「The Ultimate Fighter 2」の版間の差分

編集の要約なし
 
|放送回数 =
|放送国 = {{USA}}
|制作局 = [[Spike (テレビ局)|Spike TV]]
|企画 =
|製作総指揮 =
|特記事項 = 前シーズン:[[The Ultimate Fighter 1]]<br />次シーズン:[[The Ultimate Fighter 3]]
}}
'''The Ultimate Fighter 2'''(ジ・アルティメット・ファイター・ツー)は、[[アメリカ合衆国]]の[[リアリティ番組]]「[[The Ultimate Fighter]]」の第2シーズンとして[[2005年]][[8月22日]]から[[11月5日]]にかけて放送されたテレビ番組である。
 
本シーズンではヘビー級(約93kg - 120kg)・120.2kg)とウェルター級(約77kg)-77.1kg)の各8名、計16名の選手が[[総合格闘家マット・ヒューズ]]が全米から集められと[[リッチ・フランクリン]]のコーチの下格闘技イベン宿所で共同生活を送りながらレーニングを受け、[[UFC]]との正式契約を賭けたサバイバル勝ち残りトーナメント戦を行った。
 
[[2005年]][[8月22日]]に放送が開始され、2005年[[11月5日]]、番組のフィナーレとして、[[ネバダ州]][[ラスベガス]]の[[ハードロック・ホテル・アンド・カジノ (ラスベガス)|ハードロック・ホテル&カジノ]]でUFCの大会である「[[The Ultimate Fighter 2 Finale]]」が開催された。
 
== シーズン概要 ==
番組本シーズンでは最初に階級9人ずつが集まり、体力テストで各階級1人を脱落させた後でコーチによる[[ドラフト]]でチーム分けが行われた。毎週両合宿所入りを果たした各階級が交代で1試合が行われ8人の選手は、敗者脱落させることで人数を絞っていく。その週方式の試合はチームチャレンジ(後述)の勝利チームに決定権がある。各階級4人になるまで絞り込んだあとは行い、トーナメントで優勝者を決定した。
 
最終的にヘビー級は[[ラシャド・エヴァンス]](チーム・フランクリン)とブラッド・アイムス(チーム・ヒューズ)、ウェルター級は[[ジョー・スティーブンソン]]とルーク・クモ(共にチーム・ヒューズ)が勝ち残り決勝に進出した。
 
== キャスト ==
=== チーム・ヒューズ ===
; コーチ
: [[マット・ヒューズ]]
; ヘビー級選手(指名順)
: [[マイク・ホワイトヘッド]]、ダン・クリスティソン、ロブ・マクドナルド、トム・マーフィー
; ウェルター級選手(指名順)
: [[ジョー・スティーブンソン]]、[[ジョシュ・バークマン]]、サム・モーガン、ルーク・クモ、ジェイソン・フォン・フルー(補欠から参加に交代)途中でチーム・フラモーガ、ルーリンに移動)・クモ
 
=== チーム・フランクリン ===
; コーチ
: [[リッチ・フランクリン]]
; ヘビー級(指名順)
: [[キース・ジャーディン]]、[[セス・ペトルゼリ]]、[[ラシャド・エヴァンス]]、ブラッド・アイムス(途中チーム・ヒューズへ移動)
; ウェルター級選手(指名順)
: [[ジョルジ・グージェウ]]、[[マーカス・デイヴィス]]、アンソニー・トーレス、[[メルヴィン・ギラード]]、アンソニー・トーレス
 
* チーム選抜時(エピソード2)の指名順に記載している。
 
=== その他の選手 ===
: ケニー・スティーブンス
 
== エピソード ==
== エピソード<ref>エピソード1-8は「TUFパーフェクトガイド〜博士への道編〜」 『[[ゴング格闘技]]』No.164、2005年12月号を参照。エピソード9-12は「TUF2完全ガイド」 『ゴング格闘技』No.165、2006年1月号を参照。</ref> ==
=== エピソード1 ===
* 集まったメンバー18名に体力テストを兼ねた練習が課され、ショールが怪我で早くも脱落した。またジョリスンはカメラに囲まれた生活に耐えられず帰宅を決意する。ヘビー級はテストを待たずして8人が出揃う。
* ○[[ジョー・スティーブンソン]](1R4:46 [[腕挫十字固|腕ひしぎ十字固め]])×ジェイソン・フォン・フルー 【ウェルター級】
* ○ブラッド・アイムス(5分判定2-1)×[[セス・ペトルゼリ]] 【ヘビー級】
 
== トーナメント ==
* '''太字'''が試合の勝者
 
=== ヘビー級 ===
{{Round4
|FS = 100%
|W1 = 17em
|W2 = 6em
<!-- Nothing/Fighter 1/Result 1/Fighter 2/Result 2 -->
<!-- semi finals -->
||{{color box|skyblue}} '''ブラッド・アイムス'''|3R|{{color box|limegreen}} セス・ペトルゼリ|SD
||{{color box|limegreen}} '''ラシャド・エヴァンス'''|3R|{{color box|limegreen}} キース・ジャーディン|UD
<!-- final -->
||{{color box|skyblue}} ブラッド・アイムス|3R|{{color box|limegreen}} '''ラシャド・エヴァンス'''|SD|RD2=決勝}}
 
: {{Color box|skyblue}} チーム・ヒューズ / {{Color box|limegreen}} チーム・フランクリン
 
=== ウェルター級 ===
{{Round4
|FS = 100%
|W1 = 17em
|W2 = 6em
<!-- Nothing/Fighter 1/Result 1/Fighter 2/Result 2 -->
<!-- semi finals -->
||{{color box|skyblue}} '''ルーク・クモ'''|2R|{{color box|skyblue}} サム・モーガン|KO
||{{color box|skyblue}} '''ジョー・スティーブンソン'''|1R|{{color box|limegreen}} ジェイソン・フォン・フルー|SUB
<!-- final -->
||{{color box|skyblue}} ルーク・クモ|3R|{{color box|skyblue}} '''ジョー・スティーブンソン'''|UD|RD2=決勝}}
 
: {{Color box|skyblue}} チーム・ヒューズ / {{Color box|limegreen}} チーム・フランクリン
 
== The Ultimate Fighter 2 Finale ==