「巻貝」の版間の差分

巻の方向を決める遺伝子の特定と操作について追記。
(巻の方向を決める遺伝子の特定と操作について追記。)
}}
 
'''巻貝'''(巻き貝、まきがい)は[[軟体動物|軟体動物門]][[腹足綱]]に属する[[動物]]の[[総称]]、またはその中でも特に[[螺旋]]状に巻いた[[貝殻]]を持つもの[[貝]]を指す。腹足綱の多くは螺旋状に巻いた殻を持つが、[[カサガイ]]の様に笠状になったものや、[[アメフラシ]]、[[ウミウシ]]、[[ナメクジ|ナメクジ類]]など[[殻]]が[[退化]]したものもある。
 
[[頭足類]]では[[オウムガイ]]や[[アンモナイト]]あるいは[[トグロコウイカ]]などが螺旋状の貝殻を持ち、[[タコ|タコ類]]の一部における[[雌|メス]]が[[産卵]]用に殻を形成するが、それらも巻貝とは言わない。なお殻を形成するタコ類では、殻の方に本体とは別の名を持つものがある([[カイダコ]]→アオイガイ[[タコブネ|フネダコ]]→タコブネ)。
 
== 巻きの方向 ==
大半の[[動物]]は[[左右対称]]か[[点対称]]であるが、巻貝は螺旋状であり対称でない。ただし、一部の完全平巻きのものは左右対称になる。
 
巻貝には[[右巻き、左巻き|左巻き]]と[[右巻き、左巻き|右巻き]]がいる。[[時計回り]]が右巻き、[[反時計回り]]が左巻きである。見分け方の一つに、巻き貝のとがった方を上に向け、殻の入り口が見えるように持ったとき、殻の口が向かって右側に見えるのが右巻き、左側に見えるのが左巻きである。
 
巻く方向は、種によって決まっているのが普通である。9割の種が右巻きと言われているが、理由はよくわかっていない。また左巻きの種の9割は陸生や淡水性である。[[カタツムリ]]の多くは右巻きであるが、一部に左巻きの種がある。また、左右両巻の種も存在する。左右両巻きの種では[[内臓]]の配置も左右逆になっている。巻く方向は1個の[[遺伝子]]か強く連鎖する複数個の遺伝子によって決定される。左右両巻きの種は[[発生]]段階から左右逆になっているのが通説であったが、そうではないという示唆もある。
 
[[日本]]の[[中部大学]]は、ヨーロッパモノアライガイで、巻く方向を決定する遺伝子を特定。さらに[[ゲノム編集]]で巻く方向を変えることに成功したと、2019年に英生物学雑誌『Development』に発表した<ref>[https://www3.chubu.ac.jp/research/news/24964/ 巻貝の向きをゲノム編集技術で反転(黒田玲子特任教授、阿部真典特任講師)]中部大学(2019年5月14日)2019年5月28日閲覧。</ref><ref>[https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44766340U9A510C1TJM000/ 「右巻きか左巻きか 貝の遺伝子特定」]『[[日本経済新聞]]』朝刊2019年5月20日(科学技術面)2019年5月28日閲覧。</ref>。
 
== 類似の構造 ==
* [[ほ乳類]]の[[蝸牛]]:[[洞穴]]で発見された[[コウモリ]]のそれが巻き貝と誤認された例がある。
{{Clear}}
 
== 脚注・出典 ==
{{reflist}}
 
== 外部リンク ==
* [http://www.jst.go.jp/pr/info/info101/ 巻貝の左右巻型形成に新発見]
 
== 関連項目 ==
* [[二枚貝]]
* [[オウムガイ]]
* [[アンモナイト]]
 
{{Animal-stub|まきかい}}