「食物依存症」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
 
==解説==
食物依存症とは、繰り返される[[セルフコントロール|コントロール]]不能な摂食([[ビンジ・イーティング]], binge eating, ドカ食い,むちゃ食い)エピソードに特徴づけられる、強迫的な過食者をさす。むちゃ食いとは、自身がセルフコントロール喪失を自覚しながらも、不健康な量を食べてしまうことである<ref name=":2">{{cite journal | vauthors = Saunders R | title = "Grazing": a high-risk behavior | journal = Obesity Surgery | volume = 14 | issue = 1 | pages = 98–102 | date = January 2004 | pmid = 14980042| doi = 10.1381/096089204772787374 }}</ref>。当初は食物依存症はは欲求の形をしているため、人は欲求に対抗できず、それに自然に捕まってしまう<ref>{{cite journal | vauthors = Corsica JA, Pelchat ML | title = Food addiction: true or false? | journal = Current Opinion in Gastroenterology | volume = 26 | issue = 2 | pages = 165–9 | date = March 2010 | pmid = 20042860 | doi = 10.1097/mog.0b013e328336528d }}</ref>。
 
むちゃ食いの後には、罪悪感や抑うつに至りえる<ref name=":0">{{Cite web|url = http://www.webmd.com/mental-health/mental-health-food-addiction|title = Food Addiction|date = August 21, 2014|access-date = October 27, 2014|website = WebMD|publisher = WebMD|last = Goldberg|first = Joseph | name-list-format = vanc }}</ref>。たとえば一部の人は、太ってしまったと感じ、翌日の予定をキャンセルしうるだろう。
 
== 徴候と症状 ==
食事依存症は、[[ビンジ・イーティング|強迫的]]過食]](ビンジ・イーティング)な過食が、中心的かつ唯一の定義的な特徴である。
 
[[強迫的]]過食者の一般的な行動には、一人で食べる、食物をを素早く食べる、急速に体重を増やす、胃の気分が悪くなるまで食べることなどがある。その他の兆候には、運動の著しい減少、体重増加による活動低下が挙げられる。感情的指標には、罪悪感、[[セルフコントロール]]喪失感、[[抑うつ]]、[[気分変調]]などがある<ref name=":0" /><ref>{{Cite news|url=http://www.webmd.com/mental-health/eating-disorders/binge-eating-disorder/mental-health-food-addiction#1|title=Food Addiction Signs and Treatments|work=WebMD|access-date=2017-02-28|language=en-US}}</ref>。[[セルフコントロール]]喪失というのは、特定の食品を入手するため外出する、欲求を満たすため食品に不必要な金額を費やすといった行動で確認される。