「エア・コンディショナー」の版間の差分

m
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
* マルチ式 - 圧縮機・凝縮器が一体となった室外機と、蒸発器が内蔵された複数の室内機を冷媒配管で接続したもの。業務(ビル)用の主流。家庭用にも販売されているが、実例は少ない。
 
=== 室内機の形態 ===
* 床置き型(スタンドスタイル) - 業務(ビル)用の古い([[1970年代]]まで使われた)タイプ。[[タンス]]程度の大きさ、あるいは窓際に高さ1メートル程度の上部に噴出し口を持つ室内機が、壁際にむき出しで設置されている。室内機の分、床面積が減るため新規の建物では使われなくなった。現在でも古い[[地下鉄]][[鉄道|駅]][[工場]][[事務室]]などでよく見かける事ができる。[[大韓民国|韓国]]では家庭用タイプにおいても室内機が壁掛け型よりも床置き型の方が多い。なお、室外圧縮・凝縮器・蒸発器・送風機を一体として、[[キャスター (移動用部品)|キャスター]]がついて自由に移動できるものは[[冷風機]]として、業務用・家庭用共に販売されている。
* 壁掛け型 - 家庭用セパレートタイプ。
* 天井吊型 - 倉庫などのような天井骨組みがむき出しの場合に使われる。
20,314

回編集