用に配布された。画面に青色の外枠が付いている。
* 両バージョンのオフショットを交えた映像<ref>{{cite book| lastname=Winn|"winn135" first=John C.| year=2009| authorlink=| title=That Magic Feeling: The Beatles' Recorded Legacy, Volume Two, 1966–1970| publisher=Three Rivers Press|location=New York, NY| isbn=978-0-307-45239-9| page=135}}</ref>。後半で何故かジョンが曲調に似合わず[[ゴー・ゴー]]を踊ったりしている。
リリース当時のイギリスではミュージシャンズ・ユニオンの規定でテレビ番組での[[口パク]]が禁じられており、ステージにマイク・スタンドがないことなどの不備により口パクが明白となって、演奏シーンのプロモ映像は当時の英国のテレビ局では全く放送されなかった<ref>{{cite book| last=Hill| first=Tim| year=2007| authorlink=| title=John, Paul, George, and Ringo: The Definitive Illustrated Chronicle of the Beatles, 1960–1970| publisher=Sterling Publishing |location=New York, NY| isbn=978-1-4027-4223-1| page=303}}</ref><ref group="注釈">口パク規定のなかったアメリカでは「[[エド・サリバン・ショー]]」などの番組で問題なく放送された</ref>。いずれのバージョンも[[2015年]][[11月6日]]に発売された『[[ザ・ビートルズ1]]』のDVD・Blu-rayに収録されている<ref group="注釈">普段着ver.と複合版はボーナス・ビデオ『1+』に収録。</ref>。このミュージック・ビデオのためにヴィオラをカットしたミックスも存在しているが、現在までに音源化されたことはない
 
いずれのバージョンも[[2015年]][[11月6日]]に発売された『[[ザ・ビートルズ1]]』のDVD・Blu-rayに収録されている<ref group="注釈">普段着ver.と複合版はボーナス・ビデオ『1+』に収録。</ref>。なお、このミュージック・ビデオのためにヴィオラをカットしたミックスも存在しているが、現在までに音源化されたことはない。
 
== 演奏 ==
クレジットは[[:en:Ian MacDonald|イアン・マクドナルド]]によるもの<ref>{{cite book|first=Ian|last=MacDonald|authorlink=:en:Ian MacDonald|year=1998|title=Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties'' (1st rev. edn)''|publisher=Pimlico|location=London|isbn=0-7126-6697-4|page=238}}</ref>{{Refnest|group="注釈"|リードギターについては、ジョージ・ハリスンによる演奏であるという説が有力となっている<ref name="everett143" /><ref name="womack371" />。ジョンはコーダ部分でピアノを弾いたと記憶しているものの<ref name="sheff198" />、ギターの演奏については一切触れていない。}}
 
* [[ポール・マッカートニー]]:[[ボーカル|リード・ボーカル]]<ref group="注釈">[[ダブルトラッキング|ダブルトラック]]処理されている。</ref>、[[コーラス (ポピュラー音楽)|コーラス]]、[[ピアノ]]、[[エレクトリックベース|ベース]]、[[ボンゴ]]、[[コンガ]]
'''ビートルズ'''
* [[ジョン・レノン]]:コーラス、[[リードギター]]、[[ハモンドオルガン]]
* [[ポール・マッカートニー]] - [[ボーカル|リード・ボーカル]]<ref group="注釈">[[ダブルトラッキング|ダブルトラック]]処理されている。</ref>、[[コーラス (ポピュラー音楽)|バッキング・ボラスカル]]、[[ピアノ]]、[[エレクトリックベース|ベース]]、[[ボンゴ]]、[[コンガ]]
* [[ジョージ・ハリスン]]:コーラス、リードギター
* [[ジョン・レノン]]:コ - バッキング・ボラスカル、[[リードギター]]、[[ハモンドオルガン]]
* [[リンゴ・スター]]:[[ドラムセット|ドラム]]、[[マラカス]]、[[タンバリン]]、コーラス<ref>{{cite book| last=Womack| first=Kenneth| year=2014| authorlink=:en:Kenneth Womack| title=The Beatles Encyclopedia: Everything Fab Four| publisher=ABC-CLIO |location=Santa Barbara, CA| isbn=978-0-313-39171-2| page=371}}</ref>
* [[ジョージ・ハリスン]]:コ - バッキング・ボラスカル、リードギター
* ケネス・エセックス:[[ヴィオラ]]
* [[リンゴ・スター]] - [[ドラムセット|ドラム]]、[[マラカス]]、[[タンバリン]]、バッキング・ボーカル(コーダ)<ref name="womack371" />
* レオ・バーンバウム:ヴィオラ
 
