「加藤治郎 (棋士)」の版間の差分

* 1957年から1961年まで、二期四年[[日本将棋連盟]]会長を務めて、旧[[将棋会館]]を建設した<ref>『将棋のコマ音』(旺文社文庫)P.185-188</ref>。
* 1973年から、再び[[日本将棋連盟]]会長を務め、将棋会館新設にあたったが、A級棋士らの反対にあい、1974年に会長の座を[[塚田正夫]]にゆずった<ref>『将棋のコマ音』(旺文社文庫)P.188</ref>。1982年、連盟の名誉会長になる<ref>『将棋のコマ音』(旺文社文庫)著者紹介</ref>。
* 同1973年には、九段への昇段規定を緩和し、囲碁に比べて人数が少なかった将棋九段を増やす制度とした<ref>[[加藤治郎]]、[[原田泰夫]]『[証言]将棋昭和史』(執筆)[[田辺忠幸]]、毎日コミュニケーションズ P.76</REF>。
* また、[[NHK教育テレビジョン|NHK教育テレビ]]「将棋講座」の講師も務め、解り易い解説で親しまれた。
* 1948年に最初に刊行された<ref>『将棋のコマ音』(旺文社文庫)P.151</ref>名著『将棋は[[歩兵|歩]]から』の著者として知られる。同著書内に記述されている「タレ歩」「ダンスの歩」など歩の手筋の名付け親として有名。また「[[陽動振り飛車]]」「[[ガッチャン銀]]」「ちょんまげ美濃」「駅馬車定跡」「[[箱入り娘 (将棋)|箱入り娘]]」の名付け親も加藤である。なお「ちょんまげ美濃」に関しては加藤は気に入っておらず「この呼び方は我ながらいかにもまずい」といい、誰かいい名前をつけて欲しい旨の微妙な発言を残している。
22,494

回編集