「小野寺秀和」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
[[ファイル:Onodera junai Hidetomo shading his eyes.jpg|thumb|180px|『誠忠義士傳 小野寺十内秀和』([[歌川国芳]]画)]]
[[ファイル:Femme-47-ronin-seppuku-p1000701.jpg|thumb|180px|『誠忠義士傳 斧寺十内妻』([[歌川国芳]]画)]]
'''小野寺 秀和'''(おのでら ひでかず、[[寛永]]20年([[1643年]])- [[元禄]]16年[[2月4日 (旧暦)|2月4日]]([[1703年]][[3月20日]])))は、[[江戸時代]]前期の[[武士]]。[[赤穂浪士]]四十七士の一人。[[小野寺又八]]の子。通称は'''十内'''(じゅうない)、雅号は'''里竜'''、'''悦貫'''。[[本姓]]は[[藤原氏]]。[[家紋]]は木瓜。変名は、仙北十庵
 
== 生涯 ==
23

回編集