'''外部ミュージシャン・スタッフ'''
* ケネス・エセックス - [[ヴィオラ]]
* レオ・バーンバウム - ヴィオラ
* [[ジョージ・マーティン]] - [[音楽プロデューサー]]
* [[ジェフ・エメリック]] - [[レコーディング・エンジニア]]
* [[ケン・スコット]] - レコーディング・エンジニア
 
== メディア等での使用 ==
<!--カバー音源については別の節に記載-->
ビートルズ主演曲はテレビ映画『[[マジカル・ミステリー・ツアー (映画)|マジカル・ミステリー・ツアー]]』では、本作先行シングル曲アドリブ部分(「Hela, Heba, Helloa」して発表されたいうフレーズ)、実際テレビ映画ではエンディングの部分(ヘラ・ヘヴァ・アロハ)が使用されたのみだった。
 
[[フジテレビジョン|フジテレビ]]系列で放送されている番組『[[ボクらの時代]]』のオープニングテーマとして使用されている。
 
さらに、教材にも使われており、[[TOTAL ENGLISH]]の1年生では、英語の歌として使われている。
 
== カバー ==
* [[T-SQUARE|THE SQUARE]] - アルバム『[[うち水にRainbow]]』([[1983年]])に収録。
* [[イエロー・マジック・オーケストラ]] - [[2009年]]に開催されたライブイベント「WORLD HAPPINESS 2009」「[[ワールド・ハピネス|WORLD HAPPINESS 2009]]」で披露。[[2010年]]に発売された『commmons: schola vol.5 Yukihiro Takahashi & Haruomi Hosono Selections: Drums & Bass』でもカバーしている<ref>{{Cite news|title=YMOの新録音源も!坂本龍一音楽全集で幸宏&細野選曲|url=https://natalie.mu/music/news/29514|work=音楽ナタリー|publisher=株式会社ナターシャ|date=2010-03-25|accessdate=2019-05-18}}</ref>。
*: [[BSジャパン]]『[[NIKKEI×BS LIVE 7PM]]』のオープニングテーマとしても使用されている。
* [[木村カエラ]] - シングル「[[Sun shower]]」([[2012年]])に収録。[[キヤノン]] [[ミラーレスカメラ]]『EOS M』のCMソング起用された<ref>{{Cite news|title=木村カエラ、ビートルズ“Hello goodbye”のカヴァーがキヤノンCM曲に|url=https://tower.jp/article/news/2012/07/23/n06|date=2012-07-23|accessdate=2019-05-18|work=TOWER RECORDS ONLINE|publisher=[[タワーレコード]]}}</ref>。
* [[Shiggy Jr.]] - トリビュート・アルバム『Hello Goodbye』([[2016年]])に収録<ref>{{Cite news|title=ビートルズ来日50周年記念カバーアルバムにShiggy Jr.ら新世代5組|url=https://natalie.mu/music/news/187204|date=2016-05-14|accessdate=2019-05-18|work=音楽ナタリー|publisher=株式会社ナターシャ}}</ref>。
 
== 収録アルバム ==
=== 出典 ===
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist|2}}
 
== 関連項目 ==