メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
| 役職 =
}}
'''第3代[[サウサンプトン伯爵]]ヘンリー・リズリー'''({{lang-en|Henry Wriothesley, 3rd Earl of Southampton}}{{#tag:ref|Wriothesleyの発音は、Patrick Montague-Smith ''Debrett's Correct Form (1st ed.)''(1977)によれば{{IPA-en|ˈraɪzli|}}(古風)、{{IPA-en|ˈrɒtsli|}}(今日的)、J.C.Wells ''Longman Pronunciation Dictionary (3rd ed.)'' (2008)によれば{{IPA-en|ˈraɪəθsli|}}。|group=注釈}}, {{Post-nominals|post-noms=[[ガーター勲章|KG]]}}、[[1573年]][[10月6日]] - [[1624年]][[11月10日]])は、[[イングランド王国|イングランド]]の貴族。
 
[[ウィリアム・シェイクスピア]]のパトロンだったことや第2代[[エセックス伯]][[ロバート・デヴァルー (第2代エセックス伯)|ロバート・デヴァルー]]の側近だったことなどで知られる。
[[1573年]][[10月6日]]、第2代[[サウサンプトン伯爵]]{{仮リンク|ヘンリー・リズリー (第2代サウサンプトン伯)|label=ヘンリー・リズリー|en|Henry Wriothesley, 2nd Earl of Southampton}}とその妻{{仮リンク|メアリー・リズリー (サウサンプトン女伯爵)|label=メアリー|en|Mary Wriothesley, Countess of Southampton}}(初代{{仮リンク|モンタギュー子爵|en|Viscount Montagu}}{{仮リンク|アンソニー・ブラウン (初代モンタギュー子爵)|label=アンソニー・ブラウン|en|Anthony Browne, 1st Viscount Montagu}}の娘)の間の長男として[[サセックス]]の{{仮リンク|コードレイ・ハウス|en|Cowdray House}}に生まれる<ref name="Lundy">{{Cite web |url=http://thepeerage.com/p10528.htm#i105274|title=Henry Wriothesley, 3rd Earl of Southampton|accessdate= 2015-12-17 |last= Lundy |first= Darryl |work= [http://thepeerage.com/ thepeerage.com] |language= 英語 }}</ref><ref name="CP ES">{{Cite web |url=http://www.cracroftspeerage.co.uk/online/content/southampton1547.htm|title=Southampton, Earl of (E, 1547 - 1667)|accessdate= 2015-12-17 |last= Heraldic Media Limited |work= [http://www.cracroftspeerage.co.uk/online/content/introduction.htm Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage] |language= 英語 }}</ref>。
 
[[1581年]]に父の死により爵位を継承した<ref name="CP ES"/>。[[ケンブリッジ大学]]と[[法曹院|法学院]]で学んだ後、[[1590年]]頃から女王[[エリザベス1世]]の宮廷に仕えるようになった{{sfn|松村赳|富田虎男|2000| p=702}}。
[[File:Henry Wriothesley, 3rd Earl of Southampton (3772864875).jpg|180px|thumb|サウサンプトン伯の肖像画]]
文芸者の保護に熱心であり、特に[[ウィリアム・シェイクスピア]]のパトロンだったことで知られる。シェイクスピアとは[[ダービー伯爵]][[ファーディナンド・スタンリー (第5代ダービー伯爵)|ファーディナンド・スタンリー]]を通して知り合ったとされ、[[1593年]]に出版された『[[ヴィーナスとアドーニス]]』と[[1594年]]作の『[[ルークリース凌辱]]』は金銭援助のお礼としてシェイクスピアからサウサンプトン伯に献呈されたものである{{sfn|松村赳|富田虎男|2000| p=702}}{{sfn|結城雅秀|2009|p=111-120}}{{sfn|河合祥一郎|2016|p=35-36}}。また1593年にダービー伯(当時ストレンジ男爵)と{{仮リンク|海軍大臣一座|en|Admiral's Men}}のパトロンである{{仮リンク|海軍卿 (イギリス)|label=海軍卿|en|Lord High Admiral of the United Kingdom}}の[[エフィンガム伯爵|エフィンガムのハワード男爵]][[チャールズ・ハワード (初代ノッティンガム伯爵)|チャールズ・ハワード]]、{{仮リンク|ペンブルック伯一座|en|Pembroke's Men}}のパトロンである[[ペンブルック伯]]{{仮リンク|ヘンリー・ハーバート (第2代ペンブルック伯爵)|label=ヘンリー・ハーバート|en|Henry Herbert, 2nd Earl of Pembroke}}と[[オックスフォード]]の夕食会で会ったことが記録され、この場にいたとされ夕食会の雰囲気を参考にしたといわれるシェイクスピアが作った『[[恋の骨折り損]]』でストレンジ男爵とサウサンプトン伯をモデルにした人物が登場している{{sfn|結城雅秀|2009|p=117-118}}。
 
