「サンタラリ賞」の版間の差分

パリロンシャン競馬場の改称に伴う編集
(パリロンシャン競馬場の改称に伴う編集)
|主催者 = [[フランスギャロ]]
|開催国 = {{Flagicon|FRA}}[[フランスの競馬|フランス]]
|開催地 = [[パリロンシャン競馬場]]
|年次 = 2014
|施行時期 = 5月3週
|第1回施行日 = [[1960年]]
}}
'''サンタラリ賞'''(サンタラリしょう、''{{lang|en|Prix Saint-Alary}}'')は、[[フランスギャロ]]が施行する[[パリロンシャン競馬場]]の[[芝]]2000[[メートル]]で施行される[[競馬]]の[[競馬の競走格付け|G1]][[競馬の競走|競走]]である。3歳牝馬が出走できる。[[ディアヌ賞]]前哨戦である。競走名はエヴルモン・ド・サン=タラリの名が由来となっている。
 
== 歴史 ==
*[[2006年]] - この年以降賞金が増額され、1着賞金14万2850ユーロ、総賞金25万ユーロとなる。
*[[2014年]] - 優勝馬のウィーアーが[[卵巣腫瘍]]に起因する[[テストステロン]]の異常検出により後日失格。2着のヴァジラが繰り上がりで優勝<ref>[http://www.racingpost.com/news/horse-racing/head-filly-loses-group-1-win-after-positive-test/1698256/ Head filly loses Group 1 win after positive test]</ref>。
*[[2016年]] - ロンシャン競馬場の改修工事のため、この年と翌年の2年間[[ドーヴィル競馬場]]で施行。
*[[2018年]] - 改修・改称されたパリロンシャン競馬場での施行が再開される。
 
== 近年の優勝馬 ==