「スーパードンキーコング」の版間の差分

WP:LSに従い冒頭文に加筆、Template:コンピュータゲーム内にTemplate:Collapsible listを適用、PJ:CVGに従い他機種版の節を移植版として復帰
(勝手に単語表記にしない)
(WP:LSに従い冒頭文に加筆、Template:コンピュータゲーム内にTemplate:Collapsible listを適用、PJ:CVGに従い他機種版の節を移植版として復帰)
| Title = スーパードンキーコング<br />''Donkey Kong Country''
| Genre = [[アクションゲーム|横スクロールアクション]]
| Plat = [[スーパーファミコン]](SFC) (SFC){{Collapsible list |title = 対応機種一覧 |1 = [[ニンテンドウパワー]] (NP)<br />[[ゲームボーイアドバンス]](GBA) (GBA)<br />[[Wii]]<br />[[Wii U]]<br />[[Newニンテンドー3DS]](New3DS) (New3DS)}}
| Dev = [[レア (企業)|レア]]
| Pub = [[任天堂]]
| Play = 1 - 2人(交互、同時プレイ)<br />New3DS:1人
| Media = 32[[メガビット]][[ロムカセット]]
| Date = '''SFC'''<br />{{Flagiconvgrelease new|EU}} [[|1994年]][[-11-24日]]<br />{{Flagicon|USA}} NA|1994年[[-11-25日]]<br />|JP|1994-11-26}}{{FlagiconCollapsible list |JPN}}title 1994年[[11月26= 発売]]<br一覧 |1 = />'''SFCNP'''([[ニンテンドウパワー]])<br />{{Flagiconvgrelease new|JPNJP|1997-09-30}} [[1997年]][[9月30日]]<br />'''GBA'''<br />{{Flagiconvgrelease new|EU}} [[|2003年]][[6月6日]]<br />{{Flagicon-06-06|NA|USA}} 2003年[[6月9日]]<br />{{Flagicon-06-09|JP|JPN}} 2003年[[-12-12日]]<br />}}'''Wii'''<br />{{Flagiconvgrelease new|AU}} [[|2006年]][[-12月7日]]<br />{{Flagicon-07|EU}} |2006年[[-12月8日]]<br />{{Flagicon-08|JP|JPN}} 2006年[[-12-12日]]<br />{{Flagicon|USANA|2007-02-19}} [[2007年]][[2月19日]]<br />{{Flagicon|KOR}} [[2008年]][[5月26日]]<br />'''Wii U'''<br />{{Flagiconvgrelease new|EU}} [[|2014年]][[-10-16日]]<br />{{Flagicon|JPN}} JP|2014年[[-11-26日]]<br />{{Flagicon|USANA|2015-02-26}} [[2015年]][[2月26日]]<br />'''New3DS'''<br />{{Flagiconvgrelease new|JP|JPN}} [[2016年]][[3月4日]]<br />{{Flagicon-03-04|USANA|2016-03-24}}{{Flagicon|EU}} 2016年[[3月24日]]
| Rating = {{vgrelease new|EU|{{PEGI-3}}<br />|NA|{{ESRB-E}}<br />|JP|{{CERO-A}}}}
| ContentsIcon =
| Download content =
| etc = 型式:{{vgrelease new|EU|SNSP-8X-NOE|NA|SNS-8X-USA|JP|SHVC-8X}}
}}
『'''スーパードンキーコング'''』(''{{lang|en|Super Donkey Kong}}'')は、[[1994年]]にイギリスの[[レア (企業)|レア]]が開発、[[任天堂]]が発売した[[スーパーファミコン]]用[[アクションゲーム|横スクロールアクションゲーム]]。日本では[[1994年]][[11月26日]]に[[スーパーファミコン]]向けに発売された。日本国外でのタイトルは'''{{lang|en|DONKEY KONG COUNTRY}}'''。日本国内での売上本数はスーパーファミコン用ソフトとしては歴代第4位を記録する<ref name="natsukashi">[http://qbq.jp/ 株式会社QBQ]編 『[http://diapress.jp/archives/7402.html 懐かしスーパーファミコン パーフェクトガイド]』 [http://www.magazinebox.co.jp/ マガジンボックス](M.B.ムック)、2016年。ISBN 9784866400082 p8</ref>
 
任天堂のアーケードゲーム『[[ドンキーコング]]』([[1981年]])を元に、レア社が独自で開発したゲーム。ディレクターはティム・スタンパー、音楽は[[デビッド・ワイズ|デヴィッド・ワイズ]]、[[イーブリン・フィッシャー]]、ロビン・ビーンランドが担当している。ゲーム内容は、主人公「ドンキー」を操作し、クレムリン軍に奪われたバナナを取り戻すことを目的としている。
本項では、本作を元に製作された[[ゲームボーイ]]用ソフト『'''スーパードンキーコングGB'''』( - ジービー、以下『GB』)、SFC版のリメイク作『'''ドンキーコング2001'''』(以下『2001』)、ゲームボーイアドバンス版での移植バージョン(以下GBA版)についても扱う。なお、『GB』の日本国外のタイトルは“'''{{lang|en|DONKEY KONG LAND}}'''”である。
 
[[1997年]]に日本国内では[[ニンテンドウパワー]]対応ソフトとして発売された他、[[2000年]]にはリメイクされ日本では[[ゲームボーイカラー]]用ソフト『'''ドンキーコング2001'''』として発売、さらに[[2003年]]には[[ゲームボーイアドバンス]]用ソフトとして移植版が発売された。
 
スーパーファミコン版は[[2006年]]に[[Wii]]用ソフトとして、[[2014年]]には[[Wii U]]用ソフトとして、[[2016年]]には[[Newニンテンドー3DS]]用ソフトとしてそれぞれ[[バーチャルコンソール]]にて配信された。
 
スーパーファミコン版はゲーム誌『[[ファミ通|ファミコン通信]]』の「[[クロスレビュー]]」にてシルバー殿堂入りを獲得した他、日本国内での売上本数はスーパーファミコン用ソフトとしては歴代第4位を記録した<ref name="natsukashi">[http://qbq.jp/ 株式会社QBQ]編 『[http://diapress.jp/archives/7402.html 懐かしスーパーファミコン パーフェクトガイド]』 [http://www.magazinebox.co.jp/ マガジンボックス](M.B.ムック)、2016年。ISBN 9784866400082 p8</ref>。
 
