「ヴィーナー・オーパンバル」の版間の差分

編集の要約なし
m (→‎その他: ドレスコードは支払うものではない)
 
ダンス開幕午後10時に先立ち午後9時からテレビ放送される。[[視聴率]]は59パーセントでオーストリア人の274万人が視聴している。近年は[[プラハ]]や[[米国]]にもオーパンバルのシステムが輸出され、ウィーンのダンス界の大物が指導に行っている。[[社交ダンス]]のメーン会場は5150人収容だが、地下と3階と6階は[[DJ]]のいる[[ディスコ]]会場で、[[カジノ]]が開設され[[バー_(酒場)|バー]]が数ヶ所あり、1階にカフェが開設される。収入は340万ユーロ、収益は110万ユーロ、料金は客席代がボックス席が18500ユーロ(2013年時130万円),入場料が250ユーロ、[[カクテル]]が14ユーロ、オーストリア産発泡ワインが1本158ユーロ、フランス産[[シャンパン]]が1杯30ユーロ、ソーセージ2本が9,5ユーロ、生牡蠣3個18ユーロ、その他の飲み物としてはグラス[[ビール]]、瓶ビール、[[ミネラルウォーター]]が用意されている<ref>野村三郎『ウィーン国立歌劇場 すみからすみまで』音楽之友社、2014年、250ページ~254ページ。</ref>。
[[ウィーン]]全体では、[[ホーフブルク宮殿]]、[[ウィーン楽友協会]]ホール、市庁舎などで年約450回の[[舞踏会]]が開催され、[[ドレスコード]]に従い参加料を支払えば一般市民も参加できる。
 
== 参考文献 ==