「十段戦 (将棋)」の版間の差分

* [[1949年]]、第2回全日本選手権では、出場者12名(名人・A級10名・B級選抜1名)を3つのブロックに振り分け、各ブロックのトーナメントを勝ち上がった3名による決勝リーグを行う方式に変更された。ところが、この年の決勝リーグでは全員が1勝1敗で並んでしまったため<ref>ちなみに、このときの[[木村義雄]]と[[升田幸三]]の対局は、翌朝4時過ぎまでかかった210手の対局の後に「ゴミハエ問答」が行われたことで知られる金沢決戦である(山本武雄『将棋百年』時事通信社、1976年、192-193頁)。</ref>、決勝リーグが再度行われ、結果、[[萩原淳]]が2勝0敗で選手権者となった(前選手権者の木村は1勝1敗の2位)。
 
* [[19501949年]]<ref>[[加藤治郎]]、[[原田泰夫]]『[証言]将棋昭和史』(執筆)[[田辺忠幸]]、毎日コミュニケーションズ P.234「将棋昭和史年表」([[加藤久弥]]、[[越智信義]])</ref>、名人戦の盛況を受けて読売新聞社と日本将棋連盟は全日本選手権戦をタイトル戦の'''九段戦'''(初年度は決勝三番勝負、翌年以降は九段と挑戦者との五番勝負)と'''名人九段戦'''(名人と九段戦勝者との五番勝負)に再編成。当時の最高段位が八段だったことに由来し、名人に次ぐ2つめのタイトルとして九段を制定した。ただし、全棋士参加の最高位棋戦である現在のタイトル戦とは異なり、九段のタイトルは'''名人以外の者'''によって争われ、九段のタイトルを獲得した者が名人との間で名人九段戦を行うという、2つの棋戦を合わせた二段階方式で全日本選手権者を決する仕組みであった。なお、九段戦は将棋愛好家であった[[秩父宮雍仁親王]]から優勝杯が下賜されることになり、'''秩父宮杯'''との別名でも呼ばれた。1950年<ref>[[加藤治郎]]、[[原田泰夫]]『[証言]将棋昭和史』(執筆)[[田辺忠幸]]、毎日コミュニケーションズ P.235「将棋昭和史年表」([[加藤久弥]]、[[越智信義]])</ref>、[[大山康晴]]が初代九段となり、名人九段戦でも名人の木村を下して第3回全日本選手権者となった。
 
* [[1952年]]、九段のタイトルを保持していた大山が木村から名人のタイトルを奪取。これにより、九段戦に本来は出場しないはずの名人が出場するという珍しい事態となった。九段戦に名人が出場してしまっては、その後に名人九段戦を行う意義が失われてしまうため、特例的な措置として、名人九段戦は新名人の大山ではなく引退した前名人の木村が出場し、三番勝負に縮小して開催された。
22,494

回編集