本項では、本作を元に製作された[[ゲームボーイ]]用ソフト『'''スーパードンキーコングGB'''』( - ジービー、以下『GB』)、SFC版のリメイク作『'''ドンキーコング2001'''』(以下『2001』)、ゲームボーイアドバンス版での移植バージョン(以下GBA版)についても扱う。なお、『GB』の日本国外のタイトルは“''{{lang|en|Donkey Kong Land}}''”である。
 
== 概要 ==
** プレイヤー数は2人で、プレイヤー1がドンキーを、プレイヤー2がディディーを操作して、1つのデータを協力して攻略する。
 
=== 基本ルールシステム ===
基本は横スクロールのアクションゲームで、待ち受ける敵を倒したり避けたりしながら、ステージの最後にあるゴール(「EXIT」と書かれた看板のある出口)にたどり着けばステージクリアになる(ボスステージではボスとの対決のみが行なわれ、倒すとクリアになる)。コースは6つの「レベル」に分かれ、1レベルあたりそれぞれ5-6のステージとボスステージで構成されている。ステージの分岐という概念はなく、順番にこなしていく必要がある。ただし、一度クリアしたステージは何度でもプレイすることができる。
 
; ファンキーバレル
: ジェット機がタルに埋め込まれているようなデザイン。ファンキーコングからレンタルしてもらえる飛行機。行ったことのあるレベルやコースを選択できる。
 
== キャラクター ==
作中の声は全て開発スタッフのケヴィン・ベイリスが担当。
=== 使用可能キャラクター ===
; [[ドンキーコング (ゲームキャラクター・2代目)|ドンキーコング]]
: [[ゴリラ]]。赤いネクタイがトレードマークの自称「ジャングルの王者」(現在は正式なジャングルの王者となっている)で[[バナナ]]が大好物。旧作『ドンキーコング』に登場していた初代ドンキーコング(現・クランキーコング)の孫<ref group="注釈">ただし、『スーパードンキーコング』の説明書には「親戚」と記述されている。</ref>で、祖父からその名を譲り受けた。現行のドンキーコングは彼のことを指し、続編やリメイクではネクタイに「DK」マークが入っている。ハンドスラップを始め、パワフルなアクションを得意とし、ドンキーでなければ倒せない敵がいる反面、機敏性には欠ける。ボーナスチャレンジに成功すると拍手して指を上げた後、両手を組んで頭の上に挙げながら大喜びになるが、ボーナスチャレンジに失敗すると手のひらを目を覆った後、がっかりする。本作では敵にやられると頭を掻く。
; [[ディディーコング]]
: [[チンパンジー]]。親友かつ相棒であるドンキーに憧れており、赤い服と[[帽子]]がトレードマーク。続編やリメイクでは服に星のマークが入っている。攻撃力が低いため、踏み付けでは倒せない相手が多いが、スピードとジャンプ等身軽さを活かしたアクションを得意とし、素早い移動に長ける。ボーナスチャレンジに成功すると帽子を高く上げてウインクし、キャッチするが、ボーナスチャレンジに失敗すると帽子を投げて踏みつけながら怒る。本作では敵にやられると目を回し、頬を撫でる。
 
=== 味方 ===
==== コングファミリー ====
ドンキーとディディーを道中でサポートしてくれる猿の仲間達。マップ上の拠点でコングたちが訪れるのを待っており、立ち寄ると下記の助力を得られる。
{{main2|[[コングファミリー]]の記事も}}
; [[ドンキーコング (ゲームキャラクター・初代)|クランキーコング]]
: ゴリラ。若い頃に[[マリオ (ゲームキャラクター)|マリオ]]と戦った元祖ドンキーコング当人である。本作からはこの年老いた姿だが、寄る年波のためか[[ロッキングチェア]]に座っている。長老で物知りのため各種アドバイスを行なうが、長話と説教癖があり、ドンキーたちに対して杖で叩くこともある。稀にボーナスステージのヒントをくれる。
; [[コングファミリー#ファンキーコング|ファンキーコング]]
: ゴリラ。ドンキーの親友であり、[[バンダナ]]と[[サングラス]]を着用した陽気な性格。趣味は[[サーフィン]]。ファンキーバレル空港を経営しており、既にクリアしたレベルやステージに連れていってくれる。島の事情に明るいため役立つ情報をくれることもある。
; [[コングファミリー#キャンディーコング|キャンディーコング]]
: ドンキーとファンキーの憧れの女性コング。セーブバレルを用意しており、これまでのデータを記録してくれる。
: 『2001』ではオートセーブ制なので、代わりにミニゲームに挑戦することが可能。クリアすると特典つきのメダルが貰える。
 
==== アニマルフレンド ====
{{main2|[[アニマルフレンド]]の記事も}}
; ランビ
: [[サイ]]。踏みつけ以外にも鋭い角で攻撃できるため、前方なら直接敵に触れるだけで倒すことができる。非常に力が強いため、通常ならタルが必要になる壁を直接壊してボーナスステージなどに行くことも可能。
; エクスプレッソ
: [[ダチョウ]]。足が速く、空中でゆっくりと下降するホバリングが可能(ボタン連打で降下を抑えられる)。足元にいる小さい敵を無視して通過できるが、足が弱いため踏みつけはできない。
; スコークス
: [[インコ目|オウム]]。コングたちの後ろをついてきて、暗い洞窟を[[照明|ライト]]で照らしてくれる。乗ることは出来ず、攻撃もしない。「トーチライトトンネル」のみ登場する。
; エンガード
: [[カジキ]]。水中を平行に泳げるうえ、長い鼻で前方を攻撃可能。水中では唯一の攻撃手段となる。
; ウィンキー
: [[カエル]]。非常に高いハイジャンプが可能で、脚力が強いためランビ並に様々な敵を踏みつけで倒せる。ウィンキーに乗っている時のみ、ジンガーを踏みつけで倒せる。
 
