メインメニューを開く

差分

○予算委員会について、審議の対象となる予算が既に成立している旨を加筆。○拒否の前提となる要求について、野党の要求である旨を加筆。
野党は審議拒否を行うと、国会を空転・空回しさせた、国会をさぼったなどと批判され<ref name="hbol_20180428">{{Cite news|url=https://hbol.jp/164739|title=野党の「審議拒否」は「サボり」なのか?|accessdate=2018-04-30|date=2018-04-28|author= 田中信一郎|newspaper= ハーバービジネスオンライン|publisher= 扶桑社}}</ref><ref>{{Cite tweet|author=[[山井和則]]|user=yamanoikazunori|number=240594162888630272|title=審議を拒否して、国会を空転させて、政権にダメージを与え、政権を倒そうとする方法は、国民からは理解は得られないと思います。私は与党議員として審議拒否はせず、引き続き会期末までしっかり仕事を続け、法案を成立させるべく頑張ります。気に入らないことがあれば、国会に来ない。それはおかしい!|date=2012-08-29|accessdate=2018-04-29}}</ref><ref>{{Cite news|url=https://www.fnn.jp/posts/00303500HDK|title=嘆く長老「総理が天を仰いで2時間無為に…」審議拒否の野党に自民反発「猛省しろ」|accessdate=2018-04-29|date=2018-04-27|author= 中西孝介|newspaper= FNNプライムオンライン}}</ref><ref>{{Cite news|url=https://www.sankei.com/politics/news/180426/plt1804260051-n1.html|title=「野党は猛省を」「奇妙な状況」 自民党が野党の欠席戦術を非難 粛々と審議進める方針|accessdate=2018-04-29|date=2018-04-26|author= 水内茂幸|coauthors= 長嶋雅子|newspaper= 産経ニュース}}</ref>、与党は審議拒否が行われている際に審議を行うと、強行であると批判を受けることがある<ref name="hbol_20180428" /><ref name="asahi_20120420"/><ref>{{Cite news|url=https://www.hokkaido-np.co.jp/article/184781|title=首相、働き方法案の成立に全力 野党「強行許さず」と反発|accessdate=2018-04-29|date=2018-04-27|newspaper= どうしん電子版|publisher= 北海道新聞}}</ref><ref>{{Cite news|url=http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201804/CK2018042802000141.html|title=東京新聞:働き方法案、審議強行 衆院本会議 6野党欠席の中|accessdate=2018-04-29|date=2018-04-28|author= 金杉貴雄|newspaper= TOKYO Web|publisher= 東京新聞}}</ref><ref>{{Cite news|url=https://mainichi.jp/articles/20180421/ddm/002/010/033000c|title=国会:空転 与党、強行批判を恐れ/野党、追及戦略描けず|accessdate=2018-04-29|date=2018-04-21|author1= 木下訓明|author2= 原田啓之|author3= 立野将弘|newspaper= 毎日新聞}}</ref>。度を越した審議拒否は世論の離反を招くため、野党側にも自制は働く<ref name=ito/>。
 
