「秋田内陸縦貫鉄道」の版間の差分

(公式サイトのアドレス修正)
 
== 車両 ==
2003201743131日時点、3形式1513両の[[気動車]]を保有する<ref>平成28年度鉄道統計年報</ref>。各形式の詳細は次のとおり。
 
;'''[[秋田内陸縦貫鉄道AN8800形気動車|AN8800形]]'''(8801 - 8809 9両)
:1988年、全線開通に先立って[[新潟鐵工所]]で新造された全長18.5mの軽快気動車([[NDC (鉄道車両)|NDC]])。前面貫通構造の両[[操縦席|運転台]]車。なお8808は、お座敷車両に改造された。
;'''[[秋田内陸縦貫鉄道AN8900形気動車|AN8900形]]'''(8901, -8904, 8905 53両)
:1989年、全線開通時に運転を開始した[[もりよし (列車)|急行「もりよし」]]用の専用車両。AN8800形を基本としているが、前面形状を流線型非貫通とした片運転台車、8905は前面貫通型の両運転台車である。2012年からは急行運用から外され、主に臨時列車や団体専用車として使用されている。JR[[奥羽本線]]との臨時直通列車にも使用される。
;'''[[秋田内陸縦貫鉄道AN2000形気動車|AN2000形]]'''(2001 1両)
;'''キハ22形'''(キハ22 123,129,131,146,156,157,159(北線用)、133,161(南線用))
:1986年の転換時に[[国鉄キハ20系気動車#キハ22形|国鉄キハ22形]]9両を借入れたもの<ref name="RJ241"/>。外板塗色のみを変更してそのまま使用されたが<ref name="RJ241"/>、老朽化が激しく、AN8800形の投入により返還された。なお、156はその後[[津軽鉄道]]へ移籍して使用されている。
 
;'''AN8900形'''(8902, 8903)
:8902は2006年5月に運用離脱し2012年9月に解体<ref>[http://blog.livedoor.jp/nairikutetu/search?q=8902 もうすぐ見納めです・・・・・] - 秋田内陸縦貫鉄道ブログ</ref>。8903は2013年3月時点で阿仁合駅に保管されている<ref>[http://blog.livedoor.jp/nairikutetu/search?q=8903 運転士募集!] - 秋田内陸縦貫鉄道ブログ</ref>。
 
== 脚注 ==
匿名利用者