=== クレムリン軍団 ===
[[ワニ]]で構成された軍団。敵キャラクターの主力。
; クリッター
: 格下で、二足歩行。色によって行動が異なり、緑は歩行・茶色はその場でステップを3回行った後に垂直ジャンプ・青はジャンプ移動・灰はステップしながら前進した後、ジャンプ移動・黄はひたすらジャンプ往復を行う。『2001』ではカラーリングがやや異なる。
; クラップトラップ
: 通常のワニと同じ四足歩行。口が非常に大きいためローリングアタックでは返り討ちに遭う。色によって行動が異なり、青は歩行・紫はこちらに合わせてジャンプを行う。『2001』ではカラーリングが異なる。続編『2』に登場するクランポンの弟でもある。
; ロッククロック
: 二足歩行で目が赤く光っている。「ストップ&ゴーステーション」にのみ登場。高速で往復し、皮膚が非常に固くこちらの踏みつけを返り討ちにする。「ストップ・ゴーバレル」でストップさせると岩のように丸まり、動きを止められる。基本的に無敵でローリングアタックやタル投げでも通過するのみだが、動きが止まっている時ならSFC版に限りハンドスラップで倒せる。クレムリン軍団の中で唯一、イニシャルが「K」でない。
; クランプ
: 二足歩行でやや太っている。[[ヘルメット]]をかぶっており、ディディーの踏みつけを無効化するが、それ以外の攻撃なら倒せる。
; クラッシャ
: 二足歩行で[[ボディビル]]をしている。飛び道具はひと通り有効だが、直接攻撃で倒すにはドンキーかアニマルフレンドで踏みつけるしかない(ディディーの踏みつけ攻撃や体当たり攻撃は跳ね返してしまう)。ただしハンドスラップで何度でもバナナを盗むことは可能。灰色の強化版はジンガー同様、全ての直接攻撃を返し討ちにする上、バナナも持っていない(タル投げ攻撃でのみ倒せる)。『2001』ではカラーリングが異なる。
; クラッシュ
: [[トロッコ]]に乗っているクリッター。コースを逆走しているが、行き場が無くなって立ち往生しているものもいる。トロッコごと踏むとダメージを受けるが、直接踏めば倒してトロッコを横取りできる。
 
=== 通常の敵 ===
==== 地上 ====
; ノーティ
: [[ビーバー]]。色によって大きく特徴が異なり、緑は歩行するだけでどんな攻撃も通じる。赤は巨大な石臼を回しており、石臼ごと体当りしてくる上に無敵(SFC版ではロッククロック同様にローリングアタックでの素通りは可能)。ダメージを受けた時の声はディディーと同じ。
; [[アーミー]]
: [[アルマジロ]]。通常はどんな攻撃でも有効だが、近づくと丸まって高速で転がってくる。回転中は直接攻撃しても回転を解除するだけでダメージを与えられない。ただしドンキーで踏みつけると回転中でも倒せる。
; スリッパー
: [[ヘビ|蛇]]。どんな攻撃でも倒せる。ステージによってはドラム缶から現れたり、上から急降下してきたり、狭い隙間にも入ってくる。
; マンキーコング
: [[オランウータン]]。昔はコングファミリーだったが、クレムリン軍団に寝返った。倒すまではひたすらタルを投げてくる(タルはコングの直接攻撃では返り討ちに遭う)。また、飛び越えたりした場合はドンキー達の居る方向を向いてからタルを投げてくる。ドンキーなら1回の攻撃で、ディディーならタイミングが良ければ1回・悪くても2回の攻撃で倒せる。この敵のみ、画面を左右に切り替えると時々復活してくることがある。
; スピナー
: トゲ付きの[[タイヤ]]。常に回転しており、移動するタイプもある。水中に出現する場合もあり、アニマルフレンド達を全て返り討ちにする上、全ての攻撃が無効。
 
==== 空中 ====
; ジンガー
: [[ハチ|蜂]]。空中を飛び、色によって挙動が異なる。橙は停止や左右移動・黄は上下移動・緑は半円状の往復・赤は円状移動を行う。背中にトゲがあり、銀色のクラッシャ同様に全ての直接攻撃を返り討ちにする。タル投げやアニマルフレンドの攻撃であれば倒せる。『2001』では黄に統一された。続編『2』にも本作の敵から唯一登場する(ただし、サイズは小さくなっている)。
; ネッキー
: [[ハゲワシ]]。どんな攻撃でも倒せる。空中を飛ぶタイプと、地上でココナッツを投げるタイプがいる。
; ミニネッキー
: 小型のネッキー。一定のタイミングでココナッツを吐いてくる(マンキーコングと同様、飛び越えたりした場合は即座に向きを変えてココナッツを吐く)。ステージによっては上下に移動しながらココナッツを吐く個体もいる。「トリックトラックリフト」ではこの敵が出てくる場面になると、リフトの速度が遅くなる。
 
==== 水中 ====
; バイトサイズ
: [[ピラニア]]。コングの動きに関係無く一方向に泳ぎ続ける。
; クロクトパス
: [[タコ]]。刃物のように回転する足により、エンガードでも倒せない。色によって挙動が異なる。紫は一定軌道の周回を続ける。青は普段は待機しており、こちらが近づくと一定ルートを一方通行で移動し、移動が終わると停止する。
; チョンプス
: 緑色の[[サメ]]。水中を一直線か、往復しながら泳いでいる。
; チョンプスJr.
: 小型のチョンプスで、色は青。特定の場所を往復している他、珊瑚の中からいきなり現れることもある。
; クランボー
: [[二枚貝]]。[[真珠]]を飛ばして攻撃してくる。殻が硬いためエンガードでも倒せない。
; スクイッジ
: 流線型の[[クラゲ]]。斜め方向やジグザグに泳ぐ。
 
