「ディラック定数」の版間の差分

定義値
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
(定義値)
|英語=reduced Planck constant<br />Dirac's constant
|記号={{math|{{hbar}}}}
|値=<math>1.054\ 571\ 817...\times10^{-34}\mbox{J}\cdot\mbox{s}</math>
|値={{Val|1.054571800|(13)|e=-34|u=J s}}
|不確かさ=1.2{{E-|8}}ゼロ
|語源=[[マックス・プランク]]<br />[[ポール・ディラック]]
}}
'''換算プランク定数'''(かんさんプランクていすう、{{lang-en-short|reduced Planck constant}})またはまれに'''ディラック定数'''(ディラックていすう、{{lang-en-short|Dirac's constant}}){{math|{{hbar}}}} は、[[プランク定数]] {{mvar|h}} を {{math|2''&pi;''}} で割った値を持つ定数である。その値は
 
:<math>\begin{align}\hbar\equiv\frac{h}{2\pi}&=1.054\ 571\ 800(13)\times10^{-34}\ \mbox{J}\cdot\mbox{s}\\&=6.582\ 119\ 514(40)\times10^{-16}\ \mbox{eV}\cdot\mbox{s}\end{align}</math>
== 数値 ==
である(2014[[科学技術データ委員会|CODATA]]推奨値<ref>[[#hbar|CODATA Value]]</ref><ref>[[#hbarev|CODATA Value]]</ref>)。{{math|{{hbar}}}} は「エイチ・バー」と読む。
2019年5月20日に施行された新しいSIの定義では、[[プランク定数]]を定義値として定めることによって[[質量]]([[キログラム]])を定義している。このためディラック定数も定義値となり、不確かさのないものとなった。
 
その値は
:<math>\begin{align}\hbar\equiv\frac{h}{2\pi}&=1.054\ 571\ 800(13)817...\times10^{-34}\ \mbox{J}\cdot\mbox{s}\\&=6.582\ 119\ 514(40)569...\times10^{-16}\ \mbox{eV}\cdot\mbox{s}\end{align}</math>
である(2014[[科学技術データ委員会|CODATA]]推奨値<ref>[[#hbar|CODATA Value]]</ref><ref>[[#hbarev|CODATA Value]]</ref>)。{{math|{{hbar}}}} は「エイチ・バー」と読む
{{math|{{hbar}}}} は「エイチ・バー」と読む。
 
== 物理的意義 ==
 
== 外部リンク ==
* {{Cite web|url=http://physics.nist.gov/cgi-bin/cuu/Value?hbar|title=CODATA Value: Planck constant over 2 pi|publisher=[[アメリカ国立標準技術研究所|NIST]]|date=20152019-0605-2520|accessdate=20162019-1205-1431|ref=hbar}}
* {{Cite web|url=http://physics.nist.gov/cgi-bin/cuu/Value?hbarev|title=CODATA Value: Planck constant over 2 pi in eV s|publisher=NIST|date=20152019-0605-2520|accessdate=20162019-1205-1431|ref=hbarev}}
* {{Kotobank|2=デジタル[[大辞泉]]}}
* {{Britannica|science|Dirac-h|Dirac h}}