メインメニューを開く

差分

m
中学校からの卒業後に、[[岐阜県]]の[[大垣日本大学高等学校]]へ進学。硬式野球部監督の[[阪口慶三]]を慕っての進学で、1年時の春季岐阜県大会では、準々決勝で先発デビューを果たした。2年時の夏にエースとして[[全国高等学校野球選手権岐阜大会|選手権岐阜大会]]に臨んだが、登板試合で序盤に降板するなど本調子に程遠く、3回戦で[[岐阜県立岐阜商業高等学校|県岐阜商]]に敗れた。さらに、2年時の秋に右股関節痛を発症。秋季岐阜県大会や秋季東海地区高校野球大会に登板できなかったばかりか、エースの座を葛西(かっさい)侑也(卒業後に[[新日鐵住金東海REX]]へ所属)に譲った。[[明治神宮野球大会]]高校の部決勝・[[東海大学付属相模高等学校・中等部|東海大学付属相模高等学校]]戦の9回に実戦復帰を果たすと、セットポジションからの投球で2奪三振無失点と好投。チームも、10 - 9のスコアで逆転勝利を収めた末に、明治神宮大会での初優勝に至った。この実績が認められて、翌{{by|2010年}}の[[第82回選抜高等学校野球大会]]に出場すると、[[北照高等学校|北照]]との準々決勝で先発投手として[[阪神甲子園球場]]で初登板。9安打を浴びながらも、[[フォークボール]]を武器に1失点完投勝利を記録した。[[興南中学校・高等学校|興南]]との準決勝では、先発した葛西の後に登板したが、チームは0 - 10というスコアで大敗。結局、興南はこの年に[[甲子園連覇|甲子園球場の全国大会で春夏連覇]]を達成した。
 
高校からの卒業を機に[[JR東日本硬式野球部|JR東日本]]へ入社すると、1年目の{{by|2011年}}春に、[[JABA東京スポニチ大会]]の[[日本製紙石巻硬式野球部|日本製紙石巻]]戦に救援投手として公式戦にデビュー。2回1安打4奪三振無失点と好投した。在籍中には、3年間で([[NPB]]球団との交流戦含む)公式戦14試合に登板。通算で41イニングを投げたが、[[社会人野球日本選手権大会]]や[[都市対抗野球大会]]の本大会では登板機会がなかった。ただし、3年目の{{by|2013年}}には、9月の[[JR北海道硬式野球部|JR北海道]]戦で、6四死球を出しながらも被安打1で完封勝利。[[読売ジャイアンツ (ファーム)|読売ジャイアンツ(巨人)二軍]]との交流戦では、入社以来5試合に登板すると、通算8イニングで6被安打5奪三振4四死球2失点という成績を残した。1年目の6月には、救援投手として4回を無安打無失点に抑えた末に、チームも6- 5のスコアで逆転勝利を収めた。また、3年目の6月に登板した試合では、[[ストレート|速球]]で自己最速の150km/hを計測している。
 
[[2013年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)|2013年のNPBドラフト会議]]で、[[中日ドラゴンズ]]から4巡目で指名。契約金4,500万円、年俸900万円(金額は推定)という条件で入団した<ref>[http://www.jiji.com/jc/zc?k=201311/2013112000871 中日、4位阿知羅と仮契約=プロ野球ドラフト] 時事通信 2013年11月20日</ref>。背番号は'''30'''。この会議では、JR東日本でのチームメイトのうち、[[吉田一将]]が1巡目で[[オリックス・バファローズ]]、[[田中広輔]]が3巡目で[[広島東洋カープ]]から指名。いずれも後に入団している。
1,370

回編集