=== ボス ===
各レベル最後のコースにいる。『GB』では倒すと自動的にセーブされる。
; ノーティ (ベリーノーティ)
: 緑色の大きなノーティ(GBA版では茶色)。画面中をひたすら飛び跳ねる。ローリングアタックは弾かれるが、踏みつけを繰り返すことによって倒せる。踏みつける度にジャンプの距離が伸び、スピードが上がる。GBA版では踏みつける度に大ジャンプを行う。
; ネッキー (マスターネッキー)
: 大きなピンク色のネッキー。画面の端から顔だけ出して巨大なココナッツを吐いてくる。踏みつけを繰り返すことによって倒せる。
; クイーンB
: 大きなジンガーの[[女王蜂]]。ジンガー同様に直接攻撃は返り討ちにされるため、出現するタルでダメージを与える。攻撃後はしばらく無敵になり、この時はSFC版だと上下に激しく動き、GBA版だと周囲に配下のジンガーを出現させる。ジンガーが1匹でも周りにいる間は無敵。
; いかりのノーティ (リアリーノーティ)
: 赤茶色の大きなノーティ(GBA版では緑)。踏みつける度に大ジャンプで襲ってくる(GBA版ではさらに氷柱を落とす)。大ジャンプをやめるまでこちらの攻撃は無効で、踏みつける度に大ジャンプの回数が増え、飛び跳ねる際の距離も伸びる。
; ダムドラム
: 大きなドラム缶の怪物。上空からのプレス攻撃と、雑魚敵(クリッター、スリッパー、クラップトラップ、クランプ、アーミー)の排出を行なう。なおダムドラムが出す敵にはハンドスラップが通用しない。
: 直接攻撃は全て返り討ちにするが、SFC版では出てくる敵を倒し続ければ自滅する。GBA版では敵を倒した後に出現するTNTバレルを当ててダメージを与えるように変更された。
; いかりのネッキー (マスターネッキーシニア)
: 大きな紫のネッキー。踏みつける度に吐くココナッツが増える。GBA版では紫とピンクの2匹1組で襲ってくる。ココナッツを全て吐ききるまでこちらの攻撃は無効。
; [[キングクルール]]
: 最終ボス。王冠を投げつけて攻撃してくる他、ダッシュ攻撃や、ステージの端から端までの大ジャンプ、地響きを起こして鉄球を落とすなど多彩な攻撃手段を持つ。弱点が踏みつけなのはこれまでの多くの敵と同じだが、頭に王冠があると踏みつけても返り討ちに遭う。偽エンディングを使っての大掛かりなだまし討ちも行なう。
 
== 設定 ==
: ラストレベルに登場。[[船]]の[[デッキ]]が舞台。キングクルール戦専用で、外見は木製だが鉄球の落下に耐えられる頑丈な作り。
{{節スタブ}}
 
== SFC版とGBA版の違い ==
== キャラクター ==
作中の声は全て開発スタッフのケヴィン・ベイリスが担当。
=== 使用可能キャラクター ===
; [[ドンキーコング (ゲームキャラクター・2代目)|ドンキーコング]]
: [[ゴリラ]]。赤いネクタイがトレードマークの自称「ジャングルの王者」(現在は正式なジャングルの王者となっている)で[[バナナ]]が大好物。旧作『ドンキーコング』に登場していた初代ドンキーコング(現・クランキーコング)の孫<ref group="注釈">ただし、『スーパードンキーコング』の説明書には「親戚」と記述されている。</ref>で、祖父からその名を譲り受けた。現行のドンキーコングは彼のことを指し、続編やリメイクではネクタイに「DK」マークが入っている。ハンドスラップを始め、パワフルなアクションを得意とし、ドンキーでなければ倒せない敵がいる反面、機敏性には欠ける。ボーナスチャレンジに成功すると拍手して指を上げた後、両手を組んで頭の上に挙げながら大喜びになるが、ボーナスチャレンジに失敗すると手のひらを目を覆った後、がっかりする。本作では敵にやられると頭を掻く。
; [[ディディーコング]]
: [[チンパンジー]]。親友かつ相棒であるドンキーに憧れており、赤い服と[[帽子]]がトレードマーク。続編やリメイクでは服に星のマークが入っている。攻撃力が低いため、踏み付けでは倒せない相手が多いが、スピードとジャンプ等身軽さを活かしたアクションを得意とし、素早い移動に長ける。ボーナスチャレンジに成功すると帽子を高く上げてウインクし、キャッチするが、ボーナスチャレンジに失敗すると帽子を投げて踏みつけながら怒る。本作では敵にやられると目を回し、頬を撫でる。
 
=== 味方 ===
==== コングファミリー ====
ドンキーとディディーを道中でサポートしてくれる猿の仲間達。マップ上の拠点でコングたちが訪れるのを待っており、立ち寄ると下記の助力を得られる。
{{main2|[[コングファミリー]]の記事も}}
; [[ドンキーコング (ゲームキャラクター・初代)|クランキーコング]]
: ゴリラ。若い頃に[[マリオ (ゲームキャラクター)|マリオ]]と戦った元祖ドンキーコング当人である。本作からはこの年老いた姿だが、寄る年波のためか[[ロッキングチェア]]に座っている。長老で物知りのため各種アドバイスを行なうが、長話と説教癖があり、ドンキーたちに対して杖で叩くこともある。稀にボーナスステージのヒントをくれる。
; [[コングファミリー#ファンキーコング|ファンキーコング]]
: ゴリラ。ドンキーの親友であり、[[バンダナ]]と[[サングラス]]を着用した陽気な性格。趣味は[[サーフィン]]。ファンキーバレル空港を経営しており、既にクリアしたレベルやステージに連れていってくれる。島の事情に明るいため役立つ情報をくれることもある。
; [[コングファミリー#キャンディーコング|キャンディーコング]]
: ドンキーとファンキーの憧れの女性コング。セーブバレルを用意しており、これまでのデータを記録してくれる。
: 『2001』ではオートセーブ制なので、代わりにミニゲームに挑戦することが可能。クリアすると特典つきのメダルが貰える。
 
==== アニマルフレンド ====
{{main2|[[アニマルフレンド]]の記事も}}
; ランビ
: [[サイ]]。踏みつけ以外にも鋭い角で攻撃できるため、前方なら直接敵に触れるだけで倒すことができる。非常に力が強いため、通常ならタルが必要になる壁を直接壊してボーナスステージなどに行くことも可能。
; エクスプレッソ
: [[ダチョウ]]。足が速く、空中でゆっくりと下降するホバリングが可能(ボタン連打で降下を抑えられる)。足元にいる小さい敵を無視して通過できるが、足が弱いため踏みつけはできない。
; スコークス
: [[インコ目|オウム]]。コングたちの後ろをついてきて、暗い洞窟を[[照明|ライト]]で照らしてくれる。乗ることは出来ず、攻撃もしない。「トーチライトトンネル」のみ登場する。
; エンガード
: [[カジキ]]。水中を平行に泳げるうえ、長い鼻で前方を攻撃可能。水中では唯一の攻撃手段となる。
; ウィンキー
: [[カエル]]。非常に高いハイジャンプが可能で、脚力が強いためランビ並に様々な敵を踏みつけで倒せる。ウィンキーに乗っている時のみ、ジンガーを踏みつけで倒せる。
 
