「ろ過」の版間の差分

m
====焼結フィルター====
焼結技術により金属粉末同士を接合し、金属粉末の粒子径を制御することにより気孔径をコントロールする。
[[ファイル:多孔質金属の一例.jpeg|リンク=link=Special:FilePath/多孔質金属の一例|代替文=|サムネイル|焼結フィルター(出展:焼結金属・多孔質金属専門メーカー 焼結.com)]]
 
 
====綿栓ろ過====
ろ紙を使用しないろ過として、[[綿]]を用いた'''綿栓ろ過'''がある。漏斗やピペット等に少量の綿やグラスウールをつめこみ、ろ過したいものを注ぐ。綿の量によって、ろ過の速度や精度が変化する。簡易的なろ過としてしばしば用いられる。
39

回編集