「権官」の版間の差分

編集の要約なし
(員外官をリンク(記事を分けたため))
'''権官'''(ごんかん)は、[[朝廷]]の[[官職]]について、正規の員数を越えて任命する官職。「権」は「仮」という意味。平安時代に多用された。ちなみに[[奈良時代]]には'''[[員外官]]'''(いんがいかん)が任命された。
 
== 解説 ==
[[平安時代]]には、[[公卿]]においては多数の権官が存在し、権官の席は常時誰かに占められていたとも言える。その理由としては、[[藤原氏]]をはじめとして名家の子弟や家長などは、一定の年齢に達すると、その実力とは別に、自動的に官位が与えられるのが慣習となっていたが、官職には定員が決まっていたため、定員外の権官として官職を授けざるを得なかったという事情がある。
 
 
==例==
* [[大納言]] → 権大納言
* [[中納言]] → 権中納言
* [[参議]] → 権参議
* [[少納言]] → 権少納言
* [[神祇官]] → 神祇権大副、神祇権少副、神祇権大祐、神祇権少祐
* [[八省]] → 権大輔、権少輔
* [[近衛府]] →(左/右)近衛権中将、(左/右)近衛権少将
* [[兵衛府]] →(左/右)兵衛権佐、(左/右)兵衛権尉、[[百官名]]としては[[権兵衛]](ごんのひょうえ)
* [[衛門府]] →(左/右)衛門権佐、(左/右)衛門権尉、百官名としては権左衛門、権右衛門
* [[国司]] → 権守(ごんのかみ)、権介(ごんのすけ)
* [[僧正]] → 権僧正
* [[宮司]]・[[禰宜]] → 権宮司・権禰宜 ([[神職#職階]]を参照)
 
==無関係==
* [[権助]] - 商家の下働き。または[[明治時代]]の官職。[[奏任官]]程度。
 
{{japanese-history-stub}}