=== クレムリン軍団 ===
[[ワニ]]で構成された軍団。敵キャラクターの主力。
; クリッター
: 格下で、二足歩行。色によって行動が異なり、緑は歩行・茶色はその場でステップを3回行った後に垂直ジャンプ・青はジャンプ移動・灰はステップしながら前進した後、ジャンプ移動・黄はひたすらジャンプ往復を行う。『2001』ではカラーリングがやや異なる。
; クラップトラップ
: 通常のワニと同じ四足歩行。口が非常に大きいためローリングアタックでは返り討ちに遭う。色によって行動が異なり、青は歩行・紫はこちらに合わせてジャンプを行う。『2001』ではカラーリングが異なる。続編『2』に登場するクランポンの弟でもある。
; ロッククロック
: 二足歩行で目が赤く光っている。「ストップ&ゴーステーション」にのみ登場。高速で往復し、皮膚が非常に固くこちらの踏みつけを返り討ちにする。「ストップ・ゴーバレル」でストップさせると岩のように丸まり、動きを止められる。基本的に無敵でローリングアタックやタル投げでも通過するのみだが、動きが止まっている時ならSFC版に限りハンドスラップで倒せる。クレムリン軍団の中で唯一、イニシャルが「K」でない。
; クランプ
: 二足歩行でやや太っている。[[ヘルメット]]をかぶっており、ディディーの踏みつけを無効化するが、それ以外の攻撃なら倒せる。
; クラッシャ
: 二足歩行で[[ボディビル]]をしている。飛び道具はひと通り有効だが、直接攻撃で倒すにはドンキーかアニマルフレンドで踏みつけるしかない(ディディーの踏みつけ攻撃や体当たり攻撃は跳ね返してしまう)。ただしハンドスラップで何度でもバナナを盗むことは可能。灰色の強化版はジンガー同様、全ての直接攻撃を返し討ちにする上、バナナも持っていない(タル投げ攻撃でのみ倒せる)。『2001』ではカラーリングが異なる。
; クラッシュ
: [[トロッコ]]に乗っているクリッター。コースを逆走しているが、行き場が無くなって立ち往生しているものもいる。トロッコごと踏むとダメージを受けるが、直接踏めば倒してトロッコを横取りできる。
 
=== 通常の敵 ===
==== 地上 ====
; ノーティ
: [[ビーバー]]。色によって大きく特徴が異なり、緑は歩行するだけでどんな攻撃も通じる。赤は巨大な石臼を回しており、石臼ごと体当りしてくる上に無敵(SFC版ではロッククロック同様にローリングアタックでの素通りは可能)。ダメージを受けた時の声はディディーと同じ。
; [[アーミー]]
: [[アルマジロ]]。通常はどんな攻撃でも有効だが、近づくと丸まって高速で転がってくる。回転中は直接攻撃しても回転を解除するだけでダメージを与えられない。ただしドンキーで踏みつけると回転中でも倒せる。
; スリッパー
: [[ヘビ|蛇]]。どんな攻撃でも倒せる。ステージによってはドラム缶から現れたり、上から急降下してきたり、狭い隙間にも入ってくる。
; マンキーコング
: [[オランウータン]]。昔はコングファミリーだったが、クレムリン軍団に寝返った。倒すまではひたすらタルを投げてくる(タルはコングの直接攻撃では返り討ちに遭う)。また、飛び越えたりした場合はドンキー達の居る方向を向いてからタルを投げてくる。ドンキーなら1回の攻撃で、ディディーならタイミングが良ければ1回・悪くても2回の攻撃で倒せる。この敵のみ、画面を左右に切り替えると時々復活してくることがある。
; スピナー
: トゲ付きの[[タイヤ]]。常に回転しており、移動するタイプもある。水中に出現する場合もあり、アニマルフレンド達を全て返り討ちにする上、全ての攻撃が無効。
 
==== 空中 ====
; ジンガー
: [[ハチ|蜂]]。空中を飛び、色によって挙動が異なる。橙は停止や左右移動・黄は上下移動・緑は半円状の往復・赤は円状移動を行う。背中にトゲがあり、銀色のクラッシャ同様に全ての直接攻撃を返り討ちにする。タル投げやアニマルフレンドの攻撃であれば倒せる。『2001』では黄に統一された。続編『2』にも本作の敵から唯一登場する(ただし、サイズは小さくなっている)。
; ネッキー
: [[ハゲワシ]]。どんな攻撃でも倒せる。空中を飛ぶタイプと、地上でココナッツを投げるタイプがいる。
; ミニネッキー
: 小型のネッキー。一定のタイミングでココナッツを吐いてくる(マンキーコングと同様、飛び越えたりした場合は即座に向きを変えてココナッツを吐く)。ステージによっては上下に移動しながらココナッツを吐く個体もいる。「トリックトラックリフト」ではこの敵が出てくる場面になると、リフトの速度が遅くなる。
 
==== 水中 ====
; バイトサイズ
: [[ピラニア]]。コングの動きに関係無く一方向に泳ぎ続ける。
; クロクトパス
: [[タコ]]。刃物のように回転する足により、エンガードでも倒せない。色によって挙動が異なる。紫は一定軌道の周回を続ける。青は普段は待機しており、こちらが近づくと一定ルートを一方通行で移動し、移動が終わると停止する。
; チョンプス
: 緑色の[[サメ]]。水中を一直線か、往復しながら泳いでいる。
; チョンプスJr.
: 小型のチョンプスで、色は青。特定の場所を往復している他、珊瑚の中からいきなり現れることもある。
; クランボー
: [[二枚貝]]。[[真珠]]を飛ばして攻撃してくる。殻が硬いためエンガードでも倒せない。
; スクイッジ
: 流線型の[[クラゲ]]。斜め方向やジグザグに泳ぐ。
 
