「Portal:アジア/中央アジア」の版間の差分

カラハン朝 oldid=66482129からコピー
(リンク忘れを修正)
(カラハン朝 oldid=66482129からコピー)
 
[[Image:Bukhara01.jpg|thumb|200px|right|ブハラのカラーン・ミナレット]]
[[ファイル:Khiva1600.png|サムネイル|150x150ピクセル|ヒヴァ・ハン国の領域(1600年)]]
'''[[カラハン朝]]'''(カラハンちょう、[[ペルシア語]] : '''قراخانيان''' Qarākhānīyān)は、かつて[[中央アジア]]に存在した[[イスラム王朝]]。中央アジアの[[テュルク]](トルコ)系の遊牧民族の中で最初に[[イスラム教|イスラーム化]]した集団と考えられている。
'''[[ヒヴァ・ハン国]]'''({{lang-uz|Xiva Xonligi}})は、[[1512年]]から[[1920年]]にかけて、[[アムダリヤ川|アムダリヤ]]の下流及び中流地域に栄えた[[テュルク系]][[イスラム王朝]]。[[シャイバーニー朝]]、[[シビル・ハン国]]と同じく[[ジョチ・ウルス]]の[[シバン (ジョチ・ウルス)|シバン]]家に属する王朝である。建国当初は[[クフナ・ウルゲンチ]](旧ウルゲンチ)を首都としていたが、17世紀前半から[[ヒヴァ]]に遷都し、遷都後の首都の名前に由来する「ヒヴァ・ハン国」の名称で呼ばれる。クフナ・ウルゲンチを首都に定めていた政権は「ウルゲンチ・ハン国」と呼ばれることもある。
 
カラハン朝はテュルク系の支配者として初めて、イラン系の民族・文化が中心的な地位を占めていた[[マー・ワラー・アンナフル]]を支配した国家である。カラハン朝がマー・ワラー・アンナフルを支配するイラン系の王朝[[サーマーン朝]]を滅ぼした後、[[タジキスタン共和国]]を除いてマー・ワラー・アンナフルにイラン系の国家が再建されることは無かった。
 
カラハン朝の時代は「[[西トルキスタン]]」の黎明期とも言え、[[パミール高原]]以西の地域にテュルク・イスラーム文化が確立された。カラハン朝が滅亡した後、カラハン朝の時代に芽生えたテュルク・イスラーム文化はモンゴル、[[ウズベク]]、[[カザフ]]などの西トルキスタンを征服した他の民族・文化を同化する。[[タリム盆地]]の[[ウイグル族]]はカラハン朝を自らの祖先が建てた国と見なし、王朝の君主[[サトゥク・ボグラ・ハン]]や[[マフムード・カーシュガリー]]、[[ユースフ・ハーッス・ハージブ]]らカラハン朝時代の学者の廟を建立した。
1,120

回編集