「Portal:アジア/経済」の版間の差分

朝鮮民主主義人民共和国の経済史 oldid=72916415からコピー
m (リンク忘れを修正)
(朝鮮民主主義人民共和国の経済史 oldid=72916415からコピー)
[[ファイル:Earthlights in nkorea.jpg|thumb|right|200px|北朝鮮は平壌以外は明かりがほとんどなく暗い状態であり、照明の電気がほとんどないことが分かる。宇宙からみた地球夜景 (NASA) より。]]
[[ファイル:China_GDP.png|右|サムネイル|300x300ピクセル|出典:[[世界銀行]]、中国のGDP。世界銀行の最新公式データによると、2005年のGDPは2兆2248億USドル。]]
 
'''朝鮮民主主義人民共和国の経済史'''(ちょうせんみんしゅしゅぎじんみんきょうわこくのけいざいし)では、[[1945年]]の[[第二次世界大戦]]終了後に[[ソビエト連邦]](ソ連)が[[占領行政|占領統治]]した[[38度線]]以北の朝鮮地域(北朝鮮)と、その後[[1948年]]に成立した[[朝鮮民主主義人民共和国]]の経済史について述べる。
'''[[中華人民共和国の経済]]'''は、名目GDP換算で世界で2番目に大きく、2017年の名目GDPは12.25兆USドル、[[国際通貨基金]]・[[世界銀行]]・[[CIAワールド・ファクトブック]]によれば[[購買力平価]]GDP換算で世界最大の経済である。一人当たり名目GDPに換算すると約8,643USドル、購買力平価による換算では16,624USドルとなり、世界水準ではまだ低い(2015年では、187か国中79位)。しかし、中華人民共和国の経済は急速に成長を続けている。2005年、中国のGDPの70%は民間部門が占めており、公有部門は公益事業、重化学工業、資源・エネルギーといった約200の大規模な国有企業によって支配されている。
1,120

回編集