メインメニューを開く

差分

 
== 加盟局 ==
2019年4月現在
内訳は単独加盟局4局、[[クロスネット局]]30局。AM単営5局(RFC・TBS R<ref>自局単独で局アナを採用せず、[[TBSテレビ]](TBS Rと同様に[[東京放送ホールディングス]]の完全子会社)より局アナを派遣する。</ref>・CBC R<ref>自局単独で局アナを採用せず、[[CBCテレビ]](CBC Rと同様に[[中部日本放送]]の子会社)より局アナを派遣する。</ref>・ABC R<ref>自局単独で局アナを採用せず、[[朝日放送テレビ]](ABC Rと同様に[[朝日放送グループホールディングス]]の子会社)より局アナを派遣する。</ref>・WBS)、[[ラテ兼営#日本|ラテ兼営]]29局<ref>併設TVにおいて系列局別では、JNN系列18局、NNN系列11局、福井FBCはANN系列局にはカウントしていない。</ref> となっている。JRNはAM単営局及びシングルネット局(JRN単独局)がNRNより少なく、ほとんどがラテ兼営局、及びNRNとのクロスネット局により構成されている。JRN単独局はTBS・CBC・RKB・RBCの4局のみ。また、TBS・CBC・ABC以外のJRN基幹局=HBC・TBC・MBS・RCC・RKBはラテ兼営であり、併設TVが全てJNN系列=JNN基幹局である。<ref>TBC・RCC以外はJNN五社連盟に加盟。</ref><ref>TBSは2001年10月1日よりラジオ部門を子会社「TBSラジオ&コミュニケーションズ」に継承。CBCは2013年4月1日よりラジオ部門を子会社「CBCラジオ」に継承。</ref><ref>MBSと同じ在阪局であるABCは開局当初は兼営TVがJNN系列だったが、1975年4月1日より兼営TV系列をMBSと入れ替えANN系列となった。ただしその後もJRNの脱退はせず、現在も阪神&オリックス戦JRN全国中継を制作している(MBS制作となる月・金を除く)。2018年4月1日よりラジオ部門を子会社「朝日放送ラジオ」に継承。</ref><ref>発足以降かなり後れてJRNに新規加盟した局はあるが、免許の継承によるものを除きJRNを脱退した局は発足以降今日まで1局も出ていない。</ref>
 
匿名利用者