「パリロンシャン競馬場」の版間の差分

記事移動に伴う微修正
m (けいちゃ がページ「ロンシャン競馬場」を「パリロンシャン競馬場」に移動しました: 公式に改称されたことが確認できる資料が存在するため)
(記事移動に伴う微修正)
{{Location map
|France Paris
|label=パリロンシャン競馬場
|lat=48.85875
|long=2.232778
}}
[[Image:Edouard Manet 052.jpg|thumb|210px|right|[[エドゥアール・マネ]], ''[[ブローニュの森]]のコース, Courses au bois de Boulogne<!--Rennen im Bois de Boulogne→ドイツ語ゆえフランス語に差替え-->'', 1872]]
'''パリロンシャン競馬場''' (ロンシャンけいばじょう、{{lang|fr|L'hippodrome de LongchampParisLongchamp}}) は、[[フランス]]の[[パリ]]西の[[セーヌ川]]沿い、[[16区 (パリ)|パリ16区]][[ブローニュの森]]の中にある世界で1番美しいと言われる[[競馬場]]<ref>[[#鹿島2004|鹿島2004]]、p285</ref>。[[平地競走]]専用の競馬場であり、[[凱旋門賞]]をはじめとするフランス[[競馬]]の主要な[[競走]]が行われることで知られる。
 
2018年より競馬場名が'''パリロンシャン競馬場'''(パリロンシャンけいばじょう、{{lang|fr|L'hippodrome de ParisLongchamp}})と改称された。
 
競馬場の正門にはフランス競馬史上最高の国民的英雄と評された史上2頭目の[[イギリスクラシック三冠]]馬[[グラディアトゥール]] (Gladiateur) の銅像がある。
== 歴史 ==
=== 年表 ===
*[[1857年]] - '''ロンシャン競馬場'''として開場<ref name="galo_19C">[[#フランスギャロ|フランスギャロ]]、競馬の歴史(19世紀)</ref>。
*[[1863年]] - フランス初の国際競走、第1回[[パリ大賞典]]が創設される<ref name="galo_19C"/>。
*[[1865年]] - フランス産馬として初めて[[ダービーステークス|ダービー]]を勝ったグラディアトゥールが、イギリス凱旋帰国初戦のパリ大賞典で優勝。同馬を祝福しようと15万人の観客が柵を倒し馬場へなだれ込む(俗に言う[[ワーテルローの戦い|ワーテルロー]]の復讐)。
*[[1966年]] - 新スタンド完成<ref name="Thibault2004-p205">[[#チボー2004|チボー2004]]、p205</ref>。
*[[2015年]] - 同年の凱旋門賞開催後から、スタンド改築・馬場の[[オールウェザー (競馬)|オールウェザー]]化などの大規模改修工事を開始する<ref>[http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2014/05/02/kiji/K20140502008079230.html 16年凱旋門賞はシャンティイで開催 ロンシャンは来年大規模工事] - スポーツニッポン、2014年5月2日閲覧</ref>。
*[[2018年]] - 4月8日にリニューアルオープンに伴い、場前も'''パリロンシャン競馬場'''に改名された。
 
=== 競馬場建設以前のロンシャン ===
*[http://www.france-galop.com/fr/hippodromelongchamp パリロンシャン競馬場](フランス語)
 
{{DEFAULTSORT:はりろんしやんけいはしよう}}
[[category:フランスの競馬場]]
[[category:パリ16区]]