「十段戦 (将棋)」の版間の差分

 
== 沿革 ==
* 1943年、[[讀賣報知]]紙上で、全八段・七段が参加する「九段設置戦」が開始<ref>[[加藤治郎]]、[[原田泰夫]]『[証言]将棋昭和史』(執筆)[[田辺忠幸]]、毎日コミュニケーションズ P.227「将棋昭和史年表」([[加藤久弥]]、[[越智信義]])</ref>。1945年まで行われたが、九段位は誕生しなかった<ref>[[加藤治郎]]、[[原田泰夫]]『[証言]将棋昭和史』(執筆)[[田辺忠幸]]、毎日コミュニケーションズ P.229「将棋昭和史年表」([[加藤久弥]]、[[越智信義]])</ref>。
 
* [[1948年]]、新棋戦として読売新聞社主催の'''全日本選手権戦'''が創設される。第1回全日本選手権戦は名人を含むトップ棋士10名(名人・A級7名・B級選抜2名)によるトーナメントで争われ、前名人の[[木村義雄]]が初代選手権者となった。
 
22,494

回編集