「この世の果て」の版間の差分

m (テンプレート「基礎情報 テレビ番組」の「出演者」に「他」を使用しない。)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
; 砂田 まりあ - [[鈴木保奈美]]
: 幼い頃、父に愛されていないという思い込みから家に放火した。父は死んだが、在宅中だった妹のななが逃げ遅れて盲目に。そのため常に暗い表情をしている。ななの目から光を失った自分を責め続け、目を治すと心に誓い、手術費用を貯めるため、昼は郵便局員、夜はホステスとして働く。ヘビースモーカー。
: 言葉遣いが荒く、時々激昂するが、妹のななと士郎には自己犠牲的な愛をささげる。やがて士郎の子を妊娠するが、言い出せないまま二人の仲はすれ違い、士郎はルミの元で覚せい剤なしではいられない体に。そんな士郎に暴力を振るわれ、流産してしまう。士郎を助け出し、覚せい剤がぬけたことを機会に士郎に別れを告げ、征司と結婚する決意をするが・・結婚式当日ヘリコプターから飛び降りる。
; 高村 士郎 - [[三上博史]]
: ひき逃げに遭い負傷。警察に通報、救急車に同乗してくれたまりあと恋に落ちる。始めは記憶喪失のふりをし素性を隠していたが、実は世界的に有名なピアニストだった。幼い頃から男性のピアニストに預けられ、英才教育を受けた末、彼の娘、百合子と結婚。ピアノを弾く機械のような生活を送っていた。しかし、自ら左手を傷つけ、ピアニスト生命を絶つ。妻と離婚し、資産も名誉も捨ててまりあと暮らし始めてからは、過去のプライドと栄光が捨てられず自暴自棄になり、覚せい剤に溺れる。