「2進接頭辞」の版間の差分

編集の要約なし
(MetaNest (会話) による ID:72660872 の版を取り消し)
タグ: 取り消し
タグ: Refタグつき記述の除去
 
== 経緯 ==
[[コンピュータ|デジタルコンピュータ]]が扱う<ref>「デジタルコンピュータが扱う」に限る理由も全く無く、人が扱うデータの量についても、アンドロメダ人が扱うデータの量についても、同様に使うことができる。</ref>[[データ]]の量ないし[[情報量]]大きさを表す単位([[ビット]]、[[バイト (情報)|バイト]]や[[8ビット|オクテット]])に付す接頭辞などとして使われることが専らであるが、通常の「キロ」などと同様に、[[物理量]]などの単位に対して単に倍率を表すのにすぎないのであるから、たとえば1024グラムのことを「1キビグラム」とするような用法も、意味的には全く問題は無い
 
2進接頭辞の名称に、[[SI接頭辞]]に由来するキロ、メガ、ギガ等を誤差を無視して流用する[[習慣|慣習]]があるが、俗習であり、[[国際度量衡総会]] (CGPM) で決定されたSI接頭辞は10の整数乗を表しSI接頭辞が2の冪乗を表すことはない。
匿名利用者