=== ボス ===
各レベル最後のコースにいる。『GB』では倒すと自動的にセーブされる。
; ノーティ (ベリーノーティ)
: 緑色の大きなノーティ(GBA版では茶色)。画面中をひたすら飛び跳ねる。ローリングアタックは弾かれるが、踏みつけを繰り返すことによって倒せる。踏みつける度にジャンプの距離が伸び、スピードが上がる。GBA版では踏みつける度に大ジャンプを行う。
; ネッキー (マスターネッキー)
: 大きなピンク色のネッキー。画面の端から顔だけ出して巨大なココナッツを吐いてくる。踏みつけを繰り返すことによって倒せる。
; クイーンB
: 大きなジンガーの[[女王蜂]]。ジンガー同様に直接攻撃は返り討ちにされるため、出現するタルでダメージを与える。攻撃後はしばらく無敵になり、この時はSFC版だと上下に激しく動き、GBA版だと周囲に配下のジンガーを出現させる。ジンガーが1匹でも周りにいる間は無敵。
; いかりのノーティ (リアリーノーティ)
: 赤茶色の大きなノーティ(GBA版では緑)。踏みつける度に大ジャンプで襲ってくる(GBA版ではさらに氷柱を落とす)。大ジャンプをやめるまでこちらの攻撃は無効で、踏みつける度に大ジャンプの回数が増え、飛び跳ねる際の距離も伸びる。
; ダムドラム
: 大きなドラム缶の怪物。上空からのプレス攻撃と、雑魚敵(クリッター、スリッパー、クラップトラップ、クランプ、アーミー)の排出を行なう。なおダムドラムが出す敵にはハンドスラップが通用しない。
: 直接攻撃は全て返り討ちにするが、SFC版では出てくる敵を倒し続ければ自滅する。GBA版では敵を倒した後に出現するTNTバレルを当ててダメージを与えるように変更された。
; いかりのネッキー (マスターネッキーシニア)
: 大きな紫のネッキー。踏みつける度に吐くココナッツが増える。GBA版では紫とピンクの2匹1組で襲ってくる。ココナッツを全て吐ききるまでこちらの攻撃は無効。
; [[キングクルール]]
: 最終ボス。王冠を投げつけて攻撃してくる他、ダッシュ攻撃や、ステージの端から端までの大ジャンプ、地響きを起こして鉄球を落とすなど多彩な攻撃手段を持つ。弱点が踏みつけなのはこれまでの多くの敵と同じだが、頭に王冠があると踏みつけても返り討ちに遭う。偽エンディングを使っての大掛かりなだまし討ちも行なう。
 