通常、審議拒否は野党の議事妨害戦術として行われるが、与党が野党の追及を恐れて委員会などの審議要求に応じない戦術や、国会を打ち切るといった戦術も、「与党による審議拒否」として、マスコミや野党から批判されることがある<ref>{{Cite web|url=http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/073/0590/07308060590002c.html|title=衆議院会議録情報 第073回国会 石炭対策特別委員会 第2号 昭和四十九年八月六日(火曜日)|accessdate=2019-04-24|date=1974-08-06|work=国会会議録検索システム|publisher=国立国会図書館|quote=政府・与党の審議拒否}}</ref><ref>{{Cite web|url=http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_kaigirokua.nsf/html/kaigirokua/000116620070306011.htm|title=第166回国会 本会議 第11号(平成19年3月6日(火曜日))|accessdate=2019-04-24|date=2007-03-06|publisher=衆議院|quote=与党の審議拒否}}</ref><ref>{{Cite web|url=http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/177/0014/17703040014002c.html|title=参議院会議録情報 第177回国会 予算委員会 第2号|accessdate=2019-04-24|date=2011-03-04|work=国会会議録検索システム|publisher=国立国会図書館|quote=三日の朝刊にも、与党による審議拒否、質疑時間も減らす作戦と書かれています。}}</ref><ref>{{Cite web|url=http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_kaigirokua.nsf/html/kaigirokua/000117820110914002.htm|title=第178回国会 本会議 第2号(平成23年9月14日(水曜日))|accessdate=2019-04-24|date=2011-09-14|publisher=衆議院|quote=与党の審議拒否}}</ref><ref>{{Cite web|url=http://archive.dpj.or.jp/diet/report/sogo/report2007/html/2_01.html|title=民主党国会レポート2007 第二章 『次の内閣』の活動 1 予算|accessdate=2019-04-24|date=2007-08|work=民主党アーカイブ|publisher=[[国民民主党|国民民主党 (日本 2018-)]]}}</ref><ref>{{Cite web|url=https://www.kisaburo.net/?p=674|title=与党の審議拒否|accessdate=2019-04-24|date=2011-03-08|author=とかい紀三朗|authorlink=渡海紀三朗|work=衆議院議員 とかい紀三朗 公式サイト}}</ref><ref>{{Cite web|url=https://www.jimin.jp/activity/colum/113890.html|title=谷垣禎一総裁代表質問〈要旨〉変わったのは政権の"表紙" | コラム | 自民党の活動|accessdate=2019-04-24|date=2011-09-27|work=機関紙「自由民主」第2479号|publisher=[[自由民主党]]}}</ref><ref>{{Cite news|url=https://www.kanaloco.jp/article/entry-148755.html|title=「原発ゼロ基本法案」 審議入り求め4党決起集会|accessdate=2019-04-24|date=2019-02-06|newspaper=カナロコ|publisher=神奈川新聞}}</ref><ref>{{Cite news|url=https://www.jiji.com/jc/article?k=2019041600565|title=野党「政府・与党が審議拒否」|accessdate=2019-04-17|date=2019-04-16|newspaper=時事ドットコム}}</ref><ref>{{Cite news|url=https://www.asahi.com/articles/ASM4J471LM4JUTFK00H.html|title=不祥事巡る予算委、与党が開催拒否 野党「審議拒否だ」|accessdate=2019-04-17|date=2019-04-16|newspaper=朝日新聞デジタル|author=山岸一生|coauthors=久永隆一}}</ref>。田中信一郎は2019年には与党が予算委員会の開催について、野党の要求を拒否した事例(なお、既に予算は成立している。<ref>{{Cite journal|date=2016-12|title=LAS VEGAS SANDS CORP., a Nevada corporation, Plaintiff, v. UKNOWN REGISTRANTS OF www.wn0000.com, www.wn1111.com, www.wn2222.com, www.wn3333.com, www.wn4444.com, www.wn5555.com, www.wn6666.com, www.wn7777.com, www.wn8888.com, www.wn9999.com, www.112211.com, www.4456888.com, www.4489888.com, www.001148.com, and www.2289888.com, Defendants.|url=http://dx.doi.org/10.1089/glre.2016.201011|journal=Gaming Law Review and Economics|volume=20|issue=10|pages=859–868|doi=10.1089/glre.2016.201011|issn=1097-5349}}</ref>)もみられているとして、与党も様々な形で「審議拒否」を行っているが、野党の審議拒否に比べて、「与党の審議拒否」は有権者に分かりづらいと指摘している<ref>{{Cite news|url=https://hbol.jp/190511|title=与党の審議拒否は、国会制度の想定を超えた蛮行。これこそが「サボり」である|accessdate=2019-04-24|date=2019-04-18|publisher=ハーバービジネスオンライン|author=田中信一郎}}</ref>。
 
==意見==
5

回編集