「カレリア (シベリウス)」の版間の差分

編集の要約なし
m (カテゴリ追加(Category:1893年の楽曲))
{{Portal クラシック音楽}}
『'''カレリア '''』(Karelia(''Karelia'', [[フィンランド語]]:Karjala):''Karjala'')は[[フィンランド]]の作曲家[[ジャン・シベリウス]]の管弦楽作品。当初は[[付随音楽|劇音楽]]として作曲された。その後、1曲の[[序曲]]と8曲からなる[[組曲]]とし、組曲はさらに3曲に絞られ、現在にいたる。
 
== 作曲の経緯 ==
=== 新婚旅行にカレリアへ ===
[[1892年]]にアイノ・ヤルネフェルトと結婚したシベリウスは、[[新婚旅行]]に[[カレリア]]地方を訪れた。カレリアは、[[フィン人]]の発祥の地であった。シベリウスはカレリア地方の民謡や伝説に、作曲のインスピレーションを得た。翌1893年、シベリウスは[[ヘルシンキ大学]]の[[ヴィープリ]]出身の学生の団体から、その年の秋に行う野外歴史劇のための音楽を依頼された。この歴史劇は、カレリア地方の13世紀から19世紀までの歴史を7つの場面で、描くものであった。
 
このため『カレリア』は最終的に「序曲」[[作品番号|op.]]10と「組曲」op.11の2つの作品として1906年に[[ブライトコプフ・ウント・ヘルテル]]社から出版され、今に残ることになった。
 
== 『カレリア』序曲op.10 ==
組曲と比較して演奏の機会は少ない。中間部に組曲の第1曲「間奏曲」の主題が現れる。
 
== 『カレリア』組曲op.11 ==
3曲から構成される。シベリウスの管弦楽曲のうち比較的よく演奏される作品で、第3曲「行進曲風に」は単独で演奏されることも多い。
;第1曲:間奏曲
:劇の第5景、16世紀の場面の音楽。2つの主題からなる行進曲。
 
== 編成 ==
*序曲 ― [[フルート]]2、[[ピッコロ]]1、[[オーボエ]]2、[[クラリネット]]2、[[ファゴット]]2、[[ホルン]]4、[[トランペット]]3、[[トロンボーン]]3、[[テューバ]]、[[ティンパニ]]、[[シンバル]]、[[大太鼓]]、[[トライアングル]]、[[タンブリン]]、[[弦楽合奏|弦5部]]
*組曲 ― 序曲の編成に[[コーラングレ]](ホルンで代用してもよいとされているが、実際に代用されることはほとんどない)と[[シンバル]]が加わる。
※原曲の劇音楽版では[[バリトン]]独唱が入る。
 
== 演奏時間 ==
*序曲 ― 約10分
*組曲 ― 第1曲:約3分、第2曲:約7分、第3曲:約4分、計:約14〜15分
 
== 脚注 ==
<references />
 
== 参考文献 ==
*作曲家別解説ライブラリー18 北欧の巨匠([[音楽之友社]])
*シベリウス生涯と作品(1967年)菅野浩和
 
== 関連項目 ==
*[[カレリア]]
*[[カレワラ]]
{{DEFAULTSORT:かれりあ}}
[[Category:シベリウスの楽曲]]
[[Category:管弦楽曲]]
[[Category:序曲]]
[[Category:劇付随音楽]]
[[Category:曲]]
[[Category:管弦楽曲]]
[[Category:カレリア]]
[[Category:1893年の楽曲]]
匿名利用者