「ジム・スナイパー」の版間の差分

|センサー=8,700m<ref name="mscw3-120" /><br />11,500m(ティターンズ仕様)
|装甲=チタン・セラミック複合材<ref name="mscw3-120" />
|武装=大型ロングレンジ・ビーム・ライフル<ref name="bcvc2-108" /><br />75㎜スナイパー・ライフル<ref name="bcvc2-108" /><br />ビーム・サーベル×2<br />シールド<br />60mmバルカン砲(オプション)<ref name="dc_game">ゲーム『[[機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で…]]』</ref><br />ハンド・グレネード<ref name="dc_game" /><br />ミドル・シールド<ref name="dc_game" /><br />その他連邦軍MS用兵装
|搭乗者=[[機動戦士ガンダム 戦略戦術大図鑑の登場人物#リド・ウォルフ|リド・ウォルフ]]<br />[[機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で…#マスター・ピース・レイヤー|マスター・ピース・レイヤー]]<br />[[機動戦士ガンダム戦記 Lost War Chronicles#ラリー・ラドリー|ラリー・ラドリー]]<br />[[機動戦士ガンダム戦記 Lost War Chronicles#アニッシュ・ロフマン|アニッシュ・ロフマン]]<br />[[機動戦士ガンダム オレら連邦愚連隊#ジャン・ディベビエ|ジャン・ディベビエ]]<br />[[機動戦士ガンダム ブレイジングシャドウ#カイン・ラグナード|カイン・ラグナード]]
}}
:[[陸戦型ガンダム]]と共通のビーム・ライフル、100mmマシンガン、ロケットランチャーについては[[陸戦型ガンダム#武装・装備]]を参照。
 
:; 75mmスナイパー・ライフル<ref name="B-CLUB41"/>
:: 型式番号: Franz EF-KAR98K<ref name="mav92"/>
:: [[Kar98k|モーゼル・ボルトアクションライフル"Kar98k"]]を元に開発された実弾ライフル(無反動砲<ref name="HGUC"/>)。開発者はドイツ人。口径はオリジナルの7.92mmの拡大ではなく、陸軍の75mm砲を転用したため、75mm砲となっている。流体炸薬を使用しており<ref name="HGUC">『HGUC 1/144 ジムスナイパーII』バンダイ、2012年9月、組立説明書。</ref>、Kar98kと同じく中央部のボックスマガジンにクリップされた5発を装填した。標準装備として10×350(対物レンズ径)エレクトリック・サイトがあり、トリガーでジム・スナイパーIIのコンピューターと連結し、高い命中率を誇る。運用コンセプトとしては、後方の敵指揮官機や戦艦を一撃で沈めることで、戦闘を早期終了させるために用いられる。プラモデルのステンシルには、「ZIONIC」の文字とジオン軍マーク<!--『UCHG』ステンシル一覧表の一番左下。採用マーク共通の下部の方-->が確認できる。ボルトアクション式ゆえに次弾装填で時間を要するために迎撃や近接戦闘には不向きであり、通常の出撃ではビームライフルなどの予備火器を携帯する。
匿名利用者