「明治」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
[[慶応]]の後、[[大正]]の前。<!--日本における最初の元号である-->[[大化]]以降244番目の元号。また、日本において'''[[一世一元の制]]'''('''[[一世一元の詔]]''')による最初の元号である。
 
[[西暦]][[1868年]][[10月23日]]([[明治元年]][[9月8日 (旧暦)|9月8日]])から[[1912年]](明治45年)[[7月30日]]までの期間を指し(法的な[[改元]]の[[詔|詔書]]による開始時については[[#改元|後節]]参照)、[[明治天皇]]の[[践祚]]から2年後に[[即位]]に伴って[[改元]]されたので、明治天皇の在位期間とは、最初の2年が一致しない。
 
'''明治時代'''(めいじじだい)とも呼ばれ、[[日本史時代区分表|時代区分]]の「〇〇時代」における「〇〇」に、「[[江戸時代]]」まで(最後の元号: 慶応)と異なり、そのまま元号が使用されており、それ以前のような[[政権]]の所在地に基づく「[[東京]]時代」などとは呼ばれていない。
** ただし、改元の[[詔|詔書]]には「改慶應四年爲明治元年」(慶応4年を改めて明治元年と為す)とあり、改元が年の呼称を改めるということから、'''慶応4年[[1月1日 (旧暦)|1月1日]]'''(1868年[[1月25日]])に遡って適用された。法的には慶応4年1月1日より明治元年となる。また、[[一世一元の詔]]も併せて出され、天皇在位中の改元は行わないものとした。
** 「元号247総覧」(著者:[[山本博文]][[東京大学]]史料編纂所教授)によると、[[松平春嶽]]に新元号の考案が委ねられ、複数の案を出し、最終的に明治天皇によるくじ引きで「明治」が選ばれたとされる。
* [[1912年]](明治45年)[[7月30日]]([[1873年]]明治6年[[グレゴリオ暦]]を施行)- 明治天皇の[[崩御]]と[[大正天皇]]の即位([[践祚]])により、[[大正]]と改元。同日施行され、大正元年7月30日となった。
 
== 典拠 ==
[[尊皇思想]]に基づき、「天皇は[[親政]]を行い人民を直接統治する」とした。しかし、[[1890年]](明治23年)に[[大日本帝国憲法]](明治憲法)が施行されるまでは、明治天皇は青年期であり、憲政下となっても[[立憲君主制]]国家の成立により、三職制・[[太政官]]制や[[内閣官制]]の導入などで、天皇以外にも[[薩摩藩]]や[[長州藩]]の出身者が政治の実権を握っていた([[藩閥政治]])。明治改元の時には、[[明]]朝中国を模倣して[[一世一元の制]]を定め、天皇の名(厳密には[[追号]])として[[元号]]を用い、それまでの[[陰陽五行思想]]的改元を廃止した。
 
この明治時代は、欧米[[列強]]の[[植民地]]化を免れるために[[近代化]]を推進した時代であり、[[世界史]]的に見れば、日本の'''[[産業革命]]時代'''である。西洋化と[[近代化]]が[[幕末]]から始まって明治年間で達成されたことから、「'''幕末・明治'''」と括られることも多い。なお、「幕末・明治」という括りは、[[不平等条約]]の締結([[1854年]]〈[[安政]]元年))〉)から完全撤廃([[1911年]]明治44年))〉)までの時代とほぼ一致する。[[中央集権]]的な[[王政復古]]の過程から「'''王政維新'''」ともいわれる。また、[[1870年代]](明治初期)は[[文明開化]]を略し「'''開化期'''」とも呼ばれている。
 
=== 明治維新 ===
1,874

回編集