「本名ダム」の版間の差分

m
(追記)
本名ダム堤体の管理橋を利用した'''本名橋'''(ほんなばし)が架かり[[国道252号]]が通っている。全長161メートル、幅員6メートル、最大支間長16メートルの9連の鋼上路単純[[トラス橋]]である<ref>{{橋梁史年表|34735|本名橋1955-|accessdate=2018-07-10}}</ref>。[[1955年]](昭和30年)開通。橋の上部工の製作は[[日立造船]]が行なった。
 
橋の両詰がクランク状に急カーブしていて[[線形 (路線)|線形]]が悪く、国道の左岸沿いの国道を覆う[[スノーシェッド]]は幅員が狭く老朽化進んでいたため、[[2010年|2010]](平成22)年度より、トンネルで線形を改良するバイパス道路(本名バイパス。全長2,680 m)が建設されている<ref>{{Cite web |date= |url=https://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/228282285477.pdf |title=国道252号【本名バイパス】 |publisher=福島県 |format=PDF |accessdate=20182019-06-20 }}</ref><ref>{{Cite web |date=2015-05-14 |url=https://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/115315.pdf |title=国道252号本名バイパスの安全祈願祭が執り行われます。 |publisher=福島県土木部 会津若松建設事務所 |format=PDF |accessdate=2019-0706-1020 }}</ref>。
 
== アクセス ==