「荘王 (楚)」の版間の差分

m
タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集 Androidアプリ編集
父の死により即位した直後、まだ若い王であったため、公子燮(しょう)が謀反を起こした。一旦は首都と王室を完全に支配下におき、自ら王を名乗ったが反対勢力の拡大に身の危険を感じ、王である荘王を拘束して、北方へ逃げた。[[晋 (春秋)|晋]]と[[秦]]と楚の国境近くの商密というところで反攻を開始しようという狙いからであった。ところが途中で公子燮は楚の廬邑大夫廬戢梨と叔麋に捕らえられ、殺された。荘王は解放され首都にもどった、ということがあった。
 
それ以降、荘王は全く政治を見ず、日夜宴席を張り、諫言する者は全て誅殺すると宣言した。家臣達は呆れ返ったものの諫言も出来ずに見守っていたが、3年目に[[伍挙]]([[伍子胥]]の祖父)が「謎かけをしたいと思います。ある鳥が3年の間、全く飛ばず、全く鳴きませんでした。この鳥の名は何と言うのでしょうか?」と言い、荘王は「その鳥は一旦飛び立てば天まで届き、一旦鳴けば、人を驚かせるだろう。お前の言いたい事は解っている。下がれ」と言った。その後も淫蕩に耽ったが、大夫[[蘇従]]が死を恐れずに諌めてきた。荘王は気だるげに「諫言すれば死罪というのは知っているな」と問うたが、蘇従は「我が君の目を覚まさせることができるならば、本望です」と答えたので、これを期に荘王はそれまでの馬鹿のふり([[仮痴不癲]]を解いた。
 
荘王は3年間、愚かな振りをする事で家臣の人物を見定めていたのである。悪臣を数百人誅殺し、目を付けておいた者を新たに数百人登用して、伍挙と蘇従に国政を取らせた。民衆の人気は一気に高まり、国力も大きく増大。楚は周辺諸国を脅かす存在となった。
1,842

回編集