「宣武帝」の版間の差分

編集の要約なし
m (Category:北魏を追加 (HotCat使用))
|王朝 =北魏
|在位期間 =[[499年]][[5月7日]] - [[515年]][[2月12日]]
|都城 =[[洛陽]]
|諱 =元恪
|字 =
[[501年]]、国政を側近や[[外戚]]の[[高肇]](高照容の兄)に委ねて親政を始めた。これに反発する叔父の元禧が反乱を計画したため、処断した。[[508年]]、異母弟の京兆王[[元愉]]が冀州で反乱を起こすとこれを鎮圧し、高肇の進言で叔父の彭城王[[元キョウ|元勰]]をも誅殺した。
 
在世中、しばしば[[梁 (南朝)|梁]]を攻撃して[[四川省蜀郡|四川]]方面に領土を拡大し、北方では[[柔然]]に大打撃を与えた。だが、熱心な[[仏教]]信者である故に、次第に仏教信仰に溺れた。
 
[[515年]]1月、33歳で崩御し、[[洛陽]]郊外に葬られた。
[[Category:483年生]]
[[Category:515年没]]
[[Category:北魏]]
匿名利用者