「張載」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
鳳翔府[[眉県|郿県]]横渠の出身。[[嘉祐]]2年([[1057年]])に38歳で[[進士]]に合格して、[[安国市|祁州]]・[[敷州|鄜州]]・[[渭州]]などの地方官を歴任し、熙寧2年([[1069年]])の冬に朝廷に召されたが、[[王安石]]の新法に反対し、翌年病気を理由に帰郷、読書と思索に没頭した。熙寧10年([[1077年]])にも朝廷に召されたが志を得ず、その年の冬に辞職し、帰郷の途次に亡くなった。
 
「天地のために心を立て、生民のために道を立て、去聖のために絶学を継ぎ、万世のために太平を開く」という語で察せられるように、豪傑の性質を持つ。若い頃は兵法を好み、政治に情熱を燃やしたが、[[范仲淹]]に諭され『[[中庸]]』を授けられたのをきっかけに儒者に転じた。仏教・老荘の教えに一時心酔したが、嘉祐元年([[1056年]])に国都・[[開封]]で甥にあたる程氏兄弟([[程コウ|程顥]]・[[程頤]])と出会い、儒者としての自信を確立したという。それまで虎の皮に座って『[[易経|易]]』の講義をしていたのが、二程氏の『易』論を聴いて感服し、潔く虎皮を撤去して、門人たちを二程氏に師事させたという逸話がある。
 
== 思想 ==
7,757

回編集