== 移植版 ==
{|class="wikitable" style="white-space:nowrap; font-size:85%"
|-
! No.
! タイトル
! 発売日
! 対応機種
! 開発元
! 発売元
! メディア
! 型式
! 備考
|-
| style="text-align:right" | 1
! スーパードンキーコング
| {{vgrelease new|JP|1997-09-30}}
| スーパーファミコン<br />([[ニンテンドウパワー]])
| レア
| 任天堂
| [[フラッシュメモリ|フラッシュロムカセット]]
| -
|
|-
| style="text-align:right" | 2
! {{vgrelease new|NA|Donkey Kong Land|EU|Donkey Kong Land|JP|ドンキーコング2001}}
| {{vgrelease new|NA|2000-11-04|EU|2000-11-17|JP|2001-01-21}}
| [[ゲームボーイカラー]]
| レア
| 任天堂
| 32メガビットロムカセット
| CGB-BDDJ
| リメイク版
|-
| style="text-align:right" | 3
! {{vgrelease new|EU|Donkey Kong Country|NA|Donkey Kong Country|JP|スーパードンキーコング}}
| {{vgrelease new|EU|2003-06-06|NA|2003-06-09|JP|2003-12-12}}
| [[ゲームボーイアドバンス]]
| レア
| 任天堂
| ロムカセット
| {{vgrelease new|EU|AGB-A5NP-EUR|NA|AGB-A5NE-USA|JP|AGB-P-A5NJ-JPN}}
| 売上:{{vgrelease new|JP|約25万本}}
|-
| style="text-align:right" | 4
! {{vgrelease new|AU|Donkey Kong Country|EU|Donkey Kong Country|JP|スーパードンキーコング|NA|Donkey Kong Country}}
| {{vgrelease new|AU|2006-12-07|EU|2006-12-08|JP|2006-12-12|NA|2007-02-19}}{{Flagicon|KOR}}2008年5月26日
| [[Wii]]
| レア
| 任天堂
| [[ダウンロード販売|ダウンロード]]<br />([[バーチャルコンソール]])
| -
| スーパーファミコン版の移植
|-
| style="text-align:right" | 5
! {{vgrelease new|EU|Donkey Kong Country|JP|スーパードンキーコング|NA|Donkey Kong Country}}
| {{vgrelease new|EU|2014-10-16|JP|2014-11-26|NA|2015-02-26}}
| [[Wii U]]
| レア
| 任天堂
| ダウンロード<br />(バーチャルコンソール)
| -
| スーパーファミコン版の移植
|-
| style="text-align:right" | 6
! {{vgrelease new|JP|スーパードンキーコング|NA|Donkey Kong Country}}
| {{vgrelease new|JP|2016-03-04|NA|2016-03-24}}
| [[Newニンテンドー3DS]]
| レア
| 任天堂
| ダウンロード<br />(バーチャルコンソール)
| -
| スーパーファミコン版の移植
|}
; SFC版とGBA版の違い
主な変更点を以下に記す。
* ドンキーとディディー両方がいるとき、空中のDKバレルは壊れなくなった。
{{コンピュータゲームレビュー
|title =
|Allgame = {{rating|4.5|5}} (SFC)<ref>{{cite web |url=http://www.allgame.com/game.php?id=2475&tab=review |title=Donkey Kong Country Review |author=Marriott, Scott Alan |website=[[:en:AllGame|AllGame]] |publisher=[[:en:All Media Network|All Media Network]] |accessdate=31 August 2013|archiveurl=https://web.archive.org/web/20141114125055/http://www.allgame.com/game.php?id=2475&tab=review|archivedate=14 November 2014}}</ref><br />{{rating|3.5|5}} (GBA)<ref>{{cite web|url=http://www.allgame.com/game.php?id=42630&tab=review|website=[[:en:AllGame|AllGame]]|publisher=[[:en:All Media Network|All Media Network]]|accessdate=7 February 2016|title=Donkey Kong Country|last=Marriott|first=Scott Alan|archiveurl=https://web.archive.org/web/20141114211741/http://www.allgame.com/game.php?id=42630&tab=review|archivedate=14 November 2014}}</ref>
|EGM = 9.25/10点 (SFC)<ref name=GameRankingsSNES/>
|EuroG = {{Rating|4|5}} (Wii)<ref name="mobygames_Wii">{{Cite web |author= |date= |url=http://www.mobygames.com/game/wii/donkey-kong-country |title=Donkey Kong Country for Wii (2006) - |website=[[:en:Moby Games|work=Moby Games]] |publisher=Blue Flame Labs |language=[[英語]] |accessdate=2018-01-02}}</ref>
|Fam = 31/40点 (SFC)<ref name="famitsu"/><br />(シルバー殿堂)
|GI = 9.5/10点 (SFC)<ref name=GameRankingsSNES/><br />9/10点 (GBA)<ref name="mobygames_GBA">{{Cite web |author= |date= |url=http://www.mobygames.com/game/gameboy-advance/donkey-kong-country |title=Donkey Kong Country for Game Boy Advance (2003) - |website=[[:en:Moby Games|work=Moby Games]] |publisher=Blue Flame Labs |language=[[英語]] |accessdate=2018-01-02}}</ref>
|GSpot = 7.9/10点 (GBA)<ref name="mobygames_GBA"/>
|IGN = 9.0/10点 (GBC)<ref>{{cite web|url=http://ca.ign.com/articles/2000/11/23/donkey-kong-country-8|publisher=[[IGN]]|title=Donkey Kong Country|accessdate=February 7, 2016|date=22 November 2000|last=Harris|first=Craig}}</ref><br />8.0/10点 (GBA)<ref>{{cite web|url=http://www.ign.com/articles/2003/06/06/donkey-kong-country-4 |archiveurl=https://web.archive.org/web/20131025032753/http://www.ign.com/articles/2003/06/06/donkey-kong-country-4 |archivedate=October 25, 2013 |date=June 6, 2003 |last=Harris |first=Craig |accessdate=February 11, 2016 |title=Donkey Kong Country |dead-url=yes }}</ref><br />8.5/10点 (Wii)<ref name=IGN>{{cite web|last=Schneider |first=Peer |url=http://www.ign.com/articles/2007/02/20/donkey-kong-country |title=IGN: Donkey Kong Country Review |publisher=[[IGN]] |date=20 February 2007 |accessdate=7 February 2016 |archiveurl=https://web.archive.org/web/20120823012726/http://www.ign.com/articles/2007/02/20/donkey-kong-country |archivedate=23 August 2012 |dead-url=yes }}</ref>
|NLife = {{Rating|9|10}} (Wii)<ref name="mobygames_Wii"/><br />{{Rating|9|10}} (Wii U)<ref name="mobygames_Wii_U">{{Cite web |author= |date= |url=http://www.mobygames.com/game/wii-u/donkey-kong-country |title=Donkey Kong Country for Wii U (2014) - |website=[[:en:Moby Games|work=Moby Games]] |publisher=Blue Flame Labs |language=[[英語]] |accessdate=2018-01-02}}</ref><br />{{Rating|9|10}} (N3DS)<ref name="mobygames_N3DS">{{Cite web |author= |date= |url=http://www.mobygames.com/game/new-nintendo-3ds/donkey-kong-country |title=Donkey Kong Country for New Nintendo 3DS (2016) - |website=[[:en:Moby Games|work=Moby Games]] |publisher=Blue Flame Labs |language=[[英語]] |accessdate=2018-01-02}}</ref>
|NP = 8.3/10点 (GBC)<ref name="nintendo-power-gbc-review">{{cite journal |date=December 2000 |title=Now Playing |journal=[[:en:Nintendo Power|Nintendo Power]] |publisher=Nintendo of America Inc. |volume=139 |page=156}}</ref>
|GR = 89% (SFC)<ref name=GameRankingsSNES>{{cite web |url=http://www.gamerankings.com/snes/588282-donkey-kong-country/index.html |archiveurl=https://web.archive.org/web/20130624175740/http://www.gamerankings.com/snes/588282-donkey-kong-country/index.html |archivedate=24 June 2013 |title=Donkey Kong Country Reviews |publisher=[[GameRankings]] |accessdate=31 August 2013 |deadurl=no}}</ref><br />90% (GBC)<ref name=GR_GBC>{{cite web |url=http://www.gamerankings.com/gbc/370532-donkey-kong-country/index.html |title=Donkey Kong Country for Game Boy Color |website=[[GameRankings]] |publisher=IGN Entertainment |accessdate=31 August 2013}}</ref><br />79% (GBA)<ref name=GR_GBA>{{cite web |url=http://www.gamerankings.com/gba/589452-donkey-kong-country/index.html |title=Donkey Kong Country for Game Boy Advance |website=[[GameRankings]] |publisher=IGN Entertainment |accessdate=31 August 2013}}</ref>
|MC = 78% (GBA)<ref>{{cite web|url=http://www.metacritic.com/game/game-boy-advance/donkey-kong-country|publisher=[[Metacritic]]|title=Donkey Kong Country for Game Boy Advance|accessdate=February 7, 2016}}</ref>
|rev1 = [[ファミリーコンピュータMagazine]]
|rev1Score = 24.7/30点 (SFC)<ref name="daigirin254"/>
|rev2 = [[:en:Power Unlimited|Power Unlimited]]
|rev2Score = 9.6/10点 (GBC)<ref name="mobygames_GBC">{{Cite web |author= |date= |url=http://www.mobygames.com/game/gameboy-color/donkey-kong-country |title=Donkey Kong Country for Game Boy Color (2000) - |website=[[:en:Moby Games|work=Moby Games]] |publisher=Blue Flame Labs |language=[[英語]] |accessdate=2018-01-02}}</ref>
}}
;スーパーファミコン版
ゲーム誌『[[ファミ通|ファミコン通信]]』の「クロスレビュー」では、7・8・8・8の合計31点(満40点)でシルバー殿堂入りを獲得<ref name="famitsu">{{Cite web|url= https://www.famitsu.com/cominy/?m=pc&a=page_h_title&title_id=4059|title=スーパードンキーコング まとめ [スーパーファミコン] / ファミ通.com|accessdate= 2018-01-02|publisher=[[KADOKAWA|KADOKAWA CORPORATION]]}}</ref><ref name="crossreview53">{{Cite journal|和書|title=6月16日増刊号特別付録 クロスレビュー優良ソフトパーフェクトカタログ 上巻|date=2005-06-16|publisher=[[エンターブレイン]]|journal=[[ファミ通]]|pages=53|ref=harv}}</ref>、『[[ファミリーコンピュータMagazine]]』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通り24.7点(満30点)<ref name="daigirin254">{{Cite journal|和書|title=超絶 大技林 '98年春版|date=1998-04-15|publisher=[[徳間書店]]/インターメディア・カンパニー|journal=Play Station Magazine|volume=増刊4月15日号|pages=254|isbn=雑誌26556-4/15|ref=harv}}</ref>。
ゲーム誌『[[ファミ通|ファミコン通信]]』の「[[クロスレビュー]]」では、7・8・8・8の合計31点(満40点)でシルバー殿堂入りを獲得<ref name="famitsu">{{Cite web|url= https://www.famitsu.com/cominy/?m=pc&a=page_h_title&title_id=4059|title=スーパードンキーコング まとめ [スーパーファミコン]|website=[[ファミ通|ファミ通.com]]|publisher=[[KADOKAWA|KADOKAWA CORPORATION]]|accessdate=2018-01-02}}</ref><ref name="crossreview53">{{Cite journal|和書|title=6月16日増刊号特別付録 クロスレビュー優良ソフトパーフェクトカタログ 上巻|date=2005-06-16|publisher=[[エンターブレイン]]|journal=[[ファミ通]]|pages=53|ref=harv}}</ref>、『[[ファミリーコンピュータMagazine]]』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通り24.7点(満30点)<ref name="daigirin254">{{Cite journal|和書|title=超絶 大技林 '98年春版|date=1998-04-15|publisher=[[徳間書店]]/インターメディア・カンパニー|journal=Play Station Magazine|volume=増刊4月15日号|pages=254 |asin=B00J16900U|ref=harv}}</ref>。
{|class="wikitable" style="font-size:85%; text-align:center; width:50%"
|-
| Title = スーパードンキーコングGB<br />''Donkey Kong Land''
| Genre = [[アクションゲーム|横スクロールアクション]]
| Plat = [[ゲームボーイ]](GB) (GB){{Collapsible list |title = 対応機種一覧 |1 = [[ニンテンドウパワー]] (NP)<br />[[ニンテンドー3DS]](3DS) (3DS)}}
| Dev = [[レア (企業)|レア]]
| Pub = [[任天堂]]
| Play = 1人
| Media = 4[[メガビット]][[ロムカセット]]
| Date = {{vgrelease new|NA|1995-06-26|JP|1995-07-27|EU|1995-08-24}}{{Collapsible list |title = 発売日一覧 |1 = '''NP'''<br />{{vgrelease new|JP|2000-03-01}}'''3DS'''<br />{{vgrelease new|JP|2014-04-02|EU|2014-10-16|NA|2015-02-26}}}}
| Date = '''GB'''<br />{{flagicon|USA}} [[1995年]][[6月26日]]<br />{{flagicon|JPN}} 1995年[[7月27日]]<br />{{flagicon|EU}} 1995年[[8月24日]]<br />'''GB'''([[ニンテンドウパワー]])<br />{{flagicon|JPN}} [[2000年]][[3月1日]]<br />'''3DS'''<br />{{flagicon|JPN}} [[2014年]][[4月2日]]<br />{{flagicon|EU}} 2014年[[10月16日]]<br />{{flagicon|USA}} [[2015年]][[2月26日]]
| Rating = {{vgrelease new|JP|{{CERO-A}}<br />|NA|{{ESRB-E}}}}
| ContentsIcon =
| Download content =
: ラストボス。SFC版と攻撃パターンは異なり、主に体当たりや王冠を投げてくる。王冠がない状態で踏むとダメージを与えることができる。体力が少なくなるとジャンプでかわしたり、動きが高速になる。なお、SFC版にあった偽クレジットや騙し討ちなどはない。
 
