「タウンゼンド侯爵」の版間の差分

m (長期荒らしによる ID:63702970 の版を取り消し)
[[庶民院 (イギリス)|庶民院]]議員{{仮リンク|ロジャー・タウンゼンド (初代準男爵)|label=ロジャー・タウンゼンド|en|Sir Roger Townshend, 1st Baronet}}<small>(1596–1637)</small>は、[[1617年]][[4月16日]]に'''ノーフォーク州におけるレイナムの[[準男爵]]'''<small>(13th Baronet, "of Raynham, in the County of Norfolk")</small>に叙せられた<ref name="CP VT">{{Cite web |url=http://www.cracroftspeerage.co.uk/online/content/townshend1682.htm|title=Townshend, Viscount (E, 1682)|accessdate= 2016-1-26 |last= Heraldic Media Limited |work= [http://www.cracroftspeerage.co.uk/online/content/introduction.htm Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage] |language= 英語 }}</ref><ref name="CP MT">{{Cite web |url=http://www.cracroftspeerage.co.uk/online/content/townshend1787.htm|title=Townshend, Marquess (GB, 1787)|accessdate= 2016-1-26 |last= Heraldic Media Limited |work= [http://www.cracroftspeerage.co.uk/online/content/introduction.htm Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage] |language= 英語 }}</ref>。
 
その次男である第3代準男爵{{仮リンク|ホレーショ・タウンゼンド (初代タウンゼンド子爵)|label=ホレーショ・タウンゼンド|en|Horatio Townshend, 1st Viscount Townshend}}<small>(1630–1687)</small>も庶民院議員を務め、[[1661年]][[4月20日]]に'''ノーフォーク州におけるリン・レジスのタウンゼンド男爵'''<small>(Baron Townshend, of Lynn Regis in the County of Norfolk)</small>、[[1682年]][[12月11日]]に'''ノーフォーク州におけるレイナムの第11代タウンゼンド子爵'''<small>(11th Viscount Townshend, of Raynham in the County of Norfolk)</small>に叙せられた<ref name="CP VT"/>。
 
その長男である第2代タウンゼンド子爵[[チャールズ・タウンゼンド (第2代タウンゼンド子爵)|チャールズ・タウンゼンド]]<small>(1674–1738)</small>は、義兄[[ロバート・ウォルポール|ウォルポール]]とともに[[ハノーヴァー朝]]初期の[[ホイッグ党 (イギリス)|ホイッグ党]]政権の中枢となり、ウォルポール内閣では外交政策を担当した。しかしやがて外交方針をめぐってウォルポールと対立し、[[1730年]]に退任。退任後には領地で農業生活を送り、[[ノーフォーク農法]]と呼ばれる穀物輸作法を編み出した{{sfn|松村赳|富田虎男|2000| p=751}}。
匿名利用者