「Portal:アジア/地理」の版間の差分

m
リンク
(注記部分を削除)
タグ: 2017年版ソースエディター
m (リンク)
 
[[Image:Indiarivers.png|right|thumb|220px|インドにおける河川]]
'''[[インドの地理]]'''(インドのちり)は多様性に富み、その[[景色]]も冠雪した[[山|山岳地帯]]・[[砂漠]]・[[平野]]・雨林・[[丘陵]]・[[高原]]とさまざまである。[[インド]]は[[ゴンドワナ大陸]]のインド=オーストラリア[[プレート]]の北側が分離移動した[[インドプレート]]上に位置する[[インド亜大陸]]のほぼ全域を占める。インドの陸地はほとんどが[[インド洋]]に突き出した[[南アジア]]の[[半島]]上にあり、南西を[[アラビア海]]に、南東を[[ベンガル湾]]に区切られて7000kmの[[海岸|海岸線]]をもつ。
 
[[北インド]]・中央インドはほぼ全域に肥沃な[[ヒンドゥスターン平野]]がひろがり、[[南インド]]のほぼ全域は[[デカン高原]]が占める。国土の西部には岩と砂の[[タール砂漠]]があり、東部と北東部の国境地帯は峻険な[[ヒマラヤ山脈]]が占める。インドが主張するインド最高点は[[パキスタン]]と[[領土紛争|係争中]]の[[カシミール地方]]にある[[K2]]峰([[標高]]8,611m)である。確定した[[領土]]の最高点は[[カンチェンジュンガ]]峰(同8,598m)である。気候は南端の[[赤道]]地帯から[[ヒマラヤ山脈|ヒマラヤ]]の[[山|高山地帯]]まで多様性に富む。
1,120

回編集