宮廷内では女王の寵臣である第2代[[エセックス伯]][[ロバート・デヴァルー (第2代エセックス伯)|ロバート・デヴァルー]]の側近であり、[[1596年]]から[[1597年]]にかけてのエセックス伯の[[カディス]]と[[アゾレス諸島]]への遠征に従軍した{{sfn|松村赳|富田虎男|2000| p=702}}。[[1598年]]にはエリザベス1世の女官である{{仮リンク|エリザベス・リズリー (サウサンプトン女伯爵)|label=エリザベス・ヴァーノン|en|Elizabeth Wriothesley, Countess of Southampton}}とひそかに結婚したことで女王の不興を買い、エセックス伯の弁護もむなしく、一時彼女とともにフリート監獄に投獄されている{{sfn|石井美樹子|2009|p=512-513}}。
 
[[1598年]]にはエリザベス女王の女官であるエリザベス・ヴァーノンとひそかに結婚したことで女王の不興を買い、エセックス伯の弁護もむなしく、一時彼女とともにフリート監獄に投獄されている{{sfn|石井美樹子|2009|p=512-513}}。
 
[[1599年]]3月から9月にかけてエセックス伯率いるアイルランド反乱鎮圧軍に従軍した。この際エセックス伯はサンサンプトン伯を鎮圧軍の騎兵隊司令官にしようとしたが、女王が許可しなかったため、エセックス伯の個人的友人として従軍することになった{{sfn|石井美樹子|2009|p=522}}。しかし結局この鎮圧軍は反乱鎮圧に失敗しており、エセックス伯とサウサンプトン伯は9月にもロンドンへ逃げ帰ってきた。エセックス伯への女王の寵愛もいよいよ失われ、宮廷内の権力は[[ロバート・セシル (初代ソールズベリー伯)|ロバート・セシル]]に傾いていった{{sfn|石井美樹子|2009|p=522-532}}。
 
不満を抱くエセックス伯派は[[1601年]]1月末から2月初旬にかけてサウサンプトン伯の屋敷に集まって陰謀を企てるようになり、[[2月8日]]にクーデタを決行した。しかしその日のうちに鎮圧されてエセックス伯とサウサンプトン伯は[[ロンドン塔]]に投獄された。2人は[[2月19日]]に裁判にかけられ、[[大逆罪 (イギリス)|大逆罪]]で死刑判決を受けた。このときエセックス伯は自らの死刑を受け入れる代わりに若いサウサンプトン伯に女王の慈悲がほしいと乞うた。これが功を奏したのか、サウサンプトン伯はロンドン塔終身投獄に減刑されている{{sfn|石井美樹子|2009|p=539-543}}{{sfn|松村赳|富田虎男|2000| p=702}}。クーデター前日の[[2月7日]]、エセックス伯一味はシェイクスピア所属の劇団{{仮リンク|宮内大臣一座|en|Lord Chamberlain's Men}}に金を払い民衆を扇動する目的でクーデターと廃位にかこつけた『[[リチャード二世 (シェイクスピア)|リチャード二世]]』を上演、エセックス伯らが逮捕された後一座は事件関与の疑いで政府から取り調べを受けたが、お咎め無しに終わっている{{sfn|結城雅秀|2009|p=197-199}}{{sfn|河合祥一郎|2016|p=65-66}}。
 
