「VMware」の版間の差分

編集の要約なし
現代の業務用ITシステム環境では、[[サーバー]]や[[クライアント]] ([[OS]]・[[アプリケーションソフトウェア|アプリケーション]])、[[ネットワーク]]、[[クラウド]]などを[[仮想化]]し、システムを効率的に運用することが一般的となっているが、その仮想環境を構築する際の[[デファクトスタンダード]]として用いられるのがVMware製品群である。IT基盤製品が中心であるため、システム利用者が直接VMware製品を目にするケースはそれほど多くはないものの、日本においてもほぼ全ての企業で採用されている。
 
現代のITシステム環境において、VMware製品群は非常に幅広い形で利用されている。[[オンプレミス]]だけでなくクラウドへの対応も進んでおり、VMware Cloud on [[AWS]]、[[Microsoft Azure|Azure]] VMware Solutions などを例として、パブリッククラウド上にVMware製品群を乗せた形でサービスとして利用することも可能に。クラウド・[[オンプレミス]]併用環境やマルチパブリッククラウド環境においても、効率性や可用性、運用性、可搬性を確保することが容易となった。特定パブリッククラウドサービスの終了や障害、サービスや料金改定などへの対策やリスクヘッジを図ることもできる。また、[[Microsoft Azure]]、ニフクラ(旧:[[ニフティ]]クラウド)などを例として、クラウドサービスの構築やサービスの提供にもVMware製品群が用いられている。
 
主要な製品としては、サーバー仮想化のvSphere、ストレージ仮想化のvSAN、ネットワーク仮想化のNSX、[[デスクトップ仮想化]]のHorizon、といった仮想化製品を筆頭に、運用管理製品のvRealize、デバイス管理/制御([[モバイルデバイス管理|MDM]])・統合ワークスペースの Workspace ONE(AirWatch・Identity Manager)など。
匿名利用者