「大津有一」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
'''大津 有一'''(おおつ ゆういち、[[1902年]][[3月27日]] - [[1983年]][[7月1日]]<ref>『著作権台帳』</ref>)は、日本の国文学者。
{{Infobox 学者
|名前=大津 有一
|脚注=
}}
 
'''大津 有一'''(おおつ ゆういち、[[1902年]][[3月27日]] - [[1983年]][[7月1日]]<ref>『著作権台帳』</ref>)は、日本の国文学者。
 
== 略歴 ==
石川県生まれ。1930年[[東京帝国大学]]文学部国文科卒。[[第七高等学校]]教授、1949年[[金沢大学]]法文学部教授、1957年「[[伊勢物語]]古註釈の研究」で[[東京大学]][[文学博士]]。金沢大法文学部長、66年定年退官、名誉教授、[[皇學館大學]]教授<ref>[http://www.kogakkan-u.ac.jp/files/md2125_1.pdf#search='%E5%A4%A7%E6%B4%A5%E6%9C%89%E4%B8%80+%E5%87%BA%E8%BA%AB' 皇學館人物列伝]</ref>。『伊勢物語』を専門とした。
 
== 著書 ==
*『伊勢物語古註釈の研究』石川国文学会 1954 [[八木書店]] 1986
*『伊勢物語の新しい解釈』[[至文堂]] 国文注釈新書  1955
 
=== 校注・共編 ===
*『伊勢物語』日本古典文学全集 現代語訳 第5巻 [[河出書房]] 1954
*『伊勢物語 底本は三条西家旧蔵本』[[築島裕]]共校注 [[日本古典文学大系]] 第9 [[岩波書店]] 1957
*『日本古典鑑賞講座 第5巻 竹取物語・伊勢物語』[[三谷栄一]]共編 [[角川書店]] 1958
*[[池田亀鑑]]『伊勢物語に就きての研究 [第3] 補遺篇・索引篇・図録篇』編 [[有精堂出版]] 1961
*『伊勢物語』校注 [[岩波文庫]] 1964
 
== 論文 ==
*[http://ci.nii.ac.jp/search?q=%E5%A4%A7%E6%B4%A5%E6%9C%89%E4%B8%80&range=0&nrid=&count=100&sortorder=2&type=1 <大津有一]
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
 
匿名利用者