「Portal:アジア/経済/過去ログ」の版間の差分

2019年5月29日まで
(2018/12/8までのものを過去ログに移動)
 
(2019年5月29日まで)
タグ: 2017年版ソースエディター
 
== 2018年12月8日から2019年5月29日まで ==
[[ファイル:China_GDP.png|右|サムネイル|300x300ピクセル|出典:[[世界銀行]]、中国のGDP。世界銀行の最新公式データによると、2005年のGDPは2兆2248億USドル。]]
 
'''[[中華人民共和国の経済]]'''は、名目GDP換算で世界で2番目に大きく、2017年の名目GDPは12.25兆USドル、[[国際通貨基金]]・[[世界銀行]]・[[CIAワールド・ファクトブック]]によれば[[購買力平価]]GDP換算で世界最大の経済である。一人当たり名目GDPに換算すると約8,643USドル、購買力平価による換算では16,624USドルとなり、世界水準ではまだ低い(2015年では、187か国中79位)。しかし、中華人民共和国の経済は急速に成長を続けている。2005年、中国のGDPの70%は民間部門が占めており、公有部門は公益事業、重化学工業、資源・エネルギーといった約200の大規模な国有企業によって支配されている。
 
== 2012年5月26日から2018年12月8日まで ==
'''[[アジア通貨危機]]'''は、[[1997年]]7月より[[タイ王国|タイ]]を中心に始まった、[[アジア]]各国の急激な[[通貨]]下落(減価)現象である。この通貨下落は米国のヘッジファンドを主とした機関投資家による通貨の空売りによって惹起され、[[東アジア]]、[[東南アジア]]の各国経済に大きな悪影響を及ぼした。狭義にはアジア各国通貨の暴落のみをさすが、広義にはこれによって起こった[[金融危機]]('''アジア金融危機''')を含む[[経済危機]]を指す。
1,120

回編集