メインメニューを開く

差分

#米国は日本に石油・物資を販売しながら[[蒋介石]]の中国国民党へも強力な援助を継続しており、日中共に米国と対立して戦争継続は最初から困難であった。米国は日中に対して決定的な影響力を開戦前から持っているため、太平洋戦争は米国の日本・中国双方の弱体化策であるとの見方。
#ルーズベルト米国大統領による策略(陰謀)とする見方<ref>[[フランクリン・ルーズベルト#第二次世界大戦への参戦]]、[[真珠湾攻撃陰謀説]]などを参照</ref>。
日本陸海軍の戦闘の反省としては、[[シーレーン]]確保、補給、護衛という観念が不足、戦闘艦中心主義であったとする見方や、複雑な階級分け、指揮制度の見直し不十分だったという見方もある<ref name="iwamasekiyu"/>。
 
=== 欧米における評価 ===
匿名利用者