「ダックテイルズ」の版間の差分

m
== ストーリー ==
=== シーズン1 ===
[[ドナルドダック|ドナルド]]が就職面接に行く日の朝、ベビーシッターの手配が上手くいかず、仕方なく三つ子の甥[[ヒューイ・デューイ・ルーイ]]を大富豪の伯父[[スクルージ・マクダック]]に預けることにする。スクルージはかつて世界一の冒険家として名を馳せていたが、冒険をやめて既に10年が経っていた。ドナルドとの間にも何か因縁がある様子で、自邸にやってきた三つ子にも厳しく接する。軟禁され、暇を持て余していた三つ子の前に、変わり者の女の子ウェビーが現れる。ウェビーはスクルージ邸の家政婦、ミセス・ビークリーの孫娘で、同年代の友達が全くおらず、やってきた三つ子を見て大喜びする。4人はスクルージの倉庫へ暇つぶしに行くが、4人はそこでスクルージが冒険で手に入れた財宝の呪いを解いてしまうなど、騒ぎを起こしてしまう。スクルージはその解決に奔走するが、その中で冒険の楽しさや家族の大切さを思い出し、三つ子やドナルドと同居共に暮らことを決意する。同時に、ドナルドはかつてスクルージの冒険のパートナーであったことも明かされた。
 
デューイは、倉庫の絵画にスクルージ、ドナルドに加え、まだ見ぬ母とおぼしき女性(デラ・ダック)が描かれているのを見て、ウェビーと共にデラ失踪の謎を解き明かそうとする。2人が邸宅の書庫でデラのことを調べると、そこに「セレネの槍」が深く関わっていることを知る。最初は2人だけで「セレネの槍」の秘密を追っていたが、最終的にはヒューイ、ルーイもそこへ加担する。一方、ウェビーはふとしたことから年上の女の子リナと親友になり、邸宅へ招き入れる仲となる。ところが彼女は闇の魔女でおばのマジカ・デ・スペルに取り憑かれており、行動を制限されていた。マジカもまたスクルージと因縁があり、2人の友情を利用して彼が持つ幸運の[[10セント硬貨 (アメリカ合衆国)|10セントコイン]]を奪う機会を狙っていた。
 
ある時、スクルージは三つ子とウェビーがデラの謎を追っていたことを知ってしまい、真相を語る――10年前まで、スクルージはドナルド、デラと共に冒険して回っていたが、世界中行き尽くした3人は宇宙を目指すことにする。デラはもうすぐ産まれてくる子供達に星を贈りたいと考えていたが、ドナルドは危険だと反対していた。見かねたスクルージはサプライズで「セレネの槍」と名付けたロケットを造り、それを出産祝いにしようとしたが、これに気付いを知ったデラは無断で飛び立ってしまう。スクルージはデラの性格から無理に止められずにいたが、そのまま行方不明になってしまった。これがきっかけでによりスクルージとドナルドは険悪になり、残されたデラの子供達はドナルドが世話をすることになった――。これを聞いた三つ子は、母を失ったのはスクルージがデラを無理にでも止めなかったせいだと考え、非難する。口論の末、スクルージは再びドナルドらと険悪になり、自邸で独居する。
 
15年前、マジカはスクルージの10セントコインの力に目を付け、に入れるべく彼と対峙したが、逆にコインの中に封じ込められてしまう。その際、自分の影からリナを創り出し、スクルージに復讐をするためのスパイとしてこの世に遺した。スクルージの異変に気付いたマジカは、リナを操ってコインを奪い取り、自身を解放する代わりにスクルージをコインに封じ込めた。一方、三つ子たちは、ミセス・ビークリーからスクルージが破産寸前になるまでデラを捜索し続けていた事実こと知り聞き再びスクルージとよりを戻すことの和解を決心する。家族の働きによりスクルージは解放され、マジカは魔力を失い敗走する。ウェビーを守るためにマジカに反したリナは消されてしまったが、今はウェビーの影になりとして彼女を見守っている。
 
== キャラクター ==