「ろ過」の版間の差分

m (関連項目追記)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 ビジュアルエディター
[[File:Torayvino.filterl.New.Used.jpg|thumb|活性炭と[[中空糸膜]]を使用した浄水器用フィルターカートリッジ新古]]
前述のとおり、今でも広くセルロースのろ紙が用いられるが、他にもさまざまな特性をもったろ材がある。
 
====焼結フィルター====
焼結技術により金属粉末同士を接合し、金属粉末の粒子径を制御することにより気孔径をコントロールする。
焼結フィルターに特化した企業→[http://www.shouketsu.com 焼結金属・多孔質金属専門メーカー 焼結.com]
====セルロース====
高純度のセルロースを基材としたろ紙。[[ろ紙]]の項を参照。本項で断りなくろ紙と綴ったとき、これを指すものとする。
====メンブランフィルター====
メンブレンフィルター (membrane filter) ともいう。[[フッ素樹脂]]やセルロースアセテートで作られた孔径の揃った多孔性の[[膜]]である。様々な孔径のものが市販されており、また強度も強い。メンブランフィルターはその表面のみで残渣を保持するため、他のろ材に比べて単位表面積あたりの許容残渣量が極めて少ない。このため、多量の残渣が存在する場合は前処理で除く必要がある。あらかじめプラスチックの間にはさまれた形状のもの('''シリンジフィルター''')と、専用のガラス器具にはさんで使用するタイプのものがある。主に各種溶媒の精製や、分析前処理など、精密なろ過に用いられるほか、微生物分析にも用いられる。0.22μm程度の孔径を有するものが完全除菌の目的のために繁用されている。
 
====ろ過板====
セルロース、グラスファイバーなどを圧縮成型して強度を高めた板状のろ材。主に工業用であるが、実験室で加圧ろ過を行う際にはもっとも良く用いられる。製造メーカーによってその組成は違うが、多くは多層構造となっており、多量の沈殿にも目詰まりすることなくろ過速度を維持できるように工夫されている。
====焼結フィルター====
焼結技術により金属粉末同士を接合し、金属粉末の粒子径を制御することにより気孔径をコントロールする。
====綿栓ろ過====
ろ紙を使用しないろ過として、[[綿]]を用いた'''綿栓ろ過'''がある。漏斗やピペット等に少量の綿やグラスウールをつめこみ、ろ過したいものを注ぐ。綿の量によって、ろ過の速度や精度が変化する。簡易的なろ過としてしばしば用いられる。