「玉川宮」の版間の差分

 
 
== 概略 ==
[[応永]]21年([[1414年]])4月の[[足利義満]]七回忌に[[護聖院宮]]とともに[[供物]]を献じたとあるのが初見である。[[正長]]元年([[1428年]])10月宮家の料所と思われる田中荘・深瀬郷をめぐる訴訟に関して、担当奉行飯尾肥前守へ督促を依頼しており、[[永享]]3年([[1431年]])12月娘(後の'''東御方''')が17歳で将軍[[足利義教]]のもとへ参候し、その[[侍女]]となっている。同5年([[1433年]])11月には護聖院宮使者[[阿野実治]]に言付ことづけて、[[崩御]]に死去した[[後小松天皇|後小松上皇]]の弔問をした。また、[[和歌]]を嗜んでいたようで、[[永享]]5年([[1433年]])9月後小松上皇[[後花園天皇]]・[[伏見宮]][[貞成親王]]・[[常盤井宮]][[常盤井宮直明王|直明王]]らと[[百首歌]]に詠進し、翌6年([[1434年]])4月その端作(表題)の記し方について、貞成親王とともに[[飛鳥井雅世]]を通じて[[中山定親]]に尋ねている。同年5月には天皇から御百首一巻を賜わり、10月には伏見宮・常盤井宮らとともに翌月の[[玉津島神社]]の法楽への詠進を命じられた。
 
以上の動向から察するに、玉川宮は幕府体制に順応して、公家社会にすっかり馴染んでいたものと思われる。しかし、[[永享]]6年([[1434年]])将軍[[足利義教|義教]]によって南朝根絶の方針が打ち出され、これに則って、[[小倉宮]]・[[護聖院宮]]の皇族がともに僧籍に入っていることを考えると、玉川宮にも何らかの影響が及んだことは想像に難くない。当時、[[鎌倉公方]]の反幕行為や[[大和永享の乱]]などの騒乱が頻発していたため、反乱軍のシンボルとなる南朝皇胤の存在を幕府が危惧するのは自明の理であった。
 
以降は史料が乏しく、[[永享]]9年([[1437年]])7月義教と対立していた[[大覚寺義昭]]が逐電した際、玉川宮・護聖院宮の候人もこれに同行したとされ、その数日後に彼らを追って逐電した「南方宮」とはあるいは玉川宮のことを指したものだろうかている可能性がある。なお、同年11月義教のに入となっていた東御方が[[密通]]のために[[流罪]]に処せられたというのも、時期的に南朝皇胤に対する圧力があったことをうかがわせる。[[嘉吉]]3年([[1443年]])玉川宮は既に[[因幡国|因幡]]に遷っていたというが、事情は不明で、その後の消息も知られていない。
 
子孫には、「玉川宮御末孫」という'''梵勝'''(梵邵)・'''梵仲'''の兄弟が知られる。ともに生年は不詳であるが、将軍義教の[[猶子]]としてそれぞれ5歳・4歳の時に[[相国寺]]の[[喝食]]となり、衣装費には将軍より毎年2000疋が各人に支給されたという(『[[蔭凉軒日録]]』文明19年7月24日条)。梵勝は後に同寺慶雲院主となるも、[[享徳]]4年([[1455年]])[[2月28日 (旧暦)|2月28日]]兄弟ともに逐電して行方不明になった。[[芝葛盛]]や[[村田正志]]は、[[長禄]]元年([[1457年]])の[[長禄の変]]で殺害された[[北山宮]]・[[河野宮]]がこの兄弟に当たると考えている。
匿名利用者