「軌道離心率」の版間の差分

m
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
:<math>e={\frac{r_a-r_p}{r_a+r_p}}=1-\frac{2}{(r_a/r_p)+1}.</math>
== 例 ==
現在の[[地球]]の軌道離心率は0.0167である。[[惑星]]間[[重力]]の相互作用により、長年の間にほぼ0から約0.05までの間を振れている([[月]]は0.0549)。[[水星]]は0.2056と、[[太陽系]]の他の惑星と比べてかなり大きい値を持つ。[[準惑星]]の[[冥王星]]はさらに大きく0.248である。太陽系の[[小惑星]]のほとんどは0から0.35の間で、その平均は0.17であるが、比較的大きい値を持つものは、[[木星]]の強力な重力の影響による。太陽系天体の中で最も値が小さいのは[[海王星]]の最も大きな衛星である[[トリトン (衛星)|トリトン]]の0.000016である。太陽系内で観測された天体の中での最大記録は[[1980年]]に発見された[[ボーエル彗星]]の1.058であったが、[[2017年]]に発見された観測史上初の[[恒星間天体]]である[[オウムアムア (恒星間天体)|オウムアムア]]は1.199の[[双曲線軌道]]を描いており、最大値を更新した。
例えば、現在の[[地球]]の軌道離心率は0.0167である。[[惑星]]間[[重力]]の相互作用により、長年の間に、地球の軌道離心率はほぼ0から約0.05までの間を振れている。
 
別の例では、水星の軌道離心率は0.2056と、[[太陽系]]の他の惑星と比べてかなり大きい値を持つ。2006年の基準の変更により惑星から[[準惑星]]へ格下げとなった[[冥王星]]の軌道離心率はさらに大きく0.248である。[[月]]は0.0549である。
 
太陽系の[[小惑星]]のほとんどは0から0.35の間に軌道離心率を持ち、その平均は0.17である。比較的大きい値を持つものは、[[木星]]の重力の影響である。
 
[[彗星]]の軌道離心率はほぼ1に近い。[[周期彗星]]は非常に長細い楕円軌道で、その軌道離心率は1よりわずかに小さい。[[ハレー彗星]]の軌道離心率は0.967である。[[非周期彗星]]は放物線に近い軌道を描き、やはりその軌道離心率は1に近い。例えば[[ヘール・ボップ彗星]]、[[マックノート彗星 (C/2006 P1)|マックノート彗星]]の軌道離心率はそれぞれ0.995086、1.000030である。ヘール・ボップ彗星の値は1より小さいため実は楕円軌道で、紀元4380年には再び現れる。一方マックノート彗星は双曲線軌道で、太陽系から無限に遠く離れてゆく。
 
知られている中で最も真円の軌道を持つ天体は、[[白色矮星]]の[[EQ J190947-374414]]と連星になっている[[パルサー]][[PSR J1909-3744]]であり、そ軌道離心率は0.000000135である。
[[海王星]]の最も大きな衛星である[[トリトン (衛星)|トリトン]]は、既知の太陽系天体の中で最も小さな軌道離心率を持ち、その軌道離心率は0.000016である。
 
知られている中で最も真円の軌道を持つ天体は、[[白色矮星]]の[[EQ J190947-374414]]と連星になっている[[パルサー]]の[[PSR J1909-3744]]であり、その軌道離心率は0.000000135である。
 
== 関連項目 ==