「角運動量保存の法則」の版間の差分

m
微修正
m (誤り訂正)
m (微修正)
よって、[[質点]]に外力がまったく働かないか、あるいは外力が位置ベクトルに平行([[トルク]]が 0)であるならば、その質点の[[角運動量]]は保存される。
 
次に角運動量保存の証明を質点回転運動を一つの事例として行う。
 
まず、回転する質点質量をm、その半径をr、その質点の速度をvとすると、質点mへの遠心力はmv<small><sup>2</sup></small>/rとなる。