「カーム」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
== 経歴 ==
=== デビュー前 ===
カームは[[社台グループ]]傘下の[[ノーザンファーム]]で生まれた。父は名[[種牡馬]][[サンデーサイレンス]]。母のフランクアーギュメントは[[フランス]]で3勝を挙げ、[[アメリカ合衆国|アメリカ]]G1の[[フラワーボウルインビテーショナルステークス|フラワーボウルハンデキャップ]]で2着の実績があり、見栄えのよいサンデーサイレンスなどの配合された種牡馬に見た目がよく似た産駒を多く出すのが特徴で、本馬も含め兄弟が高値で取引されている。しかし2009年現在、産駒のアドマイヤセラヴィから孫にあたるヒカルカザブエ([[阪神大賞典]]2着)が出た以外、近親に日本での活躍馬は出ていない。
 
[[2000年]]の[[セレクトセール]]に「フランクアーギュメントの2000」の名で上場され、3億2000万円<ref name="jrha">{{Cite web|date=|url=http://www.jrha.or.jp/selectsale/about.html|title=セレクトセールとは|publisher=日本競走馬協会|language=日本語|accessdate=2012-02-11}}</ref><ref name="nikkei2000">{{Cite web|author=野元賢一|authorlink=野元賢一|date=2000-07-11|url=http://www.nikkei.co.jp/keiba/column/20010117a841h005_17.html|title=専門記者の競馬コラム「4月誕生の馬に3億2000万・北海道の競走馬せり市」|work=サラブnet|publisher=[[日本経済新聞社]]|language=日本語|accessdate=2012-02-11}}</ref>という破格の値段で[[サラブレッドクラブ・ラフィアン]]代表の[[岡田繁幸]]によって落札された<ref name="nikkei2000" />{{Refnest|参考としてほかのサンデーサイレンス産駒の落札価格を挙げると、[[2001年]][[有馬記念]]優勝馬の[[マンハッタンカフェ]]は1億4000万円、[[中央競馬クラシック三冠]]馬の[[ディープインパクト_(競走馬)|ディープインパクト]]は7000万円である。また[[エアグルーヴ]]の初めての産駒で、カームと同じセリに出ており、のちにGIを2勝した[[アドマイヤグルーヴ]]でも2億3000万円であった<ref name="jrha" /><ref name="nikkei2000" />。|group="注"}}。これはサンデーサイレンス産駒のなかで3番目の高額馬である。また[[2007年]]現在、セレクトセール史上5位の高額馬にあたる。
1,842

回編集