「クアルコム」の版間の差分

編集の要約なし
'''クアルコム''' ({{lang-en-short|Qualcomm, Inc.}}、{{nasdaq|QCOM}}) は、[[アメリカ合衆国|アメリカ]]の[[移動体通信]]の通信技術および[[半導体]]の設計開発を行う企業。
 
== 概要 ==
クアルコムは1985年アーウィン・ジェーコブズと[[アンドリュー・ビタビ]]によって設立された。社名のQualcommは、QualityとCommunicationsを合わせた[[造語]]である。本社は[[カリフォルニア州]][[サンディエゴ]]にある。[[符号分割多元接続|CDMA]]方式[[携帯電話]]の実用化に成功して成長を遂げた。
 
当初は携帯電話端末と通信設備の部門を併せ持っていたが、その後、携帯電話端末部門は[[京セラ]]に、通信設備部門は[[エリクソン]]にそれぞれ売却された。
 
CDMA携帯電話用チップでは、ほぼ[[独占]]に近いマーケットシェアを保持している。また、従来の[[cdmaOne]]シリーズのほか、[[CDMA2000 1x|1x EV-DO]]および[[CDMA2000 1x]]を含む[[CDMA2000]]携帯電話用チップ以外にも[[HSPA]]を含む[[W-CDMA]]や[[Long Term Evolution|LTE]]携帯電話用チップの供給も行っている。そのほか、[[REX OS]]と呼ばれる携帯電話向けの組み込み用[[リアルタイムオペレーティングシステム|リアルタイムオペレーティングシステム(RTOS)]]や[[BREW]]と呼ばれる携帯電話向けの[[アプリケーションソフトウェア|アプリケーション]][[プラットフォーム (コンピューティング)|プラットフォーム]]の開発もしている。それらの数多くの[[特許]]を保有しており、それにより他社から得られるライセンス料が大きな収益源となっている。
ほかに[[REX OS]]と呼ばれる携帯電話向けの組み込み用[[リアルタイムオペレーティングシステム|リアルタイムオペレーティングシステム(RTOS)]]や[[BREW]]と呼ばれる携帯電話向けの[[アプリケーションソフトウェア|アプリケーション]][[プラットフォーム (コンピューティング)|プラットフォーム]]の開発もしている。それらの数多くの[[特許]]を保有しており、それにより他社から得られるライセンス料が大きな収益源となっている。
 
また、[[Snapdragon]]チップセット(および他のクアルコムのチップセット)の[[Graphics Processing Unit|GPU]]テクノロジ「[[Adreno]]」は、2009年1月に[[アドバンスト・マイクロ・デバイセズ|AMD]]から買収したモバイルプラットフォーム部門、およびグラフィックスチップ技術をベースとして開発した独自技術である。また、2011年には無線チップメーカーの[[クアルコム・アセロス|アセロス・コミュニケーションズ]]を買収し、[[無線LAN]]技術も手がけている。
[[2015年]][[8月13日]]、クアルコムの子会社であるクアルコム・グローバルトレーディングは、[[Bluetooth]]の高音質化[[コーデック]]テクノロジで知られる「'''aptX'''」の開発元で知られるCSR社の買収を完了したことを表明した。[[2016年]]10月、携帯電話分野への偏りを是正し、自動車分野での半導体供給の強化を目的として、同分野の世界首位である[[NXPセミコンダクターズ]]の買収を発表したものの<ref>{{cite web|url=http://diamond.jp/articles/-/106162|title=クアルコム、蘭NXPセミを380億ドル買収 半導体業界で最大|accessdate=2016-10-31|date=2016-10-28|publisher=ダイヤモンド・オンライン}}</ref>、[[2018年]]7月に断念した<ref>{{cite web|url=https://jp.wsj.com/articles/SB10360345411573113586804584369441277810928|title=半導体大手クアルコム、蘭NXPの買収断念|accessdate=2018-07-25|date=2018-07-28|publisher=ウォール・ストリート・ジャーナル}}</ref>。
 
クアルコムは[[ファブレス]]メーカーであり、半導体の製造は大手[[ファウンドリ]]である[[GLOBALFOUNDRIES]]、[[TSMC]]など委託製造している。
 
2017年11月、[[ブロードコム]]は1030億ドルでクアルコム株を70%取得する計画を発表していた。クアルコムこれを拒否する一方、ブロードコムは取得株を70%から82%引き上げた。ブロードコム買収額1170億ドルまで引き上げられた本件に関し、[[対米外国投資委員会]]が調査を開始した。ブロードコムは、重大な国家安全保障に関する資産を海外企業には売却しないとの声明を出したが、[[ドナルド・トランプ|トランプ]]大統領は、シンガポール拠点のブロードコムによるクアルコム買収は、米国の移動通信産業を衰退させ安全保障上に懸念があると判断し買収をブロックする署名にサイン、ブロードコムは買収を断念した<ref>[https://www.reuters.com/article/us-qualcomm-m-a-broadcom-timeline/timeline-broadcom-qualcomm-saga-comes-to-an-abrupt-end-idUSKCN1GQ22N Timeline: Broadcom-Qualcomm saga comes to an abrupt end] Reuters 2018年3月14日</ref>。
 
2019年4月、クアルコムは[[アップル (企業)|アップル]]とのロイヤルティ支払いを巡る法廷紛争で和解した。アップルはクアルコムに次四半期中に最大47億ドルを支払う<ref>[https://www.ft.com/content/9a831cf2-6c49-11e9-80c7-60ee53e6681d Qualcomm outlines $4.7bn revenue boost from Apple settlement] Financial Times 2019年5月2日</ref>。
 
== 関連項目 ==
* [[アドバンスト・マイクロ・デバイセズ|AMD]] - 2009年1月に同社のモバイルプラットフォーム部門をクアルコムに6,500万ドルで売却した。
* [[フォーミュラE]] - テクニカルパートナー契約を結ぶ電気自動車レース。
* [[Yuki Astraea]] - 日本人最年少(当時15歳)で[[REX OS]]開発チーム参加。
 
== 脚注 ==
匿名利用者