「SFドラマ 猿の軍団」の版間の差分

m
: 猿の国でも、各地に無人円盤を飛ばし、災害復旧や救助などに当たっていたため、猿たちからは守り神ととらえられていた。
: 猿の国の政変に当たっては、円盤から声を発して争いをやめるよう警告を発した。
: 25話では、猿と人間との共存は不可能との判断を下し、ゴードたち4人に他惑星への移住かコールドスープカプセルによる未来への移住かの選択を迫る。
;チップ
:人類が海岸ステータスに留守番として造ったロボット。人間の命令しか聞かないように作られている。胴体から[[スパゲッティ]]を作り出す機能を持つ。猿たちから「鉄の猿」と呼ばれる。ゴードたちを逃がすためにゲバー率いる軍団と戦い、破壊されてしまった。同型のポップもいる。
9,469

回編集