=== 移植版 ===
{|class="wikitable" style="white-space:nowrap; font-size:85%"
|-
! No.
! タイトル
! 発売日
! 対応機種
! 開発元
! 発売元
! メディア
! 型式
! 備考
|-
| style="text-align:right" | 1
! スーパードンキーコングGB
| {{vgrelease new|JP|2000-03-01}}
| ゲームボーイ<br />([[ニンテンドウパワー]])
| レア
| 任天堂
| [[フラッシュメモリ|フラッシュロムカセット]]
| -
|
|-
| style="text-align:right" | 2
! {{vgrelease new|JP|スーパードンキーコングGB|NA|Donkey Kong Land|EU|Donkey Kong Land}}
| {{vgrelease new|NA|2014-04-02|EU|2014-10-16|NA|2015-02-26}}
| [[ニンテンドー3DS]]
| レア
| 任天堂
| [[ダウンロード販売|ダウンロード]]<br />([[バーチャルコンソール]])
| -
|
|}
=== スタッフ ===
* メイン・プログラミング:ポール・マカチェク
{{コンピュータゲームレビュー
|title =
|Allgame = {{Rating|4.5|5}}<ref name="mobygames_GB">{{Cite web |author= |date= |url=http://www.mobygames.com/game/gameboy/donkey-kong-land |title=Donkey Kong Land for Game Boy (1995) - |website=[[:en:Moby Games|work=Moby Games]] |publisher=Blue Flame Labs |language=[[英語]] |accessdate=2018-01-02}}</ref>
|Fam = 24/40点<ref name="famitsu2"/>
|GameFan = 91%<ref name="mobygames_GB"/>
|rev2Score = 9/10点<ref name="mobygames_GB"/>
}}
ゲーム誌『[[ファミ通|ファミコン通信]]』の「クロスレビュー」では、7・6・6・5の合計24点(満40点)<ref name="famitsu2">{{Cite web|url=https://www.famitsu.com/cominy/?m=pc&a=page_h_title&title_id=20969|title=スーパードンキーコングGB まとめ [ゲームボーイ] / |website=[[ファミ通|ファミ通.com|accessdate= 2018-01-02]]|publisher=[[KADOKAWA|KADOKAWA CORPORATION]]|accessdate= 2018-01-02}}</ref>、『[[ファミリーコンピュータMagazine]]』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通り22.5点(満30点)<ref name="daigirin485">{{Cite journal|和書|title=超絶 大技林 '98年春版|date=1998-04-15|publisher=[[徳間書店]]/インターメディア・カンパニー |journal = Play Station Magazine|volume=増刊4月15日号|pages=485 |isbnasin=雑誌26556-4/15B00J16900U|ref=harv}}</ref>。
{|class="wikitable" style="font-size:85%; text-align:center; width:50%"
|-
* [https://www.nintendo.co.jp/n02/dmg/ytj/ スーパードンキーコングGB]
* [https://www.nintendo.co.jp/n02/shvc/8x/ スーパードンキーコング](スーパーファミコン)
* {{MobyGames|id=/donkey-kong-country|name=Donkey Kong Country}}(英語)
* {{MobyGames|id=/donkey-kong-land|name=Donkey Kong Land}}(英語)
 
{{DonkeyKong}}
13,643

回編集