「関東地方」の版間の差分

m
角括弧の開始違反
m (角括弧の開始違反)
'''関東地方'''(かんとうちほう)は、[[日本の地域|日本の地域区分]]のひとつであり、[[本州]]の東部に位置している。その範囲について法律上の明確な定義はないが{{refnest|group=注釈|そもそも「〜地方」といわれる範囲に、法律上の明確な定義はない(総務省)<ref name="nikkei">「首都圏と関東地方・山梨県を含むか含まないか」『日本経済新聞』(2012年6月16日付、S3面)</ref>。}}、一般的には[[茨城県]]、[[栃木県]]、[[群馬県]]、[[埼玉県]]、[[千葉県]]、[[東京都]]、[[神奈川県]]の1[[都]]6[[県]]を指して関東地方と呼ぶ<ref name="daihyakka">『[[#日本地名大百科|日本地名大百科]]』p.350。</ref>。
 
首都・東京を擁する関東地方は日本の政治・経済の中心となっており、日本の総人口の3分の1が集中している。
{{main2|現代の関東地方が「関東」と呼称されるに至った経緯|関東}}
 
日本最大の平野「[[関東平野]]」が中央に広がり、北西側は山岳地帯、東南側は[[太平洋]]に面する。関東の東部には[[房総半島]](千葉県)、南部には[[三浦半島]](神奈川県)が太平洋に突き出しており、房総半島と三浦半島の間に[[東京湾]]、三浦半島と[[真鶴半島]]の間に[[相模湾]]を形成する。また、地理的な一体性は薄いが旧伊豆国である[[東京都島嶼部]]も東京都の管轄下にあるため、行政的には関東地方である。なお関東地方には山梨県を含むケースもあるが、ここでは取り上げない。
 
{|class="wikitable"
!位置!!市区町村(本州島内)!!市区町村(離島を含む)
|-
*[[上杉禅秀の乱]]:[[応永]]23年(1416年) - 応永24年(1417年)
*[[永享の乱]]:[[永享]]10年(1438年) - 永享11年(1439年)
*[[結城合戦]]:永享12年1440年 - 永享]]13年/[[嘉吉]]元年(1441年)
*[[享徳の乱]]:[[享徳]]3年[[12月27日 (旧暦)|12月27日]](1455年1月15日) - [[文明 (日本)|文明]]14年[[11月27日 (旧暦)|11月27日]](1483年1月6日)
*[[長享の乱]]:[[長享]]元年(1487年) - [[永正]]2年(1505年)
江戸幕府が倒されて[[明治政府]]が誕生すると、[[天皇]]を初めとする[[皇室]]が[[京都御所]]から江戸城に移り、江戸は東京府(とうけいふ)と改名されて、東京は明治政府の本拠地となった。これ以後、東京は実質上の[[首都]]、政治・経済・文化の中心となった。関東は、畿内以外で初めて、[[中央集権]]型政権の本拠地が置かれる地方となった。
 
東京には[[軍事]]以外の全ての国家の中枢機関が置かれた。そして、東京と[[横浜市|横浜]]は、[[文明開化]]の中心地となり、近代化を主導した。 、[[明治]]5年[[9月12日 (旧暦)|9月12日]](1872年10月14日)には[[新橋駅|新橋]] - 横浜間で[[日本初の一覧|日本初]]の[[日本の鉄道開業|鉄道]]が開通し以降は官民を挙げて[[鉄道]]が建設され、関東地方には東京を中心とする鉄道網が築かれた。
 
明治4年[[7月14日 (旧暦)|7月14日]](1871年8月29日)の[[廃藩置県]]を経て、1876年8月以降の関東地方は、南西から時計回り順に神奈川県、東京府(1943年7月以後は東京都)、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県、千葉県の7つの県に分割された。さらに近世には[[伊豆国]]の一部とされた[[伊豆諸島]]が、1878年1月11日に東京府に編入され、現在に至っている。<br />なお、[[鎌倉市|鎌倉]]や東京との繋がりが深い[[伊豆半島]]が、1876年4月17日まで[[足柄県]]の一部として関東地方に含まれていた。
<!-- 明治以前に[[下総国]]となっていた茨城県南西部は、歴史上現在の千葉県内を中心とした地域であり、東京大都市圏内としてベッドタウン的な経緯を経ているのでその旨を記載する-->
 
{|class="wikitable"
!style="white-space:nowrap"|分野
!南関東
 
====東西に分けた場合====
{|class="wikitable"
!東関東(茨城県と千葉県)
!西関東(茨城県と千葉県を除く関東地方)
中央省庁や企業・団体のエリア区分による「関東」の範囲は、必ずしも「箱根関・[[小仏関所|小仏関]]・碓氷関から東」とは定義されておらず、統一されていない。
<!--法律上の範囲から法律上以外の範囲の順に。県は太平洋側から日本海側への順に-->
{|class="wikitable"
!対象地域
!使用している組織
|関東1都6県と山梨県と新潟県 (関東[[甲信越地方|甲越]])
|
*[[日本赤十字社]]血液センター
*[[日本高等学校教職員組合]]ブロック協議会
*[[NHK文化センター]]
*[[ジェイティービー|JTB]]関東(千葉、東京、神奈川を除く)
*[[日本自治体労働組合総連合|自治労連]]ブロック青年部
*[[日本眼科学会]]
*全鍼師会ブロック協議会
*[[関東学生アメリカンフットボール連盟]]
|-
*東京周辺では、典型的な都市[[近郊農業]]として、野菜や[[花卉]]の栽培が多い。
*関東地方各市町村における年間農業産出額(2006年)は、多い順に以下の通り。
{|class="wikitable"
!市区町村!!年間農業産出額
|-
*関東地方における主要工業都市は、各市町村別の年間製造品出荷額(2008年)の多い順に以下のようになっている。
 
{|class="wikitable"
!市区町村!!年間製造品出荷額
|-
*関東地方の主な商業集積地は、各市町村における年間商品販売額(2007年、含卸売業)の多い順に以下のようになっている。
 
{|class="wikitable"
!市区町村!!年間商品販売額
|-
東京港・横浜港・千葉港など - 伊豆諸島間には[[東海汽船]]・[[神新汽船]]・[[伊豆七島海運]]などが、東京港 - 小笠原諸島間には[[小笠原海運]]・[[共勝丸]]が就航している。
 
この他、[[茨城港]]、[[鹿島港]]が工業製品・原材料の輸出入等の拠点となっている。茨城港大洗港区 - [[苫小牧港]]には[[カーフェリー ]]([[商船三井フェリー]])が就航している。
 
===東京から主な都市への道のり===
68,200

回編集