[[1603年]]にエリザベス女王1世が崩御して[[ジェームズ1世 (イングランド王)|ジェームズ1世]]が即位するとただちに釈放された。剥奪されていた爵位も回復し、[[1604年]]からは{{仮リンク|ハンプシャー知事|en|Lord Lieutenant of Hampshire}}に就任した<ref name="CP ES"/>。さらにかつてエセックス伯が所持していたワイン輸入税の独占権も手に入れている{{sfn|石井美樹子|2009|p=543}}。
 
[[1605年]]からは[[バージニア植民地]]や[[イギリス東インド会社|東インド会社]]の経営などに参加して主に植民地関連で活躍するようになる{{sfn|松村赳|富田虎男|2000| p=703}}。
*{{Cite book|和書|author=[[塚田富治]]|date=2001年(平成13年)|title=近代イギリス政治家列伝 かれらは我らの同時代人|publisher=[[みすず書房]]|isbn=978-4622036753|ref=harv}}
*{{Cite book|和書|author1=[[松村赳]] |author2=[[富田虎男]]|date=2000年(平成12年)|title=英米史辞典|publisher=[[研究社]]|isbn=978-4767430478|ref=harv}}
* [[西ヶ廣渉|結城雅秀]]『シェイクスピアの生涯』[[勉誠出版]]、2009年。
* [[河合祥一郎]]『シェイクスピア <small>人生劇場の達人</small>』[[中央公論新社]]([[中公新書]])、2016年。
 
== 外部リンク ==
{{S-start}}
{{s-off}}
{{succession box | title={{仮リンク|ハンプシャー知事|en|Lord Lieutenant of Hampshire}} | before={{仮リンク|チャールズ・ブラント (初代デヴォンシャー伯)|label=初代デヴォンシャー伯|en|Charles Blount, 1st Earl of Devonshire}} | after={{仮リンク|エドワード・コンウェイ (初代コンウェイ子爵)|label=初代コンウェイ男爵|en|Edward Conway, 1st Viscount Conway}} | years=1604年–1624 - 1624年<br /><small>{{仮リンク|チャールズ・ブラント (初代デヴォンシャー伯)|label=初代デヴォンシャー伯|en|Charles Blount, 1st Earl of Devonshire}}と共同で(1604–1606)(1604年 - 1606年)</small>}}
{{succession box | title={{仮リンク|ハンプシャー首席治安判事|en|Custos Rotulorum of Hampshire}} | before={{仮リンク|ジョージ・キャリー (第2代ハンズドン男爵)|label=第2代ハンズドン男爵|en|George Carey, 2nd Baron Hunsdon}} | after={{仮リンク|ヘンリー・ウォロップ (1642年没)|label=サー・ヘンリー・ウォロップ|en|Henry Wallop (died 1642)}} | years=1605年以前–1624 - 1624年}}
{{s-reg|en}}
{{succession box | title=第3代[[サウサンプトン伯爵]] | before={{仮リンク|ヘンリー・リズリー (第2代サウサンプトン伯)|label=ヘンリー・リズリー|en|Henry Wriothesley, 2nd Earl of Southampton}} | after={{仮リンク|トマス・リズリー (第4代サウサンプトン伯)|label=トマス・リズリー|en|Thomas Wriothesley, 4th Earl of Southampton}} | years=[[1581年]] - [[1601年]]剥奪<br>[[1603年]]回復 - [[1624年]]}}
{{S-end}}
{{Normdaten}}
2,076

回編集