「田山利三郎」の版間の差分

経歴少し加筆、 + Infobox Scientist, Category:日本の海洋学者, Category:南洋庁の人物(南洋庁技師), Category:日本の国土交通技官(運輸省技官)
(経歴少し加筆、 + Infobox Scientist, Category:日本の海洋学者, Category:南洋庁の人物(南洋庁技師), Category:日本の国土交通技官(運輸省技官))
{{Infobox Scientist
|name = 田山 利三郎
|native_name = たやま りさぶろう
|image =
|image_width =
|alt =
|caption =
|birth_name =
|birth_date = {{生年月日と年齢|1897|1|26|no}}
|birth_place = {{JPN}} [[宮城県]][[柴田郡]][[村田町]]
|death_date = {{死亡年月日と没年齢|1897|1|26|1952|9|24}}
|death_place = {{JPN}} [[東京都]] [[明神礁]]近海
|death_cause = [[海底火山]]の噴火に巻き込まれ死亡(推定)
|residence =
|citizenship =
|nationality =
|field = [[海洋地質学]]
|workplaces = [[東北大学]]理学部<br />[[海上保安庁]][[海洋情報部|水路部]]
|alma_mater = [[東北大学|東北帝国大学]]
|doctoral_advisor =
|academic_advisors = [[矢部長克]]
|doctoral_students =
|notable_students =
|known_for =
|influences =
|influenced =
|awards = 日本地理学会賞(1953年)
|author_abbreviation_bot =
|author_abbreviation_zoo =
|signature =
|signature_alt =
|footnotes =
}}
'''田山 利三郎'''(たやま りさぶろう、[[1897年]][[1月26日]] - [[1952年]][[9月24日]]<ref>[https://kotobank.jp/word/%E7%94%B0%E5%B1%B1%E5%88%A9%E4%B8%89%E9%83%8E-1090943 デジタル版 日本人名大辞典+Plus]</ref>)は、[[日本]]の[[地質学者]]。
 
== 略歴 ==
1897年[[宮城県]][[柴田郡]][[村田町]]生まれ。1916年[[宮城県師範学校]]を卒業。1921年[[東京高等師範学校]]を卒業。その後は師範学校などでの訓導を勤めた。1924年[[東北大学|東北帝国大学]]理学科地質学古生物学教室にすすみ、[[矢部長克]]のもとで学んだ。1927年同教室を卒業した。卒業後東北大学で働き、1937年に[[南洋庁]]技師兼東北大学助教授、1944年依願免兼官、1945年東北大学講師、1949年に同大学教授となった。1947年に[[運輸省]]技官、1948年には[[海上保安庁]][[海洋情報部|水路部]]測量課長となり、1952年[[伊豆諸島]][[明神礁]]の[[噴火]]調査中に噴火に遭遇し亡くなった<ref>{{Cite journal ja-jp|author=鈴木尉元|year=2007|title=田山利三郎の南洋群島の研究|url=https://www.jstage.jst.go.jp/article/agcjchikyukagaku/61/3/61_KJ00004591334/_pdf/-char/ja|format=PDF|journal=地球科学|volume=61|issue=3|publisher=地学団体研究会|doi=10.15080/agcjchikyukagaku.61.3_217|naid=110006274263|pages=217-221}}</ref>。
 
== 業績 ==
海洋の研究としては、矢部と共同で[[海図]]の読図による日本近海の海底地形の研究を行い、[[海底谷]]や[[断層]]などの分布を検討した。ここで、日本近海の9段の海底段丘の存在や、海底[[構造線]]とみなされる地形があることを発見した<ref>矢部長克・田山利三郎(1934)「日本近海海底地形概観」『震研彙報』12:539−564</ref>。
 
また、1932年から[[ミクロネシア]]の[[珊瑚礁]]調査を行った。当時、ミクロネシアの島々は[[国際連盟]]の[[委任統治領]]として[[南洋群島]]と呼ばれており、[[南洋庁]]のもとで開発、学術研究が行われていた<ref>[[中陣隆夫]](2015)「田山利三郎博士の海底地形・地質学研究の業績」『地図』vol53.no2:12-29</ref>この珊瑚礁の調査は『南洋群島の珊瑚礁』として出版され、1953年に[[日本地理学会賞]]を受けた。
 
== 脚注 ==
{{DEFAULTSORT:たやま りさふろう}}
[[Category:日本の地質学者]]
[[Category:日本の海洋学者]]
[[Category:東北大学の教員]]
[[Category:南洋庁の人物]]
[[Category:日本の国土交通技官]]
[[Category:東北大学出身の人物]]
[[Category:東京教育大学出身の人物]]