「タレント (単位)」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (ボット: 言語間リンク 1 件をウィキデータ上の d:Q190139 に転記)
m
本来「1[[アンフォラ]](おおむね26[[リットル]])の水の重さ」という単位であるが、時代・場所によって重さは違ってきている。時代が下るにつれ通貨の単位として使われるようになり、古代ギリシャにおいては「6000[[ドラクマ]]」とされ、これは[[銀]]26[[キログラム]]に相当した。また、[[金]]の重さの単位として使われ、「人の重さ程度(おおむね50キログラム程度)」とされるが、正確には33キログラム程度とする説もある。
 
日本では、[[マタイによる福音書]]に「{{仮リンク|タレントの[[たとえ話]]|en|Parable of the talents or minas}}(25章14節–30節)」に出てくる単位として知られている。この場合「1タレント=数千[[デナリウス]]銀貨(古代ローマの銀貨)」とされ、「1デナリウス銀貨=1日の賃金」とされることから、数年から数十年分の収入というかなりの高額となる。
 
また、この「タレントのたとえ話」で、「その『能力に応じて』、タレントを預けた」とされることから、[[英語]]のtalent(才能、能力)の語源となった。